商品情報・ストアサイバーショットRX100V(DSC-RX100M5)特長 : かつてない高速性能
特長 : かつてない高速性能

0.05秒(*)の高速AFを実現した高速・高精度なファストハイブリッドAF

新開発のイメージセンサーに位相差検出方式AFセンサーを配置。AFの速度や動体捕捉に優れている位相差AFとAFの精度が高いコントラストAFのメリットを兼ね備えたファストハイブリッドAFをRX100シリーズとして初めて搭載。0.05秒(*)の高速レスポンスを実現するとともに、AF精度と動体追従性能も大幅に進化したことで、被写体を瞬時に精度高く捉えます。

* CIPA準拠。内部測定条件 f=8.8mm(ワイド端)、明るさ EV4.7、プログラムオート、フォーカスモード:AF-A、AFエリア:ワイド

世界最多(*)315点像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー範囲

新開発のイメージセンサーには、世界最大(*)となる撮像エリアの約65%をカバーする範囲に315点の像面位相差AFセンサーを配置。広いAFカバー範囲と高密度配置により、ピント合わせが難しい小さな被写体や動く被写体も、画面の広範囲で精度高く捉えられます。

* 1型のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。2016年10月広報発表時点。ソニー調べ

0.05秒(*1)の高速AF・AE追従 最高約24コマ/秒(*2)で連続連写可能枚数150枚(*3)の高速連写

新開発の高速フロントエンドLSIと、画像処理能力の高い画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)の組み合わせを最適化することで、システムとしての高速処理を実現。0.05秒(*1)の高速AFを実現する「ファストハイブリッドAF」との連携によって、AF・AE追従 最高約24コマ/秒(*2)の高速連写を可能にしました。さらに、バッファーメモリーの大容量化などにより、150枚(*3)まで連続撮影が可能になったことで、決定的な瞬間をより確実に捉えられます。

*1 CIPA準拠。内部測定条件 f=8.8mm(ワイド端)、明るさ EV4.7、プログラムオート、フォーカスモード:AF-A、AFエリア:ワイド
*2 連続撮影モード「Hi」時
*3 連続撮影モード「Hi」、画質「ファイン」時

被写体を追い続けやすい、ブラックアウトしづらい高速連写

最高約24コマ/秒(*)の高速連写が可能になったことで、EVF/液晶モニター上でよりスムーズな映像を確認しながら被写体を追うことが可能になりました。スムーズな映像を見ながら撮影できるため、決定的な構図や一瞬の表情を逃さず捉えられます。

* 連続撮影モード「Hi」時

高解像な高速連写

新システムにより画像処理が高速になったことで、24fpsの高速連写においても画質を妥協せず、20Mを超える解像度の撮影を実現しました。また、内部処理の高速化と内蔵メモリの大容量化により、連続撮影後すぐに撮影画像の確認ができるようになりました。再生画面では連写の書き込み残り枚数が表示されます。

最高1/32000秒、高速で動く被写体が歪みにくい「アンチディストーションシャッター」

センサーからの高速読み出しにより、高速な被写体を撮影した際に起こりやすい、動体ゆがみを飛躍的に低減します。画素領域の上部から下部までを従来比5倍以上(*)のスピードで高速にスキャンすることで、画面上下の読み出しタイミングの差を縮小。被写体の動きがスキャンスピードを上回る場合に発生する、CMOSセンサーの特性である動体ゆがみ(ローリングシャッター現象)を低減する電子シャッターを実現しました。さらに、最高1/32000秒のシャッタースピードという圧倒的な高速撮影も実現し、撮影者の創造力をかきたてる写真表現を可能にします。

* DSC-RX100M3に採用されているExmor R CMOSセンサーで1/32000秒の電子シャッターを搭載すると仮定した場合のシミュレーション値

最大EV19(*)までの高輝度撮影に対応

最高1/32000秒の高速シャッターと内蔵NDフィルターにより、最大EV19(*)の高輝度撮影に対応。従来のカメラでは白とびしてしまう明るいシーンでも、開放でぼけをいかした撮影表現が可能です。

* 内蔵NDフィルター含む

フォーカスモードを自動で切り替える「AF-A」モード

画面の広範囲で位相差情報を取得し、色や輝度で画像解析することで、より正確なシーン認識を実現。シャッターボタン半押し中にピントを固定する「AF-S」モードと、シャッターボタン半押し中にピント合わせを続ける「AF-C」モードを、カメラが自動判別して切り替える「AF-A」モードを搭載。被写体の状態が変化しても最適なAFモードで撮影できます。

位相差AFエリア/コントラストAFエリアの表示設定が可能

位相差AFエリアの表示・非表示を設定可能。位相差AFエリアがわかることで、被写体へのフォーカシングがしやすくなります。また、コンティニュアスAF時に、フォーカスエリアで[ワイド]を選択している際に、ピントが合ったフォーカスエリアを表示するかしないかを設定できます。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット サイトマップ
大型センサーモデル
高倍率ズームモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
レンズスタイルカメラ
レンズスタイルカメラ