商品情報・ストアビデオプロジェクターVPL-VW500ES特長 : 多彩な画質調整機能
特長 : 多彩な画質調整機能

色バランスのズレを自動で補正する「オートキャリブレーション」機能

長時間使用する中で、プロジェクターの色バランスには少しずつズレが発生していきます。それを補正するのが新搭載の「オートキャリブレーション」機能です。本体に内蔵されたカラーセンサーが投射光を解析し、初期状態からの色バランスのズレを判定。本体メニュー画面から「オートキャリブレーション」→「調整」を選択するだけで、ホワイトバランスなどカラーマネジメントを補正します。別売の光学センサーやパソコン等は不要なため、手間なく簡単に高品位な4K映像をご堪能いただけます。また、「プリチェック」機能により色のズレ度合を数値で確認できるため、キャリブレーションが必要な状態かを確認することも簡単です。

2D/3D専用の設定がおこなえる「9種類のピクチャープリセット」

■シネマ フィルム1:最高画質といわれるマスターポジフィルム(ダイナミックレンジの広い、透明感のある画質)を再現する画質設定です。
■シネマ フィルム2:シネマ フィルム1をベースに色調を変え、実際の映画館の映像美を再現する画質設定です。
■リファレンス:コンテンツのもつ画質そのものを忠実に再現したい場合や、調整のない素直な画質を楽しむのに適した画質設定です。
■TV:テレビ番組やスポーツ、コンサートなどのビデオ映像に適した画質設定です。
■フォト:デジタルカメラなどの静止画に適した画質設定です。
■ゲーム:ゲーム用にメリハリのある色再現や応答性に優れた画質設定です。
■ブライト シネマ:リビングルームなどの明るい環境で、映画を見るのに適した画質設定です。
■ブライトTV:リビングルームなどの明るい環境で、テレビ番組やスポーツ、コンサートなどのビデオ映像を見るのに適した画質設定です。
■ユーザー:お好みに合わせた画質に調整、設定し、保存できます。お買い上げ時は「リファレンス」と同じ設定になっています。

きめ細かな画質調整が可能な「11種類のガンマモード」

従来の3管式プロジェクターの画質調整機能を継承。より高度な画質チューニングを可能にする11種類(10種類+OFF)のガンマモードを搭載しました。これにより、映像コンテンツや部屋の視聴環境に合わせて、画質をきめ細かくつくりこめます。

現在 ソニーストアでの取り扱いのない商品です

カタログPDFダウンロード
ビデオプロジェクター サイトマップ
ビデオプロジェクター
ビデオプロジェクター