商品情報・ストアデジタルビデオカメラ ハンディカムFDR-AX700特長 : さらなる高画質化
特長 : さらなる高画質化

4K(*1)動画撮影を、さらに高画質化するキーデバイス

信号処理速度が飛躍的に向上した「1.0型積層型Exmor RS CMOS(エクスモア アールエス シーモス)センサー」

高速信号処理回路を画素領域とは異なる層に記録する「積層構造」を採用。これにより信号処理のスピードが飛躍的に向上し、高速なデータ読み出しを実現しました。また、画素加算のない全画素読み出しによる4K動画記録(*2)に対応。4Kならではの高精細さはもちろん、美しいボケ味のある映像や、低照度環境下でもノイズの少ない映像を実現しました。

*1 3,840 x 2,160
*2 XAVC S(TM)記録方式での動画撮影時は、Class10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。100Mbps記録、スロー&クイックモーション撮影時にはUHS-I(U3)のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

画素加算のない全画素読み出しによる高解像4K動画記録(*)

画素加算のない全画素読み出しによる4K動画記録(*)に対応し、4K映像に必要な画素数の約1.7倍の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力します。このオーバーサンプリング効果により、モアレやジャギーが少なく、解像感の高い4K動画画質を実現しています。

* XAVC S(TM)記録方式での動画撮影時は、Class10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。100Mbps記録、スロー&クイックモーション撮影時にはUHS-I(U3)のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

さらに進化した高速画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」

圧倒的な高速処理性能で、自然な質感を細部まで見たままに再現する「ディテールリプロダクション技術」や、絞り込んでも解像感を損なわない「回折低減処理」、暗所でも高い解像感を維持したままノイズを抑える「ノイズリダクション」などの高度な画像処理を実現。高感度・低ノイズも実現し、高感度撮影時も高解像度で美しく描き出します。

「フロントエンドLSI」が画像処理をサポート

「BIONZ X(ビオンズ エックス)」の処理をサポートする「フロントエンドLSI」を搭載し、画像処理システムを最適化することで、さらなる高速化と高画質を実現。加算なし全画素読み出しの4K動画100Mbps記録を可能にしました。また、高感度撮影時の解像感の向上も図り、美しい映像を描き出します。

景色や被写体をより美しく捉える「ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズ」

4Kの高精細な描写を実現するために開発された大口径「ZEISS バリオ・ゾナーT*」レンズを採用。ソニー独自開発の薄型非球面レンズ「AA(advanced aspherical=高度非球面成型)レンズ」と「ED(特殊低分散)レンズ」を含む11群17枚のZEISSレンズを組み込むことで、レンズ周辺部においても高い解像度を実現。29mm(*)の広角撮影や光学12倍ズーム撮影も可能です。

* 35mm換算アクティブモードOFF時16:9の時

色にじみ低減

高コントラスト

小型化

美しいボケ感

卓越した描写性能を実現する「ZEISS(ツァイス)T*(ティースター)コーティング」

ZEISS社の最高級・多層膜コーティング技術を施し、これによりゴーストやフレアなどの不要な反射光を極限まで抑え、高画質でクリアな画像を表現します。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルビデオカメラ Handycam ハンディカム サイトマップ
4K/HDカムコーダー
ハイビジョン“ハンディカム”[AVCHDモデル(HDD、メモリーなど)]
ハイエンドカムコーダー
ハイエンドカムコーダー
レンズ交換式
レンズ交換式デジタルHDビデオカメラレコーダー