商品情報・ストアポータブルオーディオプレーヤー ウォークマンNW-WM1A特長 : 各部パーツ・デザイン
特長 : 各部パーツ・デザイン

高音質を追求したこだわりの厳選パーツ

情報量とパワー感の向上、さらに温かみのある音質の再現を目指して、アルミ切削筐体をはじめ、さまざまな高音質パーツを吟味して搭載。据え置き型のアンプで使われるような大型のものを含め、各パーツを絶妙なバランスで組み合わせることで、さらなる低インピーダンス化と高剛性を実現しました。

アルミ切削筐体により、高剛性と低インピーダンス化を両立

剛性に優れたアルミ切削筐体と無酸素銅プレートの組み合わせにより、大幅な低インピーダンス化を実現。クリアで力強い低域を再現します。

無酸素銅プレートを設置し、さらに低インピーダンスに

筐体と基板の間に金メッキを施した無酸素銅プレート(純度約99.96%以上)を据え付けることで、インピーダンスを大幅に低減。CPUや内蔵メモリーなどを搭載したデジタルブロックのグラウンド安定性を高め、クリアな音質を実現します。

リアパネルにコルソン系銅合金を使用

リアパネルに使用したコルソン系銅合金が、十分な強度の確保と低インピーダンス化に貢献。透明感のある高域や力強い低域を実現します。また、金メッキにより筐体や基板との間の接触抵抗を最小化します。

WM1シリーズ専用電池パックを開発

専用電池パックを新たに開発。ケーブルを+/-各2本にすることで低インピーダンス化を図りました。ボーカルや楽器の透明感の向上、音の立ち上がりの良化とスピード感の強化、そして締まりのある力強い低域を実現します。

ノイズを低減する高品質メルフ抵抗を採用

ヘッドホン出力のフィルターに、熱雑音を抑えノイズレベルを低減する高品質メルフ抵抗を採用。すべての周波数帯域に渡って、音の解像度感が向上します。

アンプからヘッドホンジャックまで、低抵抗の無酸素銅ケーブルで接続

アンプからヘッドホンジャックへの線材に、低抵抗の無酸素銅ケーブル(OFCケーブル)を採用しました。

電力供給能力がさらに高まった「電気二重層キャパシタ」

バッテリーからアンプ部に電力を供給するラインに、瞬間的に大電力を供給できる「電気二重層キャパシタ」を搭載。容量がNW-ZX2の約1.4倍(500mF)に増え、抵抗値も約半分に低減しました。これによりS/N感が全体的に向上するともに、クリアで力強い低音域を実現します。

「新開発高分子コンデンサー」を多数搭載

フルデジタルアンプ「S-Master HX」のL/R正負独立4電源をはじめ、さまざまな箇所に「新開発高分子コンデンサー」を採用。ボーカルや楽器の伸びや透明感が向上し、引き締まった力強い低音域を再現します。

高品位な電気を作る「超低ノイズLDOレギュレータ」

アンプ部の電源に、5mm角と大型の「超低ノイズLDOレギュレータ」を3個搭載。ノイズ除去性能に優れ、澄みきった力強い音質を実現します。

バランス出力のLCフィルターに「大型コイル」を搭載

ヘッドホンバランス出力のLCフィルターに8mm角の「大型コイル」を搭載。低歪みと低抵抗化を実現し、全周波数帯域に渡って音の解像度感を向上します。

バランス出力のミュート回路に大型の「機械式リレー」を採用

ヘッドホンバランス出力のミュート回路に、PHA-3に搭載しているものと同等のサイズの「機械式リレー」を採用。半導体デバイス固有のノイズを排除し、高域の歪み感が少なく抜けの良いニュートラルなサウンドを再生します。

新開発の「低位相ノイズ水晶発振器」を2個搭載

新開発の100MHz対応「低位相ノイズ水晶発振器」を2個搭載(48kHz系/44.1kHz系)。3225(3.2mm×2.5mm)から5032(5.0mm×3.2mm)へのサイズ拡大により、ノイズの影響を受けにくいレイアウトが可能になり、S/N感のある情報量豊かな音質を実現します。

基板レイアウトを最適化し、S/N感が向上

オーディオブロックとデジタルブロックを上下に分離。さらに、外部への出力はデジタル出力のみの仕様に変更しました。ノイズの影響を受けないよう、音質のための最善の配置にしたことでS/N感が向上しました。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン サイトマップ
ウォークマン