商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

夜空にほんの一瞬放たれる淡い輝きをとらえるために、
極限の性能が欲しい。
このカメラはまた一歩、これまでの表現の限界を超えた。
感度を上げてもダイナミックレンジの広さが保たれ、
なおかつ高画素。
星空の撮影に最適だ。

星空アーティスト
KAGAYA
KAGAYA

α Universe 関連記事

INTERVIEW/NEWS
2020.02.05 記事更新

星空アーティスト KAGAYA 氏 星空アーティスト KAGAYA 氏 × α7R IV
特集:先進画質×俊敏性。新しい表現領域へ
〜光と闇が描く星空を高精細に捉える「一期一会」の神秘の世界〜

α7R IV

その他のプロフェッショナル

OTHER

製品詳細

PRODUCT
α7R IV

先進画質×俊敏性。新しい表現領域へ

  • 世界初*1有効約6100万画素裏面照射型CMOSセンサー
  • 低感度時約15ストップ*2の広ダイナミックレンジ
  • AF/AE追随最高約10コマ/秒*3高速連写
  • 567点像面位相差 425点コントラストAFセンサー
  • 576万画素の「Ultra-XGA OLED Tru-Finder」
  • 常用ISO感度100-32000(拡張ISO50~102400*4)
  • *1 35mmフルサイズイメージセンサー搭載デジタルカメラとして。2019年7月時点。ソニー調べ
  • *2 ソニー測定条件
  • *3 撮影設定によって最高連写速度が異なります。
  • *4 拡張感度設定時。静止画のみ
2/16
使用カメラ
α7R IV[製品情報]
使用レンズ
FE 24-70mm F2.8 GM 63mm[製品情報]
撮影データ
F11 | 1/60秒 | ISO200
星空アーティスト
KAGAYA
KAGAYA

豊富な天文知識で世界の星空を追う、写真家・映像作家・イラストレーター。 写真集『星月夜への招待』『天空讃歌』『悠久の宙』『星と海の楽園』、フォトエッセイ集『一瞬の宇宙』を刊行。星空写真は小学校理科の教科書にも採用される。写真を投稿発表するTwitterのフォロワーは70万人を超える。 宇宙と神話の世界を描く作家でもあり、画集が刊行されている他、プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が全国で上映され観覧者数100万人を超える大ヒット。 天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はkagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されている。

αスペック比較表
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ