商品情報・ストアデジタルビデオカメラ ハンディカムFDR-AX55特長 : 撮った映像をかんたん管理
特長 : 撮った映像をかんたん管理

ブルーレイディスクレコーダーで保存

4K動画は、4Kカメラ動画取りこみ対応ブルーレイディスクレコーダー(*1)に取りこみ可能。さらに、ブルーレイディスクにダビング(*2)して保存できます(*3)。フルハイビジョン動画は、AVCHD対応のブルーレイディスクレコーダーに取りこみ可能(*4)。また、ブルーレイディスクにダビングして保存することもできます。

*1 対応ブルーレイディスクレコーダー:BDZ-ZT3500/ZT2500/ZT1500/ZW2500/ZW1500/ZW550
*2 XAVC Sモードで撮影した映像は、MP4データ形式でのダビング
*3 MP4(4K)動画をダビングしたディスクを対応ブルーレイディスクレコーダーで再生すると、高フレームレートで撮影された動画など、条件やディスクの状態によっては、映像が乱れたり、音声が途切れたりすることがあります。安定して再生したい場合は、対応ブルーレイディスクレコーダーに動画をディスクから取りこんで再生してください
*4 XAVC Sフォーマットで記録したファイルは、AVCHDに編集するソフトなどで変換する必要があります。ブルーレイディスクレコーダーとの接続や詳細についてはこちら
※ PSモードで撮影した映像は、AVCHD Ver2.0に準拠したブルーレイディスクレコーダーでブルーレイディスクに保存できます
※ *1以外のブルーレイディスクレコーダーでは、USBケーブルを使用した場合、MP4形式の動画は取りこむことはできません。別売りのマルチ端子ケーブルVMC-15MR2を使用して、A/V出力(スタンダード画質)でブルーレイディスクレコーダーに取りこんでください

外付けハードディスクに保存

USBアダプターケーブル(別売)を使って、ハンディカムと外付けハードディスクを接続すれば、かんたんに撮影した映像を保存できます。さらにテレビでの再生も楽しめます。

【XAVC S動画ファイルの保存】
● ハードディスクの条件
・USB2.0の規格を満たしているもの
・AC電源で駆動するタイプを推奨
・NTFSでフォーマットされていること
・拡張パーティションでフォーマットされていないこと
(その他フォーマットの場合はパソコンでの初期化が必要となり、記録されていたデータは全て失われます)
● ハンディカムをAC電源で駆動することが必要です
● USBハブ経由での接続には対応していません
● 別売のUSBアダプターケーブルVMC-UAM2が必要です

パソコンに保存して、撮った映像を思いのままに活用

撮った映像をさまざまに楽しむPlayMemories Homeフルバージョンを無料でダウンロード提供

カレンダー表示で撮った映像をかんたんに整理・検索・再生が行えます。ハンディカムとパソコンをつなぐだけで、カメラ内の映像を取りこまなくても見ることができます。パソコンに取りこんでブルーレイディスクやDVDを作成したり、その他の便利な機能を使ったり、楽しくかんたんに管理、活用できます。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルビデオカメラ Handycam ハンディカム サイトマップ
4K/HDカムコーダー
ハイビジョン“ハンディカム”[AVCHDモデル(HDD、メモリーなど)]
ハイエンドカムコーダー
ハイエンドカムコーダー
レンズ交換式
レンズ交換式デジタルHDビデオカメラレコーダー