商品情報・ストアテレビ ブラビア MASTER Series
MASTER Series

リアリティーを極める

MASTER Seriesは、映像の作り手であるクリエイターの制作意図を完全に再現したいという、
ソニーのテレビづくりの究極の目的を追求して生まれたテレビです。最高峰モデルの証であるMASTER Seriesの称号は、独自に設定した厳しい評価基準の最高値をマークし、なおかつ、それぞれの基準項目をバランスよく組み合わせたテレビだけに与えられます。

クリエイターの制作意図を再現する

テレビの画質の限界に挑み続けて50年以上、進化の歴史のさらなる先に、ソニーのテレビが目指すものは何か?映画制作者とのコンテンツづくりやクリエイターの制作意図を再現する画づくりなど、さまざまな専門技術をこの最高峰のMASTER Seriesに集結させました。

映画館をご家庭に

プロ用映画機材の開発や映画づくりも手がけるソニーは、映画のパイオニアとしてだけでなく、自宅でも映画館のような本格的な感動を味わえるテレビの開発に取り組んできました。クリエイターの意図をあますところことなく忠実に伝える究極のテレビ、それがソニーの目標です。

感情のすべてを再現する

ソニーが目指す映像において、光は細部まで輝きわたり、闇は吸い込まれるほど深く、色彩は心に刻みこまれるほど美しくなければなりません。クリエイターが伝えようとした感情のすべてを再現し尽くすことこそ、ソニーのテレビづくりの使命です。

クリエイターへの挑戦

クリエイターは技術を最大限に活用し持てる想像力を限界まで発揮します。映画制作者がどんな新たな映画的表現を生み出そうとも、ご家庭のテレビでそれを完全に再現する。ソニーはこれからもクリエイターに挑み続けます。

オリジナルの持つ想いを、あますことなく忠実に。

高画質プロセッサー「X1 Ultimate」

オリジナルを尊重するための努力

撮影した映像をテレビで映し出すためにはデジタル圧縮が不可欠であり、これが画質に影響を与えます。MASTER Seriesの開発はクリエイターが完璧に仕上げた映像を、そのクオリティーをいかに保つかというプロセッサーによるビット単位の戦いとも言えます。

変換処理を極める

変換処理を極める

クリエイターが撮影中に見ている画は、撮影後にデジタルデータ化(エンコード)されテレビへ伝送されます。伝送ファイルはテレビ受信後に圧縮を解かれ(デコード)、パネルに映し出すために変換処理されます。高画質プロセッサー「X1 Ultimate」は、この変換処理の段階における画質劣化を最小限に抑えます。

変換処理を極める

超高ビットレートでの信号処理

高画質プロセッサー「X1 Ultimate」は、ソニーの「1ビットの情報も失わないようにする」という徹底した設計思想のもと開発されました。信号は超高ビットレートで処理され、オリジナルのクオリティーに復元されます。

パネル特性を考慮した微調整

高画質プロセッサー「X1 Ultimate」は、一つひとつのパネルおよびパネルの種類の特性の違いを理解し、これに応じて的確な調整を施します。これは今までで最も進化した調整といえます。

高精度コンポーネントを組み込む

プロセッサーに組み込まれた高精度のコンポーネントは、映像全体のディテールを維持し究極のリアリティーと映像表現を実現します。

撮影現場からリビングまで。相棒は、映画のプロ

ソニーのテレビチームは2000年に、ご自宅で映画館のような体験を楽しむために開発されたテレビ画質調整機能の第一号であるシアターモードを、(株)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)と共に開発しました。それ以来、ソニーとSPEは、4KやHDRといった新規フォーマットの規格化にも貢献。ご家庭での映画鑑賞において、クリエイターの制作意図によりいっそう近づける努力を重ねてきました。

撮影現場からリビングまで。相棒は、映画のプロ
撮影現場からリビングまで。相棒は、映画のプロ

A9Fシリーズ ― 音と映像の完璧な融合

映画館で使用される画期的な技術のひとつに、スクリーン表面から直接音が出る「スクリーンスピーカー」があります。大画面になるほど映像と音が一致しにくくなるのですが、「スクリーンスピーカー」では映像と音に一体感があり、真に没入感のある体験が可能です。この映画館並みの臨場感をテレビで実現したのが、MASTER SeriesのA9Fです。アコースティック サーフェスオーディオプラス技術が「スクリーンスピーカー」のように映像と音の融合をもたらし、クリエイターの制作意図を存分に伝える高画質も備えています。

X1 Ultimate
Acoustic Surface Audio+

Z9Fシリーズ ― どの角度から見ても美しく

液晶テレビには、画面が大きくなるほど顕著になる特徴が2つあります。物体が高速で動くときの残像感と視野角による色再現性の低下です。MASTER Series Z9Fは、この2つの問題をソニー独自の新技術によって解決し、大画面であってもクリエイターの意図したままの映像を描写できます。

X1 Ultimate
X-Wide Angle
X-Motion Clarity
オリジナルの持つ想いを、あますことなく忠実に。

ソニーとNetflixが実現する
自宅鑑賞における映像革新

近年の技術の進歩が、テレビの力を向上させ、クリエイターのビジョンやインスピレーションを今まで以上に表現できるようになりました。今やご自宅で、興奮と魅惑のコンテンツに溢れた膨大なエンタテインメントを楽しむことができる時代になりました。長年にわたり、ソニーとNetflixは、業界に先駆けテレビの未来のカタチをつくってきました。クリエイターと直接連携して、世界中のエンタテインメント愛好家に向けてコンテンツを配信。4KやHDRのような最新技術により、人々はご自宅のリビングルームにいながら映画館のクオリティーを体感できるのです。

Netflix 画質モード

さらにNetflixは、最新の映像規格に対応するオリジナルコンテンツの制作にも積極的に投資。高画質を維持するためのNetflix画質モードをソニーと共同で開発しました。映画クリエイターのビジョンと意図を維持することを目的としたこのモードは、制作スタジオでの画質評価用として用いられるマスターモニターと同程度の性能をテレビで再現することを目指し、特別に開発されました。

意図したとおりの体験

意図した通りのエンターテイメント体験

Netflix画質モードにより、シリーズもの、映画、ドキュメンタリー、その他内容を問わず、その作品が元々制作されたとおりに、作り手がこう見られたいと作ったとおりに視聴することができます。 *1
スタジオで使われるテレビとして

スタジオレベルの画像表現

MASTER Seriesは、映画制作スタジオで画質のリファレンスとして用いられるマスターモニターに近い性能を発揮できるので、テレビファーストで提供されるコンテンツを理想的な状態で見ることができるテレビです。

映画館のスリルをご自宅に

映画館のスリルをご自宅に

Netflix画質モード搭載のMASTER Seriesなら、忠実に再現された高画質映像によって、コンテンツの醍醐味であるストーリー自体の臨場感をより味わうことができます。ご自宅で映画館のようなスリルを存分にお楽しみください。

色再現の決め手、キャリブレーションを極める。

映像作品の魅力は何によって生み出されるのか?制作過程においては、スクリプト、カット割り、編集、グレーディングなど、さまざまな要素が挙げられます。これらの要素をテレビ映像として忠実に再現することで、クリエイターが意図したストーリーには命が宿り、視聴者は新たな映像体験の感動に浸れるのです。なかでも要となるのが、正確な色再現です。物陰に潜む人物の表情や閃光の中のディテールなど、暗いところから明るいところまでの階調表現についても考慮されるべきです。MASTER Seriesは、プロのクリエイターからの要求に応えるべく、工場出荷時にホワイトバランスやユニフォミティなどの極めて精度の高いキャリブレーションが行われ、製品間の均一性を高レベルに保っています。

色再現の決め手、キャリブレーションを極める。
色再現の決め手、キャリブレーションを極める。
CalMAN

クリエイターの情熱をそのままに

さらにMASTER Seriesは、生産過程で生じるわずかな色のばらつきを補うための画期的なオートキャリブレーション機能として、米国Portrait Displays社のソフトウェアCalMAN®に対応。これにより、これまでにないレベルのキャリブレーションと、従来の画質設定では難しかったさらに細かい微調整も可能です。テレビの信号に対して忠実な色を再現するこのキャリブレーションは、年月の経過によって生じるかもしれない極めて小さな変動も吸収可能。CalMAN®が搭載されていることで、ビジュアルクリエイターが撮影後のポスト・プロダクション段階や品質管理のワークフローで使用するソフトウェアの恩恵を受けられ、プロ並みの精度のキャリブレーションを施した画質をご自宅でも楽しむことができます。 *3

オートキャリブレーションについて詳しくはこちら

ブラビアの特長

ブラビア MASTER Series

テレビ ブラビア サイトマップ