商品情報・ストアプロフェッショナルカムコーダーFX6特長 : プロフェッショナルカメラ由来の機動力・信頼性
特長 : プロフェッショナルカメラ由来の機動力・信頼性

さまざまな撮影環境で露出を調整できる電子式可変NDフィルター

ソニー独自の電子式可変NDフィルター内蔵により、被写界深度を変えずに露出の調整が可能です。さらに、オート設定によりカメラ側で常に適した光量に自動調整し、屋内から屋外へ移動しながら撮影する際など、一定の露出を保ったまま、さまざまな撮影環境に容易に対応します。

小型・軽量化を実現

FX6では、新開発の高感度フルサイズセンサーと最新の撮影機能を搭載しながら、本体サイズ 114×116×153mm(*1)、本体重量約0.89kg(*1)の小型・軽量化を実現。ハンドヘルド撮影だけでなく、スタビライザーやドローンを使った撮影など、高い機動力を発揮します。また、ハンドルや液晶パネル、バッテリー、レンズなどの撮影時の標準装備でも約2.59kg(*2)と軽量。さらに、本体のアクセサリー取り付け用ネジ穴(1/4インチ)が8カ所あり、アクセサリー取付の自由度がより高まりました。

*1 幅・高さ・奥行(本体のみ、突起部含む)
*2 レンズ[SEL24105G(レンズ付属モデルのみ)]、レンズフード(レンズ付属モデルのみ)、バッテリーパック BP-U35(別売)、液晶パネル、ハンドル、グリップを含む

高い操作性を実現するスマートハンドル・スマートグリップ

多彩なボタンとダイヤルが配置され、カメラを握った状態でさまざまな操作や設定変更が可能。安定したカメラワークと操作性を実現します。

ボディにマグネシウム合金を採用し、高い堅牢性と軽量化を実現

過酷な現場での使用を想定し、骨格となるメインフレームに加え、筐体トップ、フロント、リヤ部分はもちろん、ハンドル部分にもマグネシウム合金を採用。高い堅牢性と同時に軽量化を実現し、機動力をさらに高めました。さらに、マウント固定用のねじを6本使用し、マウント部の剛性をより高めています。

長時間収録と小型化を両立させるための放熱構造

膨大なデータ処理を行う画像処理エンジンやイメージセンサーを含むカメラ全体で、熱の発生を高精度に解析し、放熱経路を最適化。放熱用のファンも小型・軽量ボディに内蔵し、発熱による撮影中のシャットダウンを防ぎます。

防塵・防滴(*)に配慮した設計

さまざまなプロユーザーからのフィードバックを反映し、防塵・防滴構造を徹底的に見直し、従来機FS5 IIよりも防塵・防滴(*)により配慮した設計を採用。外装の合わせ目全周やボタン、スイッチ、メディアの蓋周辺、各端子周辺のシーリングをすることで、防塵・防滴機能が向上しています。

* 防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ほこりや水の浸入を完全に防ぐものではありません

充実の入出力端子を搭載

●SDI経由の16ビットRAW出力(*)
●12G/6G/3G-SDI
●HDMI
●TC入力/TC出力(切替式)
●オーディオ用XLR入力
●Built-in Wi-Fiモジュール
●USB type-C
●マルチインターフェースシュー
●USB microB
●リモート端子(LANC)

* 対応外部レコーダーが必要です(別売)

幅広い撮影シーンに対応する4ch オーディオ収録

高音質24bit/48kHzによる4チャンネルの音声収録に対応。外部オーディオレコーダーなどを接続せずカメラ本体だけで、たとえば
・XLR入力(2ch)+MIシュー対応ワイヤレスレシーバー(2ch)(別売ワイヤレスマイクロホンシステム UWP-D21/D22使用時)
・XLR入力(2ch)+MIシュー対応XLR入力アダプター(2ch)(別売XLRアダプター XLR-K3M使用時)
・XLR入力(2ch)+内蔵マイク(2ch)
などの組み合わせで収録でき、幅広い撮影シーンに対応できます。

また、サイドパネルに搭載した独立型ボリュームダイヤルにより、CH1、CH2の録音レベルをダイレクトにマニュアル調整できます。CH3、CH4の録音レベルは、オーディオステータス画面のタッチ操作やマルチファンクションダイヤル操作・マルチセレクター操作でマニュアル調整が可能です。ヘッドホン端子および内蔵スピーカーのモニター出力音声レベルも同様に、オーディオステータス画面で調整できます。これらはフルメニューのAudioメニューでも調整可能です。

フレキシブルでタッチ操作可能な高解像度液晶パネル

3.5型液晶パネル(画素数1280×720)をさまざまな角度に調節可能。これにより、アングルを選ばず映像の確認が容易に行えます。また、角度調整に加えて、ハンドルに3カ所、本体に2カ所、液晶パネル取付用ネジ穴を配置。撮影シーンに合わせて、液晶パネルをさらに自由自在に取付可能になりました。さらに、液晶パネルの取付台座も長くなり、よりきめ細やかな液晶パネルの位置調節が可能になりました。自由自在に取付・調節可能なだけでなく、しっかりと液晶パネルをホールドすることもできます。また、タッチパネルを採用することで、撮影設定などを直感的に変更することが可能です。

直感的な設定変更を実現したユーザーインターフェース

FX6では、タッチパネルの採用とユーザーインターフェースの改善により、確認頻度の高い設定内容を表示するステータス画面から、直接設定を変更することができます。本体のMENUボタンを押すことで、ステータス画面が表示され、スイッチ類で設定できないような設定も、タッチ操作で設定することが可能です。これにより、代表的な設定は従来の詳細メニューで設定を変更する必要がなくなり、直感的な設定変更を実現しました。また、本体のMENUボタンを長押しすることで、従来の詳細メニューも引き続き使用可能です。

CFexpress Type A メモリーカードに対応したデュアルスロット

CFexpress Type A メモリーカードとSDXCメモリーカードに対応したデュアルスロットを採用(*1)。スロットA(上)、スロットB(下)ともに、新メディアCFexpress Type A メモリーカードとSDXCメモリーカード UHS-II/UHS-Iの両方に対応しました。大容量のデータをより高速で記録することができます。特に CFexpress Type A メモリーカードは、高ビットレート4K動画に最適な次世代メディアです。その高速書き込み処理性能により、進化し続けるカメラの動画の膨大なデータ処理においても、カメラのバッファーをいち早く開放し、ゆとりある撮影を実現します。また、同時記録(*2)、リレー記録、インターバルレック、Proxy記録も可能です。

*1 CFexpress Type B メモリーカードはお使いいただけません
*2 同時記録は2枚のカードに同一フォーマットで記録されます
※ スロー&クイック、スーパースローモーション設定時はインターバル記録、同時記録、リレー記録非対応です
※ CFexpress Type A メモリーカード・SDメモリーカード・バッテリーは別売です

多彩なネットワーク機能

使用環境に応じて、カムコーダーをさまざまな方法でネットワークに接続して運用できます。

・無線LAN(Wi-Fi)接続
・有線LAN接続
・USBテザリング接続(LTE 4G/5G)

高速処理に活用できる手ブレ情報メタデータ

撮影時の手ブレ情報をメタデータとして収録ファイルに付加。Catalyst Browse/Prepare(*1)で活用することにより、手ブレ補正処理を短時間・高精度に行うことができます。たとえば、フルHD 60p収録で6秒のクリップであれば、約0.1秒(*2)の高速処理が可能です。

*1 Catalyst V2020.1以降にてサポート
*2 当社測定環境での実測値です。環境により異なります
※ 手ブレ情報メタデータはソニー製Eマウントレンズ使用時に光学手ブレ補正機能をOffにした時に生成されます
※ 解像度の低下と撮影範囲の減少があります

ソニーストアで購入すると

ソニーストアはメーカー保証内容<3年>付き

798,600 円(税込) 〜
カタログPDFダウンロード
プロフェッショナルカムコーダー サイトマップ
プロフェッショナルカムコーダー
Cinema Line カメラ