音質設定を調整する

音質を調整するためのさまざまな設定があります。[音質設定]アプリまたはW.ミュージックの音質設定画面のどちらでも、音質設定を調整できます。ここでは、[音質設定]アプリで調整する場合の手順を説明します。

  1. ホーム画面で[音質設定]をタップする。
  2. 音質設定画面を左右にフリックして、設定したい画面を表示する。
    [ソースダイレクト]をオフにすると、画面を左右にフリックできます。

以下の音質設定を調整できます。

  • ソースダイレクト
    サウンドエフェクトを一切かけずに、ファイル本来の音質でそのまま出力します。
    信号処理を通さない(音質設定無効)音質でハイレゾコンテンツなどを楽しむ場合は、オンにしてください。音質設定画面のいずれかで、[DIRECT]スイッチをタップして切り替えます。

  • イコライザー
    聞いているシーンや雰囲気に合わせたイコライザー設定を選べます。イコライザー設定を選ぶには、[プリセット]− 希望のプリセット −[OK]をタップします。[カスタム1]または[カスタム2]を選ぶと、[調整]をタップして、イコライザーの設定をカスタマイズできます。

  • DSEE HX
    音源のファイルをアップスケーリングすることによって、ハイレゾ・オーディオ相当の音質に向上させます。失われがちな高音域をクリアに再現する機能です。

    W.ミュージック使用時はDSEE Ultimateになります。(Ver. 3.00以降)

  • DCフェーズリニアライザー
    低周波帯域での位相のずれを調節して、アナログアンプの位相特性を再現します。

    効果に応じた設定タイプを選べます。

  • ダイナミックノーマライザー
    曲ごとの音量差を抑えて適度な音量に揃えます。

  • バイナルプロセッサー
    アナログレコードによる豊かな再生音を再現します。

    効果に応じた設定タイプを選べます。

  • カスタム音質
    音質設定画面のいずれかで、(オプション)−[カスタム音質]をタップします。

    • 現在の設定を保存:カスタマイズした音質設定をプリセットとして保存できます。
    • カスタム音質1、カスタム音質2、カスタム音質3:プリセットとして保存した音質設定を呼び出して使用できます。

ヒント

  • 以下の機能がオンになっているときは、音質設定画面を切り替えることができません。画面を切り替えて音質の設定を行うには、機能をオフにしてください。
    • ソースダイレクト
  • [音質設定]アプリまたはW.ミュージックの音質設定画面のどちらで音質設定を調整しても、同じ設定値が共有されます。

ご注意

  • Bluetooth接続中は、以下の音質設定が無効になります。

    • DSEE HX
    • DCフェーズリニアライザー
    • バイナルプロセッサー
  • USB Type-C端子に接続したUSBオーディオ機器から再生音を出力しているときは、音質設定が無効になります。