商品情報・ストアビデオプロジェクターVPL-VW1100ES特長 : 優れた光学性能
特長 : 優れた光学性能

4Kデジタルシネマの技術を生かした4K解像度専用設計「ARC-F」レンズ搭載

4Kプロジェクターの高解像度な映像を正確に投写するには、レンズや光学ブロックの精度も重要になります。フルHD“SXRD”プロジェクターレンズ技術と4Kデジタルシネマ用レンズ技術を融合させて大口径4K「ARC-F(All Range Crisp Focus Lens)」レンズを開発しました。レンズの数は4Kデジタルシネマ用プロジェクターと同様の18枚使用し、フローティングフォーカス方式を採用。フォーカス時に2つのレンズ群を可動させることで、画面の中心部から周辺部、また、近距離投写時から遠距離投写時まで安定した結像性能を実現しました。さらに、4Kパネルアライメント技術の採用に加え、レンズ素材には、緑/青/赤の屈折率の違いを考慮した特殊低分散ガラスを使用。色にじみの少ない鮮明な結像が得られます。「4K“SXRD”」の画素間ピッチ4μmという緻密な画素からの映像も忠実に解像して投写画面のすみずみまで高品位な映像を再現します。

2,000lm(ルーメン)の高輝度を実現

輝くような赤、深みのある緑、抜けのよい白など、自然な色をありのままに描きだすためには、光源となるランプにも高い性能が求められます。VPL-VW1100ESでは、高い光の利用効率を誇る「4K“SXRD”」やハイパワーな330W高圧水銀ランプの採用により、2,000lm(ルーメン)という豊かな光量を確保。この余裕ある光量により、大型スクリーンでの力強い映像表現と純度の高い色再現が可能に。迫力とリアリティーに満ちた4K映像を描きだします。また、輝度レンジを変更することにより、部屋の明るさや、各種コンテンツに応じたさまざまな設定で4K映像をお楽しみいただけます。

映像のダイナミックレンジを拡大する「アドバンストアイリス3」

「アドバンストアイリス3」では、映像の白から黒への比率を識別してアイリスを絞ることで、ランプからの光量を映像に合わせ適切に調整します。たとえば光量を下げた場合でも、ピーク輝度を電気処理によりもとの白ピークレベルまで補正。この電気処理によりさらに深い黒を再現することができ、映像のダイナミックレンジを拡大しました。また、高いコントラスト性能を持つ「4K“SXRD”」や「ハイコントラストプレート」などの組み合わせにより、高コントラスト比を実現。被写体の立体感やディテール、映像の奥行き感をリアルに表現します。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

カタログPDFダウンロード
ビデオプロジェクター サイトマップ
ビデオプロジェクター
超短焦点プロジェクター
モバイルプロジェクター