商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα9特長 : 高解像度4K動画記録
特長 : 高解像度4K動画記録

6K相当の豊富な情報量を凝縮した高解像4K動画

35mmフルサイズ領域での画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(*)(6K相当)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力。オーバーサンプリング効果により、高い解像力を誇る4K動画画質を実現しています。

* 24p記録時。30p記録時は約1.6倍になります

動きの速い被写体に対応する「ファストハイブリッドAF」

動画撮影時の「ファストハイブリッドAF」が進化。像面位相差方式とコントラスト検出方式を効率的に組み合わせることで、動きの速い被写体に対し、よりスムーズで迷いのないピント合わせが可能になりました。また、静止画とほぼ同じAF範囲をカバー。画面の端にいる被写体も高密度なAFで精度高く捉えます。さらに、動画撮影時のAF駆動速度設定の低速側の基準スピードを従来機より遅く設定可能に。撮影シーンに合わせたフォーカス表現の自由度がいっそう高まりました。

最大100MbpsのXAVC S(4K)フォーマットに対応

4K/フルHDの記録フォーマットにはXAVC S(*)を採用。4K 30p/24p記録時で最大100Mbps、フルHD 60p/30p/24p記録時には50Mbpsの高ビットレートで高画質記録が可能。高精細かつ圧縮ノイズの影響を抑えた美しい映像を実現します。またフルHD 120fps/100fpsの高フレームレート記録時にも最大100Mbpsで記録が可能です。

* XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCカードが必要です。100Mbps記録時には、UHS-I(U3)のSDHC/SDXCカードが必要です

4K/フルHDに対応したHDMIクリア出力

4K/フルHDのHDMI出力に対応し、非圧縮映像を外部レコーダーに記録することができます。さらに、HDMI同時出力で外部モニターでも映像を確認でき、HDMI出力しながらの本体内記録(*)も可能です。

* HDMI経由で4K出力時は本体液晶モニターに映像は出力されません

遅回し・早回し撮影を可能にする「スロー&クイックモーション」(*)

スローモーションとクイックモーション撮影が可能な撮影モード「スロー&クイックモーション」(*)を搭載。撮影フレームレートを1fpsから120fpsまでの8段階から選択でき、最大60倍までのクイックモーションと、最大5倍までのスローモーションを最大50MbpsのフルHDで記録できます。記録時のフレームレートは24p、30p、60pから選択可能。また、ポストプロダクションなしで撮影直後でもスロー効果やクイック効果をプレビューできます。

* 音声記録できません。Class 10以上のSDHC/SDXCカードが必要です

動画からの静止画切り出しに対応

撮影した動画の再生中に決定的瞬間を選んで静止画として切り出し、保存することができます。4K動画からは約800万画素、フルHD動画からは約200万画素の静止画ファイルを作成可能です。

動画RECボタンの位置変更

α9では、動画RECボタンの位置を変更。グリップをしっかり握ったまま、親指で押しやすい場所にボタンがあるため、スムーズに動画撮影を開始できます。

動画記録開始/終了がシャッターボタンで操作可能

ボタンのカスタマイズにより、動画記録開始/終了の操作がシャッターボタンでも可能。写真撮影と同じ操作感で動画を撮影できます。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)