商品情報・ストアビデオプロジェクターVPL-VW855特長 : ソニー独自の「データベース型超解像処理LSI」
特長 : ソニー独自の「データベース型超解像処理LSI」

「データベース型超解像処理LSI」と「デジタルフォーカスオプティマイザー」

ソニー独自の「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載。入力された映像ソースをリアルタイムで解析し、数千パターンに分類。データベース上に存在する最適な画像(絵柄)と照合し、オリジナルの映像信号がもつ質感やディテール感、さらに、映像データの編集や伝送で失われてしまった情報までも復元します。また、VPL-VW855では、リアリティークリエーションの超解像に加え、デジタル処理でMTF(*)を向上させるデジタルフォーカスオプティマイザーを搭載。スクリーンに投写される際に発生する光学的な収差をレンズプロファイルに基づき事前に補正、最適化し、映像本来の美しさをより忠実に再現。画面のすみずみまで精細感あふれる理想的な4K映像を提供します。

* MTF:Modulation Transfer Functionはレンズ性能を評価する指標のひとつ

オリジナル4Kマスターに近い映像を楽しめる「Mastered in 4K」モード搭載

ソニーピクチャーズの発売する高画質ブルーレイソフト「Mastered in 4K」ブルーレイ(*)。4K解像度の高画質マスターファイルをソニー独自のフィルターにより、高ビットレート・広色域情報を保持しながらフルHD解像度にダウンコンバートしオーサリングしたものです。VPL-VW855では「Mastered in 4K」ブルーレイ(*)の2Kデータを4Kへアップスケーリングする際に、オーサリング時と同一のフィルターを使用する「Mastered in 4K」モードを搭載。ダウンコンバートとアップスケーリングを同じフィルターで処理することにより、オリジナル4Kマスターに限りなく近い高品位な映像クオリティーで楽しめます。

* ディスクの販売状況に関しては、発売元にご確認ください

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
ビデオプロジェクター サイトマップ
ビデオプロジェクター
超短焦点プロジェクター
4K超短焦点プロジェクター
モバイルプロジェクター