商品情報・ストアポータブルオーディオプレーヤー ウォークマンNW-A20シリーズ特長 : 高音質を実現する本体設計
特長 : 高音質を実現する本体設計

音質を追求した、高音質化設計

ZXシリーズや、ポータブルヘッドホンアンプPHA-2と同様の技術手法を採用するなど、ハイレゾ対応オーディオプレーヤーとして音質を徹底的に追求。ケーブルや基板、本体フレームなどに選び抜いたパーツを多数採用しました。こだわりの高音質化設計により、ハイレゾ音源だけでなくさまざまな音源を高音質再生できます。

素材を見直し、さらに品質が向上した「高純度無鉛高音質はんだ」を採用

ハイエンドオーディオ用にソニーが独自開発した「高純度無鉛高音質はんだ」を採用。NW-A10シリーズに採用されていたものと比べ、素材を見直し金属結晶の品質をさらに高めたことにより、低域、中域、高域の自然なバランスに加えて、臨場感がより豊かになりました。

低抵抗ケーブルを採用し、重厚な低音を実現

すべての高音質を支える電源部を強化。電池部に通常より断面積が1.5倍ある抵抗が低いケーブルを採用。ハイエンドモデルのZXシリーズと同様の技術手法を用いることで、力強く、重厚な低音を実現しました。

厚膜銅箔プリント基板で、濁りのない音色に

プリント基板に、ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2と同じ技術手法を採用。電源基板に伝導率がよく、安定した電源供給が可能な、従来より約2倍の厚さの厚膜銅箔プリント基板を使用しています。ボーカルの定位の向上や、広々とした空間表現、濁りのない音色を再現します。

プリント基板にフィルドビア(Filled VIA)構造を採用

プリント基板のVIA部分を銅メッキで穴埋めすることで電源の安定、配線インピーダンスの低減をはかり、より引き締まった低音と伸びやかな高音、透明感のあるボーカルを再現します。

コンデンサーに「POSCAP」を採用し、透明感のある音質に

フルデジタルアンプ「S-Master HX」の電源に、従来のセラミックコンデンサーではなく「POSCAP」を採用。NW-ZX1でも採用されている「POSCAP」は、低音から高音まで安定して良質な電力を供給できるので、ノイズが少なく透明感のある音質を可能に。

※ 「POSCAP」は三洋電機の登録商標です

本体フレームにアルミダイキャストを使用し、安定した音質を実現

アルミダイキャストフレームを使用することで高い剛性を確保。電気的なノイズなど不要な外乱に強い構造のため、ノイズが入りにくく、安定した音質を実現。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン サイトマップ
ウォークマン