商品情報・ストアビデオプロジェクターVPL-VW315特長 : 多彩な画質調整と便利機能
特長 : 多彩な画質調整と便利機能

2D/3D専用の設定がおこなえる「9種類のピクチャープリセット」

■シネマ フィルム1:最高画質といわれるマスターポジフィルム(ダイナミックレンジの広い、透明感のある画質)を再現する画質設定です。
■シネマ フィルム2:シネマ フィルム1をベースに色調を変え、実際の映画館の映像美を再現する画質設定です。
■リファレンス:コンテンツのもつ画質そのものを忠実に再現したい場合や、調整のない素直な画質を楽しむのに適した画質設定です。
■TV:テレビ番組やスポーツ、コンサートなどのビデオ映像に適した画質設定です。
■フォト:デジタルカメラなどの静止画に適した画質設定です。
■ゲーム:ゲーム用にメリハリのある色再現や応答性に優れた画質設定です。
■ブライトシネマ:リビングルームなどの明るい環境で、映画を見るのに適した画質設定です。
■ブライトTV:リビングルームなどの明るい環境で、テレビ番組やスポーツ、コンサートなどのビデオ映像を見るのに適した画質設定です。
■ユーザー:お好みに合わせた画質に調整、設定し、保存できます。お買い上げ時は「リファレンス」と同じ設定になっています。

きめ細かな画質調整が可能な「11種類のガンマモード」

従来の3管式プロジェクターの画質調整機能を継承。より高度な画質チューニングを可能にする11種類(10種類+OFF)のガンマモードを搭載しました。これにより、映像コンテンツや部屋の視聴環境に合わせて、画質をきめ細かくつくりこめます。

■ガンマ1.8-2.6:映像の明るさが「明⇔暗」で定量的に変化していきます。
■ガンマ7:暗部を引き締めたメリハリのある画質になります。
■ガンマ8:「ガンマ7」をより明るくした画質になります。リビングルームなどの少し明るめの環境でご覧になる場合に選択してください。
■ガンマ9:「ガンマ8」をより明るくした画質になります。
■ガンマ10:メリハリのある画質になります。リビングルームなどの少し明るめの環境でTV番組などをご覧になる場合に選択してください。
■切:ガンマ補正を行いません。

4K放送に対応するためのHDCP2.2対応端子(*)を含め、HDMI入力端子を2系統装備

4K放送に対応するためのHDCP2.2対応端子(*)を含め、HDMI入力端子を2系統装備。4Kメディアプレーヤー「FMP-X7」(別売)を接続すれば4K放送や4K配信など、さまざまな4Kコンテンツが楽しめます。

* HDCP2.2の対応端子は「HDMI2」入力です

高画質4Kテクノロジーを設置性に優れたコンパクトボディに凝縮

VPL-VW1100ESのレンズ周囲のゴールドの造形など高品位なデザインエッセンスを受け継ぎながら、本体カラーはリビングに馴染むプレミアムホワイトを採用。光の反射を抑えるために前面もマット仕上げの塗装を行いました。容積はVW1100ESから約33%削減(*)。光学エンジンのレイアウトを最適化することで、光の利用効率悪化による画質低下を招くことなく、屈曲光学系採用によるコンパクト化を実現しました。また、内部の空気を逃がす排気口を前面に配置し背面は吸気口のみとすることで、壁に近い位置での設置が可能。さらに、ランプ交換口をボディ天面に配置することで天吊り状態でのランプ交換も可能にするなど、設置性・メンテナンス性に配慮した筐体設計となっています。

* VPL-VW1100ESとの比較

セッティングの幅を広げるレンズシフト機能と2.06倍ズームレンズ

2.06倍の電動ズームを搭載し、部屋のスペースに応じて投写距離をフレキシブルに調整できます。また、レンズシフトにより本体の設置場所はそのまま、投写画面を上下左右に移動できます。

■垂直方向(上)85%/(下)80%:スクリーンの高さの85%をスクリーンセンターから上に、80%をスクリーンセンターから下に動かすことが可能。
■水平方向31%:スクリーンの幅の31%をスクリーンセンターから左右に動かすことが可能。

低遅延でストレスなくゲームを楽しめる「遅延低減モード(*)」

画像処理で発生する映像遅延を短縮することで、ストレスのない快適なゲーム体験を実現。シビアなタイミングが要求されるゲームであっても、プレイヤーの意図をダイレクトにプレイに反映することが可能です。

* 画質設定のエキスパート設定内、遅延低減モード「入」時

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

カタログPDFダウンロード
ビデオプロジェクター サイトマップ
ビデオプロジェクター
ビデオプロジェクター