商品情報・ストアデジタルビデオカメラ ハンディカムFDR-AX700特長 : 多彩な撮影機能
特長 : 多彩な撮影機能

プロの“こだわり”に応える多彩な撮影機能

「4K HDR」撮影に対応

広いダイナミックレンジの、人が見たままのイメージに近い映像を残すことができる4K HDR記録HLG(Hybrid Log-Gamma)方式(*)に、ソニーの民生用カムコーダーで初めて対応しました。撮影後のポストプロダクションに時間をかけることなくカメラ本体をHDR(HLG)対応ソニー製テレビにUSBで接続するだけで、簡単にHDRコンテンツを楽しめます。

* 3,840×2,160画素。HDR映像をテレビで表示する場合は、HDR(HLG)対応ソニー製テレビと本機をUSB接続してご覧ください

遅回し・早回し撮影を可能にする「スロー&クイックモーション(*)」

4K動画撮影でのスローモーションとクイックモーションの撮影を実現。撮影フレームレートを1fpsから30fpsまでの6段階から選択でき、最大30倍までのクイックモーションと、最大1.25倍までのスローモーションを最大100Mbpsで記録できます。また、フルHDなら、撮影フレームレートを1fpsから120fpsまでの8段階から選択でき、最大60倍までのクイックモーションと、最大5倍までのスローモーションを最大50Mbpsで記録できます。

* 音声記録できません。スロー&クイックモーション撮影時にはUHS-I(U3)のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

最大960fps(40倍)の「スーパースローモーション(*)」

積層型CMOSセンサーにより、最大960fps(40倍)のスーパースローモーション(*)撮影を実現。撮影フレームレート(240fps、480fps、960fps)と記録設定(24p、30p、60p)をそれぞれ指定することで、10倍-40倍のスーパースローモーション(*)が撮影可能です。

* 4K記録・音声記録はできません。Class10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

カメラ本体で映像のトーンを調整できる「ピクチャープロファイル」

映像の特性を決めるガンマカーブ、ブラックレベル、発色などのパラメーターを調整できるピクチャープロファイルを搭載。映像作品全体のトーンをカメラ本体で作りこめます。設定したパラメーターは他の設定項目と合わせて、カメラ本体に最大10パターンまで保存可能。また、「カメラプロファイル」を使用すれば、ピクチャープロファイルを含めた設定をメモリーカードに記録できます。

S-Gamut3.Cine/S-Log3、S-Gamut3/S-Log3に対応

幅広いダイナミックレンジでの撮影を可能にするS-Log3、S-Log2ガンマを新搭載。ポストプロダクションでのカラーグレーディングにより、さまざまな動画表現が楽しめます。色域はS-Gamutから色再現性に改善を加えたS-Gamut3に加え、フィルム撮影のネガフィルムをスキャンしたものに近づけて設計されたS-Gamut3.Cineにも対応しています。デジタルシネマの色域であるDCI-P3より広く設定されたS-Gamut3.CineとS-Log3を組み合わせれば、DCI-P3や709ビデオカラースペースをターゲットにしたカラーグレーディングが容易です。用途に応じてS-Log2/S-Gamutも選択可能。S-Log3設定時は14ストップという再現域を確保しています。

※ S-Log2またはS-Log3はグレーディング(撮影後の画像加工処理)をすることが前提の機能です。詳しくはクリエイターズヘルプガイドをご参照ください

「タイムコード/ユーザービット」対応により、高度な映像編集をサポート

編集時に役立つタイムコードの設定、ユーザービットの入力機能を搭載。タイムコードを使用して複数の動画ファイルを正確に同期させるなど、高度な映像編集が可能。業務用カメラでは一般的なSDI信号と同等の取り扱いをHDMIで行えます。

※ XAVC S/AVCHDのみ

オリジナルファイルと低解像度プロキシーファイルの同時記録ができる「プロキシー記録」

4K動画を撮影しながら、同時に低解像度でデータの軽い「プロキシーファイル」を同時記録できます。撮影後、「プロキシーファイル」を利用して素材確認や映像編集を行えば、負荷を減らした効率のよい作業ができます。

フィルム映画のような「24pネイティブ記録対応」

フィルム映画と同じ24フレーム/秒のフレームレートを採用した「24pネイティブ記録」に対応。まさにフィルムテイストの味わい深い映像が得られます。

※ フレームレートを24pに設定しているときは、動画撮影モードで静止画を撮影できません

暗闇でもライトをつけずに撮影できる「ナイトショット」

ナイトショット機能なら、赤外線を使って暗闇でも被写体を撮影できます。

進化した「ゼブラ機能」

露出確認の難しいS-Log収録時などで露出合わせがしやすいようにゼブラ機能が進化。従来の設定に加えて、カスタム1とカスタム2設定を追加し、露出確認用と白とび確認用の登録が可能です。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルビデオカメラ Handycam ハンディカム サイトマップ
4K/HDカムコーダー
ハイビジョン“ハンディカム”[AVCHDモデル(HDD、メモリーなど)]
ハイエンドカムコーダー
ハイエンドカムコーダー
レンズ交換式
レンズ交換式デジタルHDビデオカメラレコーダー