商品情報・ストアサイバーショットRX100IV(DSC-RX100M4)特長 : 充実の基本性能
特長 : 充実の基本性能

目で見たままの印象を再現する「オートHDR(ハイダイナミックレンジ)」

ハイライトからシャドウまで、通常のカメラではとらえられない明暗差を、人間の目で見たままに近い階調で再現。白とびや黒つぶれを起こしてしまうシーンでも、1回のシャッターレリーズで連写した3枚の画像をカメラ内で高精度に自動合成します。これにより、見たままの自然な印象の写真が仕上がります。設定は「オート」に加えて、「露出差レベル設定」で1.0-6.0EV間で6段階の調節が可能です。

※ 被写体・背景の一部が動いたり、点滅発光したりすると、画像合成処理が正確にできない場合があります
※ P・A・S・Mの露出モードでのみ可能。RAW、RAW+JPEG選択時は使用できません

表現に合わせて色彩を調整できるホワイトバランス

カメラがシーンの光源を自動で判定して、目で見たイメージに近い自然な色合いを再現する「オートホワイトバランス(AWB)」をはじめ、赤みや青みを強調できる「太陽光」「電球」「蛍光灯」や、「色温度&カラーフィルター」「カスタム」など、12種類のモードから選択できます。また、画面上に表示されるチャートで確認しながら(*)、表現意図やシーンに合わせて直感的にホワイトバランスを細かく調節することも可能です。

* フラッシュ発光のときには、撮影後に色を確認できます

精度がアップしたポップアップ方式の内蔵フラッシュ

コンパクトボディに、手動でポップアップできる内蔵フラッシュを搭載。フラッシュモードは、「自動発光」のほか、雰囲気のある夜景ポートレートが撮れる「スローシンクロ」、動きの軌跡を表現できる「後幕シンクロ」や「強制発光」「発光禁止」を搭載しています。また、より細やかになった被写体検出により、これまで調整しにくかったフラッシュ調光の精度がアップ。フラッシュを使った撮影がさらに美しくなりました。

※ フラッシュの収納は手動で行います

厳密なピント合わせをサポートする「MFアシスト」「ピーキング」機能

マニュアル操作でピント合わせを行うときに、画面の一部を拡大して表示する「MFアシスト」機能を搭載。約8.6倍または17.1倍に拡大できるので、マクロ撮影などで厳密なピント合わせが可能です。また、画面内でピントの合っている部分の輪郭を指定された色をつけて表示する「ピーキング」機能にも対応。液晶モニターで全体を見ながら、どこにピントが合っているか一目で確認できます。

撮影意図に応じて多彩な画面比で撮れる「マルチアスペクト記録」

35mmフィルムカメラを想起させる3:2を標準とし、コンパクトカメラでは一般的な4:3、ハイビジョンテレビと同比の16:9、正方形が印象的な1:1の4種類のアスペクト比(縦横比)を選べます。構図や目的に合わせて多彩な表現が可能です。

構図確認に役立つ「グリッドライン」

液晶モニターにグリッドラインを表示でき、水平や垂直の傾きを補正しながら、緻(ち)密な構図の調整が可能。ラインは3分割、方眼、対角+方眼の3種類から選択できます。

※ 画像はイメージです

再生時の拡大機能が進化

モニター再生時、センターだけでなく任意の位置での拡大表示が可能になりました。ピント位置が画面の中央にない場合でも、すばやくピントを確認できます。

さらに便利になったセルフタイマー

セルフタイマー機能がさらに充実。「セルフタイマー」の秒数は、2秒/5秒/10秒から選べるようになりました。3枚または5枚を連続撮影する「セルフタイマー(連続)」や、液晶モニターを上方向に約180度反転した際に、撮影方法を3秒セルフタイマーに設定できる「自分撮りセルフタイマー」も対応しています。また、ブラケットモード時にもセルフタイマー撮影が可能になりました。

※ 撮影モードがスイングパノラマ・シーンセレクションのスポーツ時、スマイルシャッター設定時は使用できません

著作権情報の設定が可能

撮影する静止画の著作権情報を設定できます。著作権情報書き込み、撮影者名設定、著作権者名設定、著作権情報表示が可能です。

USB給電機能

カメラとパソコン、またはバッテリーチャージャーやモバイルチャージャーをUSBケーブルで接続して、カメラへの給電が行えます。

※ カメラ本体にバッテリーパックを挿入する必要があります

RX100IVのレスポンスを引き出す、ソニーの高速SDメモリーカード UX2シリーズ(別売)

RX100IVのレスポンスを引き出すなら、ソニーの高速SDXC/SDHCメモリーカード「SF-UX2シリーズ」がおすすめ。UHS-I規格に対応し、高速連写時にもストレスのない高速書き込みを実現。パソコンへの大容量データの高速転送も可能で、効率的な作品づくりをサポートします。

※ XAVC S(TM)記録時は、Class10以上のSDXC/microSDXCメモリーカードが必要です。100Mbps記録時にはUHS-I(U3)のSDXC/microSDXCメモリーカードが必要です。なお、100Mbps記録時の連続撮影時間は最大約5分です。撮影時間は環境によって変わる可能性があります

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット サイトマップ
大型センサーモデル
高倍率ズームモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
スタイリッシュコンパクトモデル