商品情報・ストアコンポーネントオーディオSS-CSE特長 : 特長
特長 : 特長

オブジェクトオーディオを手軽に楽しむためのDolby Atmos(R)イネーブルドスピーカー

SS-CSEは従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報を加えたオブジェクトオーディオを手軽に楽しむための、 Dolby Atmos(R)イネーブルドスピーカーです。オブジェクトオーディオをご家庭で再生するためには、対応するAVアンプに加えて高さ方向の音を再現するためのトップスピーカーが必要です。Dolby Atmos(R)イネーブルドスピーカーは、天井にスピーカーを設置することが困難な場合でもフロントスピーカーの上に置くだけで、天井反射を利用してトップスピーカーを設置した時のような高さ方向の音を再現できるスピーカーです。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間を手軽に構築できます。

※ Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Vision、“AAC” ロゴおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です

CSシリーズとしてのデザインと音響思想の統一

SS-CSEはCSシリーズのデザインと音響思想を踏襲して設計されています。リビングのインテリアに溶け込むようなシンプルなデザインで、薄型テレビやAVアンプとも美しく調和します。ベーシックモデルでありながら細部まで吟味を繰り返して仕上げた、上質なスピーカーシステムです。非常にコンパクトな筐体でお持ちのフロントスピーカーの上や壁などにも設置しやすく拡張性に富んでおり、最新のオブジェクトオーディオを楽しみたい方からサラウンドスピーカーをお探しの方まで幅広くお使いいただけます。

壁掛け対応による拡張性

SS-CSEは壁掛けスピーカーとして設置していただくことも可能です。例えばTVの上にフロントハイスピーカーとして設置するなど、Dolby Atmos(R)イネーブルドスピーカー以外の用途に使用することも可能です。

「Dolby Atmos(R)」のポテンシャルを引き出す高品位設計

豊かな音響のためのキャビネット設計

SS-CSEはCSシリーズの音響思想を継承し、Dolby Atmos(R)の音響効果を最大限に発揮するよう設計されています。エンクロージャーの響きをコントロールするために、ユニットの背圧やエンクロー ジャー内部で発生する定在波を抑制する「吸音」と、エンクロージャーそのものの振動を抑制する「制振」のそれぞれで吸音材の種類や位置、補強の入れ方まで何度も試作と試聴を繰り返すことで最適に調整しています。

音響的に優れたMDF材をエンクロージャーに採用

エンクロージャの素材は、音響的に優れているMDF材を使用しています。さらに、試聴を繰り返し補強を適切に施すことでエンクロージャの剛性を高めています。また、左右の側板の厚みを変えることで、イネーブルドスピーカーとしての広い空間再現性を実現しました。

ソニー独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を採用した100mmのユニット

SS-CSEにはなめらかさと力強さを両立するソニー独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を振動板に採用。滑らかでエネルギーある音質を実現するために、振動板のベース材と表層を異なる種類のMRCを組み合わせる2層抄紙(しょうし)技術で実現しています。ベース材には発泡倍率が高く軽量で剛性の高い第一世代MRCを使用することでキレのある引き締まった低音を実現し、表層の素材には発泡倍率が低くしなやかで素直な音質の二世代MRCを使用することで、クリアで立ち上がりの良い音質を実現しています。また、SS-CS3、CS5、CS8と同じ振動板素材を使用することでサラウンド音場の重要な要素である音色の統一感を実現しています。

SS-CSE 特長
カタログPDFダウンロード
コンポーネントオーディオ サイトマップ
コンポーネントオーディオ
HDDオーディオプレーヤー
ステレオアンプ
マルチチャンネルインテグレートアンプ
レコードプレーヤー
デジタルミュージックプレーヤー
ヘッドホンアンプ