商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

α1 Debut THE ONE 新次元へ

α Universe editorial team

50.1megapixels×30fps
誰も見たことのない新次元の映像表現へ

高解像と圧倒的なスピードを高次元で両立する新開発有効約5010万画素メモリー内蔵フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーと、従来比最大約8倍*1の高速処理が可能な新画像処理エンジン「BIONZ XR(ビオンズ エックスアール)」を採用。有効約5010万画素の高解像でありながら、ブラックアウトフリー*2で最高約30コマ/秒*3のAF/AE追随高速連写が可能となり、これまで撮り逃していたコマ間の一瞬の動きも、より確実に捉えることができます。メモリーの大容量化やシステムの高速化で、30コマ/秒連写*3ではJPEGで約165枚*4、もしくは圧縮RAWで約155枚*5、20コマ/秒連写ではJPEGで約400枚の連写持続性能も実現しました。

120回/秒演算*6 × AI
確実に被写体を捉えるAFシステム

最大120回/秒*6の演算によるAF/AE追随の仕組みと、本機に合わせたAFアルゴリズムのチューニングにより、速度変化に緩急のある被写体や、フレーミングが難しい被写体に対する追随安定性と精度が向上。高い精度でAF追随し続けます。また、 AI*7を活用した「リアルタイムトラッキング*8」を搭載。ソニー独自の物体認識アルゴリズムにより、色、模様(輝度)、被写体距離(奥行き)からなる空間情報のリアルタイム高速処理を実現。さらに、高度な物体認識技術を用いて瞳を捉え続けるリアルタイム瞳AFが、人物および犬・猫を中心とした動物の瞳*9はもちろん、新たに鳥の瞳*9の認識にも対応しました。

α初、8K 30p*10動画記録
次世代を見据えた革新の動画性能

4:2:2 10bitでの4K 120p*11動画記録に加え、α初*12、4:2:0 10bitでの8K 30p*10動画記録に対応。8.6Kオーバーサンプリングによる、リアリティー溢(あふ)れる圧倒的な解像性能を実現。α1の優れたAF性能、階調・色再現性との組み合わせで、高解像8Kならではの映像表現を提供します。また、肌の色をシネマチックに表現するルック「S-Cinetone」を搭載。人の肌を描写する際に使われる中間色の表現力をアップさせ、色あいはよりソフトに、ハイライトの描写は被写体を美しく際立たせる自然なトーンです。さらに、長時間の連続録画をサポートするため、設計を徹底的に見直し効率的な放熱構造を実現。4:2:0 10bitで約30分の8K 30p動画記録*13を可能にしています。

プロの撮影現場を支える信頼性、操作性

クラス最高解像度*12の約944万ドットの高精細OLEDと、接眼光学系や機構を採用した最新の電子ファインダー。さらに世界初*12、240fps*14のリフレッシュレートを実現し、速く動く被写体を追いやすくなりました。また、高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを搭載し、手ブレ補正アルゴリズムの最適化を行うことで、5.5段*15の補正効果を実現。有効約5010万画素の高解像性能を最大限に引き出します。さらに、動画専用「アクティブモード」*16に対応したことで、4Kを含む各フォーマット*17で圧倒的に安定した動画撮影が可能になりました。メモリーカードはCFexpress Type AメモリーカードとSDXCメモリーカードに対応したデュアルスロットを採用*18。連続撮影や高ビットレート8K/4K動画に最適な次世代メディアで、その高速書き込み処理性能により、進化しつづけるカメラの静止画・動画の膨大なデータ処理においてもカメラのバッファをいち早く開放。ゆとりある撮影を実現します。

撮影から納品まで、スピードが求められる
プロのワークフローのさらなる効率化

本体内蔵でWi-Fi 802.11ac 2x2 MIMOに対応し、業界トップクラス*13の転送速度を実現。報道・スポーツ系のFTP転送や、スタジオでの無線テザー撮影などで高速かつ安定したデータ転送が可能です。また、1000BASE-Tに対応した有線LAN端子や、SuperSpeed USB 10Gbps(USB 3.2)対応のUSB Type-C®端子を搭載。データ転送はもちろんリモート撮影時も安定した通信を実現します。さらに、非圧縮RAWと比較して同等の画質を保ったまま、ファイルサイズを50〜80%に削減できるロスレス圧縮方式に対応しています。

<α1 撮影サンプル>

α1,FE 24-70mm F2.8 GM,F6.3,1/6400秒,ISO1600
α1,FE 600mm F4 GM OSS + 1.4X Teleconverter,F5.6,1/2500秒,ISO1250
α1,FE 24-70mm F2.8 GM,F5.6,1/100秒,ISO100

*1 画像処理エンジンBIONZ Xとの比較において。ソニー内部測定 *2 電子シャッター使用時に有効です。シャッター速度が遅くなると、画面表示の更新が緩やかになります *3 連続撮影モード「Hi+」時。シャッタースピードが1/125以上の場合に有効です。AF-Cモード時はシャッタースピードが1/250以上の場合に有効ですが、装着レンズ、撮影モードによって最高連写速度が異なります。非圧縮RAW、ロスレス圧縮RAWでの撮影時は、最高20コマ/秒になります。また、装着レンズによってはソフトウェアのアップデートが必要になる場合があります。互換情報の詳細は、サポートサイトをご覧ください *4 連続撮影モード「Hi+」、CFexpress Type Aメモリーカード使用時。ソニー測定条件によります *5 連続撮影モード「Hi+」、画質「RAW(圧縮RAW)」時。CFexpress Type Aメモリーカード使用時。ソニー測定条件によります *6 シャッタースピードが1/125以上の場合に有効です。装着レンズや撮影設定によって異なる場合があります *7 機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用しています *8 メニュー上の名称は、「トラッキング」です *9 すべての動物が対象ではありません。人、動物、鳥ではモードの切り換えが必要です。シーンや被写体の状態によってはうまくフォーカスが合わない場合があります。また、動画撮影時のリアルタイム瞳AFは動物と鳥には対応していません *10 4K 120p、8Kで動画撮影時は、[APS-C撮影]は[切]に固定されます。35mmフルサイズ対応レンズの使用を推奨します。PCアプリケーション「Catalyst Browse(カタリストブラウズ)」もしくは「Catalyst Prepare(カタリストプリペア)」で、8K撮影素材の閲覧が行えます *11 約10%画角がクロップされます。4K 120p、8Kで動画撮影時は、[APS-C撮影]は[切]に固定されます。35mmフルサイズ対応レンズのご使用をおすすめします *12 2021年1月広報発表時点、ソニー調べ。フルサイズレンズ交換式デジタルスチルカメラにおいて *13 ソニー内部測定条件。自動電源OFF温度[高]時 *14 240fpsの場合、画角がQXGAからUXGA相当に変わります。視野角は33度に固定されます。[ファインダーフレームレート]で[高速(120fps)]もしくは[より高速(240fps)]が選択されているとき、[表示画質]は選択不可です *15 CIPA規格準拠、Pitch/yaw方向、 Planar T* FE 50mm F1.4 ZA装着時、長秒時ノイズリダクションオフ時 *16 アクティブモードでは撮影画角が少し狭くなります。焦点距離が200mm以上の場合はスタンダートに設定することをお勧めします。8K動画撮影時ではアクティブモードは無効になります。 *17 撮像フレームレートが120fps以上になる記録方式ではアクティブモードは無効になります *18 CFexpress Type Bメモリーカードは使用できません

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
商品TOP
デジタル一眼カメラαの商品一覧を見る
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる