商品情報・ストアサイバーショットDSC-QX100特長 : 多彩な撮影機能と優れた基本性能
特長 : 多彩な撮影機能と優れた基本性能

こだわりの表現ができるマニュアル撮影モード

シャッタースピードと絞り値を自動設定する「プログラムオート(P)」と、絞り値を設定できる「絞り優先(A)」「シャッタースピード優先(S)(*)」のマニュアルモードに対応。自分の意図を反映して本格的な撮影が楽しめます。

* ファームウェアアップデート対応
※ 撮影シーンや条件により補正の効果は変わります

暗いシーンでも、とびきりキレイに撮れる「プレミアムおまかせオート」

シーンや撮影者の状況に合わせて、最適な設定に自動調整してくれる「プレミアムおまかせオート」。最大ISO25600(*)に対応しています。暗いシーンでは、高速・高精度な画像処理によって最大6枚の連写画像を重ね合わせてノイズを低減。さらに、新たな信号処理技術により、暗所での画質が向上しています。また、逆光シーンでも、明るさ(露出)を変えた3枚の連写画像を重ね合わせ、白とびや黒つぶれを抑えて自然な一枚に仕上げます。

* 重ね合わせ連写を使って実現しています

シーン認識にも対応した動画撮影機能

MP4 16M(1,920×1,080/30fps)(*)の動画撮影が可能です。44パターンのシーンを自動で認識し、カメラの設定を最適にする「プレミアムおまかせオート」にも対応しているので、夜景や逆光など撮影が難しいシーンも、より美しく動画で残せます。

* ファームウェアアップデート対応

動画撮影時のブレを抑える「光学式手ブレ補正(アクティブモード)」

「光学式手ブレ補正(アクティブモード)」(*1)を搭載。これまでの光学式に加え、電子式の手ブレ補正を併用することにより、テレ端での補正性能がアップしました。歩きながらの撮影や、ズーム時の撮影でも、ブレを抑えて鮮明な映像を残せます。

*1 電子式併用
*2 スタンダードモード時と比較
※ 縦・横方向の手ブレ補正。歩行中の撮影では、ワイド端に近いほど、手ブレ補正効果が高くなります

クリアな音声を記録するステレオマイク

小型ボディに音声記録用ステレオマイクを内蔵。映像をクリアな音質とともに残せます。

表現に合わせて色彩を調整できるホワイトバランス

カメラがシーンの光源を自動で判定して、目で見たイメージに近い自然な色合いを再現する「オートホワイトバランス(AWB)」をはじめ、光源に合わせて選べる「太陽光」「電球」「蛍光灯」や、赤みや青みを強調できる「色温度」など、10種類のモードから選択できます。

イメージに合った露出が得られる露出補正

スマートフォンでは設定できない露出補正も、QX100なら設定可能です。-3EVから+3EV間で1/3EVステップの補正ができます。

撮影シーンに応じて選べるフォーカスモード

フォーカスモードは「オートフォーカス」のほか、手動でピントを合わせる「マニュアルフォーカス(MF)」に対応。さまざまな撮影シーンに応じて選択できます。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット サイトマップ
大型センサーモデル
高倍率ズームモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
スタイリッシュコンパクトモデル