商品情報・ストアデジタルビデオカメラ ハンディカムFDR-AX1特長 : 4K高画質撮影
特長 : 4K高画質撮影

フルHDを凌駕する4K60P撮影に対応

フルHDの4倍の解像度を持つ4K(3840×2160)の撮影に対応したAX1。4K動画で撮影された映像は、細部まで描写されているため遠近感の描写に優れ、あたかもその場にいるかのような臨場感を味わうことができます。また、プロ機にも使用されているイメージプロセッサーを使用し、4K60p記録にも対応。これにより、動きのあるシーンもくっきりと滑らか。臨場感たっぷりの映像を残せます。

4K映像の長時間記録を可能にする民生用4K/HD記録フォーマットXAVC Sを採用

プロフェッショナル用に開発された4K/HDフォーマットであるXAVCを民生用途に拡張したXAVC Sを採用。XAVC Sを採用したことにより、Long GOP方式による映像の高圧縮化を実現。4K映像の長時間撮影が可能となり、4K動画の取り扱いが容易になりました。また、動画圧縮方式は、MPEG-4 AVC/H.264、ファイル形式は、MP4(*1)を採用し、音声圧縮方式としては、リニア PCMを採用しています。

*1 MP4再生対応の機器、ソフトであってもすべてのモードが再生できるわけではありません
*2 AVCHD記録をおこなうためには、本体のバージョンを最新にしておく必要があります。最新のバージョン情報はこちら

XQDメモリーカードを採用

メディアスロットを2つ搭載

4K動画撮影時の書きこみや再生時の読みこみを円滑に行うために、高速データ処理が可能なXQDメモリーカード(別売)を採用しました。さらに、本体に2つのXQDメモリーカードスロットを搭載。2枚以上のメディアを入れかえながら連続収録できるリレー記録も可能。記録メディアの容量オーバーによる撮り逃しがないように配慮しています。

※ リレー記録により、音声と映像が途切れる場合がございます

50Mbpsの高画質なHD記録を実現

XAVC Sフォーマットを採用したことにより、フルHD記録時でも50Mbpsの高画質な動画記録が可能となりました。そのため、HDコンテンツの精細さも向上し、圧縮ノイズの影響を抑えることができます。

4K画質に対応するソニー独自の高性能「Gレンズ」

「Gレンズ」はソニーの設計思想・品質管理基準に基づき、独自の技術を凝縮した高性能レンズです。ソニーの先進イメージセンサーや画像処理技術との最適化を図ることにより、優れた描写力を実現。卓越した光学性能が高レベルの映像表現を可能にします。さらに、本機の発売にあたり、4K解像度を満たしているかを検査する自社基準を策定しました。4K動画用に特別にチューニングされたレンズを使用しています。

色収差を低減する、特殊低分散ガラスを2枚採用

光の屈折による色収差を低減し、特に望遠側での撮影において、色にじみの少ない映像を実現。特殊低分散ガラス2枚、複合非球面レンズ等からなる10群15枚構成により、高倍率撮影時でもクリアな映像が得られます。

4K用に新規開発した1/2.3型「“Exmor R”CMOSセンサー」

イメージセンサーには、低照度下でも高画質を実現できる1/2.3型(有効画素約830万画素)の「“Exmor R”CMOSセンサー」を採用。配線層をフォトダイオード(受光素子)の裏側に配置した裏面照射型構造になっています。

プロ機のイメージプロセッサーを搭載

CMOSセンサーから送られてきた信号を高速で処理し、最終的な画像に仕上げるための画像処理エンジンとして、プロ用4Kビデオカメラレコーダーと同様の、高性能なイメージプロセッサーを使用しています。
本プロセッサーでは、HDの4倍の解像度である4Kの膨大なデータを60fpsでリアルタイムに高速演算処理することが可能です。さらに、高性能なノイズリダクションによる高画質を実現し、画質調整機能による自由な映像表現が可能な高機能プロセッサーです。
そのプロセッサーを本機の使用に合わせてチューニングしたことにより、ハイパフォーマンスな処理をハンディタイプで実現しました。

ソニーストアで購入すると
410,880 円+税

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルビデオカメラ Handycam ハンディカム サイトマップ
4K/HDカムコーダー
ハイビジョン“ハンディカム”[AVCHDモデル(HDD、メモリーなど)]
ハイエンドカムコーダー
ハイエンドカムコーダー
レンズ交換式
レンズ交換式デジタルHDビデオカメラレコーダー