商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα9特長 : スムーズで安定した撮影を支える操作性
特長 : スムーズで安定した撮影を支える操作性

高輝度・高精細なQuad-VGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)

高輝度で約369万画素の高精細な有機ELパネルに加え、接眼レンズに両面非球面レンズを含む4枚構成の光学系を採用した「Quad-VGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」を搭載。ファインダー倍率0.78倍(全表示域の対角視野約38.5°)を実現し、隅々までクリアな映像を映し出します。ZEISS「T*(ティースター)コーティング」により、覗いた際の映り込みも大幅に低減。ファインダー像は肉眼で見る実際の明るさに近いため、屋外の晴天時でも違和感なく撮影が可能。ファインダーフレームレートは、残像が少なく滑らかで動体撮影に適した120fps(*)と、省電力を重視した60fpsから選択できます。また、接眼レンズの最前面にフッ素コーティングを施すことで、指紋やほこり、水滴や油などが付きづらく、付着しても容易に拭き取れます。

*シャッター方式がオートまたは電子シャッターで、連続撮影を行っているときはファインダーフレームレートは60fpsに固定されます

素早く立ち上がる電子ビューファインダー

α9では、電源スイッチをオンにしてから電子ビューファインダーが表示されるまでの起動時間を高速化。さらに、撮影可能な状態になるまでα7R II比で約30%の高速化を実現。素早く撮影に入れます。

最高5.0段(*)ボディ内5軸手ブレ補正

光学式5軸手ブレ補正機構をボディ内に搭載。α9では、新開発の手ブレ補正ユニットと高精度ジャイロセンサーにより、5.0段(*)の補正効果を実現しています。焦点距離が長くなるほど起こりやすい角度ブレ(Pitch/Yaw)に加え、マクロ撮影時などに顕著に現れるシフトブレ(X/Y)、夜景撮影時や動画撮影時などに目立つ回転ブレ(Roll)の5軸でブレを検出し補正します。また、静止画撮影中の手ブレ補正効果はライブビュー映像で確認できるため、望遠レンズで高速移動する被写体をフレーミングする際も快適です。マウントアダプター(LA-EA4/LA-EA3)を介したAマウントレンズ装着時など、さまざまなレンズによる撮影にも対応します。

* CIPA規格準拠、Pitch/Yaw方向、Planar T* FE 50mm F1.4 ZA装着時、長秒時ノイズリダクションオフ時

素早い撮影をサポートする機能

レリーズ操作に集中できるAF-ONボタン

静止画・動画を問わず、ボタンを押すとAFによるピント合わせを行います。シャッター半押しでピントを合わせる必要がないため、レリーズ操作に集中でき、シャッターチャンスを逃しません。ピントを固定した状態でシャッターを切りたいときなど、シャッターボタンをレリーズ操作のみに限定した場合に有効な機能です。

ロック機構付きのドライブモードダイヤル&フォーカスモードダイヤル

上段は「1枚撮影」や「連続撮影」などのドライブモード、下段は「シングルAF(AF-S)」や「コンティニュアスAF(AF-C)」などのフォーカスモードを切り替えられるための、上下2段に分かれたダイヤルを装備。双方のダイヤルにロック機構が付いているため、撮影中の意図しないモード変更や、ダイヤルの連れ回りを防止します。

繊細な指の動きに応えるマルチセレクター

撮影中、フォーカスエリアが「ゾーン」「フレキシブルスポット」「拡張フレキシブルスポット」のとき、上下左右に押すことで、素早くAF測距点を選ぶことが可能。再生時は、マルチセレクターを左右に押すと、前/次の画像を表示できます。

被写体をダイレクトに選択できるタッチフォーカス(*)

スクリーンをタッチして、ピントを合わせたい被写体を瞬時に選択できるタッチフォーカス。画面端にいる被写体も、構図やフォーカス枠の位置設定を変更せずにピント合わせが可能です。マニュアルフォーカス時には、ピントを合わせたい箇所をダブルタップすると拡大表示できます。動画撮影時のスムーズなフォーカス移動にも有効です。

* タッチパッド機能は非搭載です

静止画再生中のダブルタップでの拡大表示

静止画再生中に拡大して確認したい箇所をダブルタップすることで、スムーズな拡大表示が可能です。

プロフェッショナルの声を反映し、細部まで磨き上げた操作感触

プロフェッショナルの声を反映し、各部の操作性を徹底的に見直しました。特に重要なレリーズボタンや前ダイヤル・後ダイヤルなどの操作感触が向上。背面のコントロールホイールも大型化し、より操作しやすくなりました。

ユーザーの好みに応える豊富なカスタマイズ機能

「マイメニュー」と新しいメニュー画面

頻繁に使うメニュー項目を最大30個までカスタマイズ登録できる、マイメニュー登録機能を新規搭載。使用頻度の高い順に入れ替えたり、使用しなくなった項目を削除することも可能なので、ユーザーの用途に合わせて最適なメニューを作成できます。また、検索しやすい新しいメニュー構成を採用。グループ名やページ数を上部に追加し、目的の項目がより選択しやすくなりました。

瞬時に移動できる「フォーカスエリア登録機能」

使用頻度の高いフォーカスエリアをあらかじめカスタムキーに割り当てておけば、キー操作だけで瞬時にフォーカスエリアを移動させることができます。例えばテニスのストロークなどのように、「このフレーミングでシャッターを切りたい」といった、フォーカス位置があらかじめ想定され、頻繁に切り替わるシーンの撮影に有効です。

撮影設定をクイックに呼び出す「押す間カスタム設定呼出」

撮影時の設定(シャッタースピード、絞り値、フォーカスエリア)をあらかじめカスタムキーに登録しておき、キーを押している間だけ一時的に呼び出して使うことができます。カスタムキーを押すだけで瞬時に設定を切り替えられ、キーを離すと元の設定値に戻るため、状況が変化しやすいスポーツシーンなどの撮影に便利です。

撮影時のストレスを軽減する「縦横フォーカスエリア切換」

カメラを構えるポジション(縦位置/横位置)ごとに、フォーカスエリアとフォーカス枠の位置を使い分けるかどうか設定することができます。スポーツやポートレート撮影など、カメラのポジションを頻繁に変えながら撮影する場合に有効です。

11個のボタンに割り当て可能なボタンカスタマイズ機能

撮影者の操作やこだわりに応えるカスタマイズ機能も充実。α9には、機能を割り当てられるボタンが11個あり、72項目の機能から登録できるため、よく使う機能を瞬時に呼び出すことができます。

※ コントロールホイールは、「下選択」で1ボタン、「左右選択」で1ボタン、「センターボタン」で1ボタンとカウント。また、「フォーカスホールドボタン」の搭載されているαレンズを装着時には、そのボタンにも機能の割り当てが可能です

自由なポジションで撮影できる高解像度液晶モニター

高解像で被写体を鮮明に映し出す、約144万ドットの大画面3.0型液晶モニターを搭載。液晶モジュールにはRGB画素にW(白)画素を加え、屋外でも明るくクリアに見える「WhiteMagic(ホワイトマジック)」を採用。また、上方向に約107°、下方向に約41°まで角度調整でき、自由なポジションで撮影できます。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)