商品情報・ストアビデオプロジェクターMP-CD1

約5秒で起動。ビジネスシーンで活用できる、手軽に持ち運べるモバイルプロジェクター

約5秒で起動。ビジネスシーンで活用できる、手軽に持ち運べるモバイルプロジェクター

MP-CD1
モバイルプロジェクター
MP-CD1
オープン価格

付属:HDMIケーブル、USB-Cケーブル、USB-Cアダプターケーブル、本体ケース

※ USB Type-C(TM)とUSB-C(TM)はUSB Implementers Forum,Inc.の商標です

関連コンテンツ

ソニーストアで購入すると
45,880 円+税
特長
モバイルプロジェクター:LifeStyle編【ソニー公式】
モバイルプロジェクター:製品紹介編【ソニー公式】

持ち運びに適したスリム&コンパクト設計

幅83.0×厚さ16.0×高さ150.0(mm)のコンパクト設計。携帯しやすく、手軽に画像を投写できます。また、バッテリー内蔵で、小型ながらも効率的な放熱構造により、本体内部温度の上昇を抑え、約280gという軽さを実現しています。

約5秒で立ち上がるクイックスタート

プロジェクターの電源を入れてから画像が投写されるまで約5秒。LED光源とDLPモジュールが速やかに駆動する効率的な設計で、すぐに大画面で画像投写が可能です。会議やプレゼンテーションなど、ビジネスシーンで快適に使用できます。

明るさ105ANSIルーメン

筐体を含めソニー独自の輝度最適化設計で105ANSIルーメン(*)の明るさを実現。プロジェクターモジュールにはTexas Instruments社(TI)のDLPを採用。IntelliBright技術でリアルタイムに画像コンテンツを解析し、画像の輝度/コントラストを向上させ、電力消費も最小限に抑えることが可能です。

* ANSIルーメンとは、ANSI(American National Standards Institute):米国国家規格協会が定めた、液晶プロジェクターなどの照明器具の明るさを表す単位です。画面を縦横三分割して九つの領域に分け、それぞれの明るさの平均を求めたものです(イメージ図参照)

リチウムイオンバッテリー搭載で約2時間の連続投写が可能。また投写中でも他の機器に電源供給が可能

■5000mAhのモバイルバッテリー搭載
約2時間(*1)の連続投影が可能な5000mAhのバッテリーを搭載。本体充電用端子には最大3.0A対応のUSB Type-Cを搭載し、約2.5時間(*2)でフル充電できます。
■USB機器への給電機能
ソニーが培ってきたモバイルバッテリー(USBポータブル電源)技術を生かし、投写中でも、スマートフォンなどの他のUSB機器に充電ができます。(*3)(*4)

※ 投写のイメージです
※ 投写のイメージです

*1 弊社試験結果に基づく目安です。実際の投写時間は接続機器および使用条件により異なります
*2 3.0A対応ACアダプター使用時
*3 MHLケーブル接続時は充電不可
*4 電源供給可能な機器はモバイルバッテリーCP-V5BAと同等です
※ USB Type-C(TM)とUSB-C(TM)はUSB Implementers Forum,Inc.の商標です

モバイルバッテリー機能を使用したその他の使い方

モバイルバッテリー機能を使用してワイヤレスディスプレイアダプターに給電を行いながら使用することで、お使いのスマートフォンやタブレットなどとワイヤレス接続することができます。

※ 投写のイメージです
※ 投写のイメージです

※ ワイヤレスディスプレイアダプターは別売り品になります

その他の特長

主な仕様
ソニーストアで購入すると
45,880 円+税
カタログPDFダウンロード
ビデオプロジェクター サイトマップ
ビデオプロジェクター
超短焦点プロジェクター
4K超短焦点プロジェクター
モバイルプロジェクター