商品情報・ストアコンポーネントオーディオSTR-DN1070特長 : 高音質技術
特長 : 高音質技術

スイッチド・キャパシタ方式のDAコンバーターを採用

クロックジッターの影響を受けにくいスイッチド・キャパシタ方式により、小信号の歪みが少ないきれいな音質を実現し、HDMI、USB、DLNA経由でのDSDの高音質を損なわずに、最大でDSD5.6MHz 5.1chの再生が可能です。

スイッチド・キャパシタ方式のDAコンバーター
スイッチド・キャパシタ方式のDAコンバーター

新開発「高音質表面実装コンデンサー」を採用しDAC電源部を強化

高音質表面実装コンデンサーを新たに開発し、厳選された高容量の電圧レギュレーターICと共にDACの電源を強化。さらに周辺回路と基板パターンニングを徹底的に検討し、高い解像度を伴った安定した低域を実現。

新開発「高音質表面実装コンデンサー」を採用したDAC電源部
新開発「高音質表面実装コンデンサー」を採用したDAC電源部

32bit プロセッシング

32bitで処理されたDSP出力をそのまま32bitでDA変換します。「アドバンストD.C.A.C.」「サウンド・オプティマイザー」「イコライザー」「各種サウンドフィールド」など高度なDSP技術による各機能全ての音質がグレードアップしました。

高精度32ビットDSP
高精度32ビットDSP

DSDネイティブ再生に対応

有線/無線(Wi-Fi)LAN接続時の家庭内ネットワーク上のPCやネットワークHDD(NAS)、またはUSBメモリーなどに保存した、DSDの音楽再生機能においてPCMに変換することなく再生するDSDネイティブ再生に対応しました。DSDコンテンツ本来の音質を損なうことなく再生します。

ハイレゾ音源をより際立たせる高精度プリアンプを搭載

ハイレゾ音源はCD音源に比べて立ち上がりが速く、また、極めて微小な音楽成分が含まれている特長があります。ハイレゾ音源をより高純度に再生するためには、音量調整や小信号成分の増幅を行うプリアンプ回路の性能が音質的に重要です。高精度プリアンプはプリアンプの回路、電源、パワーアンプ、デジタル系のグラウンドを分離独立して設計し、これを一点に集めてシャーシに接続する、ESシリーズで培ったワンポイントグラウンド方式を採用しています。特にグラウンドポイントと高精度プリアンプの間の配線には、直径1.6ミリもの太さの無酸素銅の銅棒を使っています。これによりグラウンドインピーダンスが限界まで下がり、グラウンドラインでのノイズ電圧の発生を防止し、高音質を実現しています。また、増幅デバイスとして高精度プリアンプ専用IC「CXD90035」を搭載して構成しています。それにより、高速応答性と高S/N比を実現しています。

ワンポントグラウンド
ワンポントグラウンド

高精度プリアンプ専用IC「CXD90035」を搭載

プリアンプ専用IC「CXD90035」の特長
1. 高速応答性
アンプの最大立ち上がり速度であるスルーレートを従来の2倍以上に高め、高速なハイレゾ信号の立ち上がりに対する速度余裕を一段と高めます。
2. 高S/N比
音量調節回路(ボリウム回路)が発生するノイズを特に低域で約1/30に改善。
3. 熱干渉除去
チップ上では、搭載されているアンプの出力回路から音楽信号に応じて変動する熱が発生します。この熱による不要成分の発生を排除する「熱変調防止型回路」を採用。
4. IC内グラウンド分離方式
プリアンプIC内の各ステージのすべてのグラウンドをIC外に引き出し、ディスクリート構成と同じようにアンプとしてグラウンド処理を行う新しい方式を採用。
5. チップ内電源分離配線
IC内部の電源回路からアンプへの配線を、各回路ごとに配線する独立電源配線方式を採用。
6.金ボンディングワイヤ採用
ボンディングワイヤは通常、銅線、アルミ線、金線が使われますが、その中でも音質のよい金線を採用しています。

高精度プリアンプ専用IC「CXD90035」
高精度プリアンプ専用IC「CXD90035」

高速応答性

通常プリアンプをICで構成する場合、その最大応答速度を示すのがスルーレートです。図2、3は高域成分を含んだ打楽器の音のCD音源とハイレゾ音源の波形です。ハイレゾ音源には立ち上がり速度が早い波形が含まれていることがわかります。このような早い立ち上がり、立下りを含むハイレゾ音源の再生には、これまで以上の高速な応答性が求められます。「CXD90035」のスルーレートは従来モデルの2倍以上の値で、オーディオ用オペアンプをも凌駕(りょうが)する性能を実現しました。これはハイレゾ音源(192kHz/24bit)が求めるスペックの5倍以上もの余裕がある周波数帯を有しており、高域の硬さやゆがみが無くエネルギー感にあふれた抜けのよい音を実現しています。

高SN比

ハイレゾ音源に含まれる微小な音楽成分を再現するには、これまで以上の低いノイズ特性が求められます。従来のモデルにおいても全帯域で-105dB以下と十分に低いノイズ特性ですが、高域と低域でノイズ量が違うことがわかります。「CXD90035」 では低域のノイズパワーを高域と同等まで下げることに成功。改善量はノイズパワーが約1/30に減少し、100Hz以下で約15dBです。同時に高域のノイズもノイズパワーでほぼ半減の3dB程度に改善。この結果「CXD90035」は全帯域にわたって極めて低くフラットなノイズ特性を実現し、聴感上のS/N感が大変よくハイレゾ音源が持つ美しい弱音部を余すところなく再現します。

熱干渉除去回路構成

一般にIC化されたアンプは、シリコンチップ上の一つのアンプの出力回路からオーディオ波形が出力されていると、その出力回路は出力に応じて発熱します。その熱はシリコンチップ上を拡散し、同じ回路上の熱に敏感な部分からの出力信号に、入力信号には無い応答が現れることがあります。これは非常に遅い応答なので、特に低域の分解能を悪化させてしまいます。「CXD90035」ではこうした熱流による温度勾配への感度の対策を行った、熱干渉除去型回路を開発して搭載しました。熱流による不要応答が少なく、ビット長が大きなハイレゾ音源の低域などの微細なニュアンスを余すところなく増幅します。

IC内グラウンド分離方式

一般的なICでは、いくつかの回路ごとにグラウンドをまとめてから外部に引き出しています。ところがこの方式だと、内部グラウンドの共通インピーダンスによる干渉がおこることがあります。「CXD90035」で採用したIC内グラウンド分離方式は、各増幅ステージとボリウム回路を完全に分離して専用のリードピンに接続。これをIC外部でアンプのプリアンプグラウンドに接続することで、問題となる電圧を発生させなくできます。これにより、従来はディスクリート構成のプリアンプでないと実現できなかったエネルギー感を実現。音の輪郭がにじむことがなく、繊細な細かい音までフォーカスした残響や音の勢いまでもが豊かに再生できるようになりました。

チップ内電源分離配線、金ボンディングワイヤ採用

チップ内電源分離配線
モノリシック構造のIC上には入力セレクタ、入力バッファ、増幅回路で構成されています。これらを一つの電源で駆動する場合、回路同士が干渉する恐れがあります。「CXD90035」では電源パッドから各回路へ独立配線することによって、通常の一括配線に比べてアンプ回路間の干渉がなくなり、聴感上の音の分離が大変よくなりました。

金ボンディングワイヤ採用
「CXD90035」では、ICのシリコンチップと外部をつなぐボンディングワイヤに金線を採用しました。柔らかい金を採用することで外部の振動がチップ内部に伝わりにくく、また導電率が高いため電気的性能も高く維持できます。

高音質を支える回路設計

マスタークロック用「真空水晶振動子」を採用

HDMIのデジタルオーディオのマスタークロック用に真空で密閉された水晶振動子を採用することにより、発振効率を上げ位相ノイズを低減しました。HDMI音声のマスタークロックのジッタを抑えることで、音場透明性と明瞭なフォーカス感が得られます。さらに内部の水晶の電極に、機械的な振動があっても高い接触性を保ち伝導性に影響をおよぼす酸化物を形成しない金蒸着を使用することで、より深い低音再生と豊かなサウンドを再現します。

「ジッタ・エリミネーション」回路を搭載

HDMIやデジタル音声信号のマスタークロックに原理的に含まれるジッタを排除する「ジッタ・エリミネーション」回路を搭載。ESシリーズに採用したこの技術により、高いS/N感と美しい音色を再現できます。ブルーレイディスクのフォーマット音声のみならず、リニアPCMや従来の圧縮音声を用いるDVDにも有効で、HDオーディオ時代にふさわしい音質の向上を実現しています。

デジタル回路用アナログ定電圧レギュレーター

すべてのマイコン、デジタルビデオおよびデジタルオーディオ用のすべてのデジタルデバイスに、それぞれ独立したアナログ定電圧レギュレーターを採用しました。このアナログ定電圧レギュレーターをそれぞれのデバイスの近辺に配置することで、アナログ信号ラインやアンプ回路への高周波ノイズの影響を抑えています。さらに、電源のインピーダンスを著しく低下させ、デジタルビデオ・オーディオ、クロックなどデジタル信号ラインにおけるジッタ低減にも役立っています。これらの効果は、デジタルビデオ・オーディオ信号のS/Nの改善に最も顕著に表れ、低域の再生能力も大きく向上します。

「リニア広帯域パワーアンプ」を搭載

広帯域かつローノイズを実現した「リニア広帯域パワーアンプ」。回路パターンの最適配置や電源供給ラインの大型ジャンパーワイヤーによる低インピーダンス化を図ることでスピード感、パワー感を生み出すとともに豊かな低音、より澄んだボーカル、自然な空間表現や音色を再現します。さらにヒートシンクには、一枚のアルミ版にアーチ形状を持たせるように折り曲げ加工をほどこしてから、厚み4ミリのアルミベースに装置した高音質「ラウンドコルゲート」ヒートシンクを採用しました。フィンにラウンドアーチを持たせ、フィンの枚数を共鳴しにくい適性な数にすることや圧着部分を改善するなど、不要振動を低減します。スピーカーの音圧に起因するフィンの分割振動が少ないので、音の色付けが少なく、きわめて良好なフォーカス感、エア感を再現します。

厳選した高音質パーツ

高音質表面実装抵抗新開発「ファインサウンドレジスター」を採用

基板の高密度化に伴い、小型表面実装抵抗を必要とする回路に対応するために、高音質表面実装抵抗「ファインサウンドレジスター」を開発し搭載しました。専用の抵抗素材や構造に加えて電極に純銅を採用すことにより、情報量が多く力強い音質を実現しています。

大型ブロックコンデンサやホームオーディオ用抵抗などの高品位なパーツを採用

ESシリーズにも採用してる大型ブロックコンデンサーをアンプ用電源供給回路に採用しました。大容量に加え、音質まで吟味して開発されています。また、抵抗器も極めて音質に優れた特性を備えた、ソニー独自開発のオーディオグレード品を使用しています。こうした音質に優れた専用部品を贅(ぜい)沢に使用することで、より優れた音質を追求しています。

真空含浸処理した大型電源トランス

クラス最大級の容量の大型電源トランスは、巻線にムラなく均一にワニスを塗布するため真空含浸処理を行いました。トランスから発生する電磁ノイズが回路ブロックへ悪影響をおよぼすことを防ぐため、銅板のショートリングを珪素鋼板のハムプルーブベルトでラッピングしました。これらにより、豊かな低音と繊細な高音を両立。広がりの豊かなステージ空間に、楽器とボーカルが鮮明に浮かび上がる立体感のある音場再生が楽しめます。

高純度無鉛高音質はんだ

オーディオ製品の製造において、最も重要なパーツがはんだです。何千箇所にもおよぶ信号経路上の部品を接続するのがはんだであるため、その品質がアンプの性能に大きな影響を与えます。ソニーでは2005年モデルから独自開発した音質専用はんだを採用してきましたが、さらなる高音質を追求しESシリーズで開発した「高純度無鉛高音質はんだ」を採用しました。はんだの母材となるすずに純度99.99%以上の超高純度材を採用し、高純度無酸素銅や微量元素を高音質化を考慮して配合することで、より自然で豊かな音質を実現しました。

左…旧世代:有鉛はんだ 中央…第一世代:オーディオ用無鉛はんだ(2005年以降) 右…“ES”無鉛はんだ(2012年から)
左…旧世代:有鉛はんだ 中央…第一世代:オーディオ用無鉛はんだ(2005年以降) 右…“ES”無鉛はんだ(2012年から)

耐震性に優れたパーツ

耐震性に優れたFB(Frame and Beam)シャーシ

耐震性に優れたFBシャーシはエンボス加工によって設けられたビーム(梁)はシャーシの左右両端まで伸び、トランスの重量を強固に支えるとともに、アンプ回路への不要な振動の伝播を遮断するように最適な配置としています。厚みのあるトップケースを採用するなどの高剛性化と厳重な振動対策により、豊かな量感と歯切れ良い音の再現を両立しています。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

カタログPDFダウンロード
コンポーネントオーディオ サイトマップ
コンポーネントオーディオ
HDDオーディオプレーヤー
ステレオアンプ
マルチチャンネルインテグレートアンプ
レコードプレーヤー
デジタルミュージックプレーヤー
ヘッドホンアンプ
ニアフィールドパワードスピーカー