商品情報・ストアサイバーショットDSC-RX0特長 : 表現の幅を広げる多彩な撮影機能
特長 : 表現の幅を広げる多彩な撮影機能

プロのような映像表現を可能にする最大960fps(40倍)のスーパースローモーション(*)

新開発の積層型CMOSセンサーの搭載により、最大960fps(40倍)のスーパースローモーション(*)が可能に。プロ用の動画機器でしかできなかった撮影が、RX0のコンパクトボディで実現します。スローモーション動画ならではのクリエイティブな映像表現が、「HFR」モードを選ぶだけで手軽に楽しめます。

* 音声は記録できません。Class10以上のmicroSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

フレームレートやフォーマットの選択が可能

録画スタートのタイミングは、従来通りのMOVIE(動画)ボタンを押してから記録を開始する「スタートトリガー」に加え、MOVIE(動画)ボタンを押した瞬間から時間をさかのぼり一定の時間を記録することができる「エンドトリガー」も選択可能。「エンドトリガー」なら、予測のできない一瞬の動きなど、撮影チャンスを逃しません。また、撮影フレームレートは960fps/480fps/240fpsから、記録フォーマットは60p/30p/24pから選択でき、被写体のスピードに合った最適な倍率で記録できます。画質設定は、画質優先(約2秒)/撮影時間優先(約4秒)の2種類から選択可能。「画質優先モード」で240fpsに設定した場合はフルHD相当、480fpsに設定した場合はHD相当など、高画質なスローモーション動画が楽しめます。

※ 音声は記録できません。Class10以上のmicroSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。撮影時はフォーカス、露出モード、フォーカスエリア、フレームレート等の撮影設定は固定されます

最高1/32000秒、高速で動く被写体がゆがみにくい「アンチディストーションシャッター」

センサーからの高速読み出しにより、高速な被写体を撮影した際に起こりやすい、動体ゆがみを飛躍的に低減します。画素領域の上部から下部までを従来比5倍以上(*)のスピードで高速にスキャンすることで、画面上下の読み出しタイミングの差を縮小。被写体の動きがスキャンスピードを上回る場合に発生する、動体ゆがみ(ローリングシャッター現象)を低減する電子シャッターを実現しました。さらに、最高1/32000秒のシャッタースピードという圧倒的な高速撮影も実現し、撮影者の創造力をかきたてる写真表現を可能にします。

* DSC-RX100M3に採用されているExmor R CMOSセンサーで1/32000秒の電子シャッターを搭載すると仮定した場合のシミュレーション値

ブラックアウトしにくい最高約16コマ/秒(*)の高速連写

CMOSセンサーの読み出しスピードの高速化により、有効約1530万画素の高画素でありながら、速度優先連続撮影モードで最高約16コマ/秒(*)の高速連写を実現。ブラックアウトしにくいので、決定的瞬間や一瞬の表情も逃さずとらえられます。

* 「速度優先連続撮影」モード時のみ。1コマ目の露出とピントに固定されます

シャッター音を気にせず撮影できるサイレント撮影(*)

電子シャッターを使用することにより、シャッター音を出さずに撮影をすることが可能です。舞台撮影などの静かに撮影したいシーンでも、シャッター音を気にすることなく撮影できます。連写撮影時もサイレント撮影に設定できるため、連写音を気にせず撮影できます。

* 次の設定のときに有効です。シャッターモード:電子シャッター、電子音:切

ポートレートをより印象的に撮影できる「瞳AF」

瞳だけにオートフォーカスする「瞳AF」機能を搭載。顔が斜めを向いているときでも高い精度で瞳を検出でき、浅い被写界深度でも緻密なピント合わせを実現します。また、合焦すると、合焦エリアが一定時間表示されるため、意図通りにピントが合っているか事前に確認できます。「瞳AF」はカスタムキーに割り当てることで使用できるため、撮影シーンに応じて任意に起動できます。

画素加算のない全画素読み出しによる4K動画のHDMIクリア出力

CMOSセンサーと高速画像処理エンジンの組み合わせにより、画素加算することなく、全画素読み出しでの4Kの動画出力を実現(*1)(*2)。低照度環境下での映像記録を可能にする高感度・低ノイズ性能と全画素読み出しを行うことで、ジャギーやモアレを抑えた、高画質で高解像度の映像記録が可能です。さらに、ディテールリプロダクション技術やエリア分割ノイズリダクションなど、高度な画像処理技術を動画にも用いることで、鮮鋭(せんえい)でノイズの少ない動画画質を実現しています。また、記録フォーマットには、プロ用のXAVCをもとに開発されたXAVC Sを採用しています。

*1 24P/30P(25P)設定時
*2 4K動画の記録には4K動画記録対応の外付けレコーダーが必要です

作品づくりや映像表現に応える豊富な機能

本格的な動画撮影現場から求められるさまざまな撮影機能を搭載。撮影時に映像のトーンを整えるピクチャープロファイルやソニー独自のS-Log2ガンマなど、クオリティーの高い動画作品を効率よく制作するための機能を備えています。

細かなフォーカス操作を気にせず撮影できる、プリセットフォーカス

動画撮影時はマニュアルフォーカスのほか、細かいフォーカス操作を気にすることなく撮影できるプリセットフォーカスを選択可能。プリセットフォーカス時は、広い範囲で良好な解像度が得られるピント位置で固定されます。また、被写体までの距離が約50cmから約1mと近い撮影に適した「NEARモード」を用意しています。

自動電源OFF温度設定

動画撮影時に自動で本体の電源が切れる温度を選択できます。三脚などに設置して撮影する場合に「高」に設定すると、本体の温度が高くなっても撮影を続けることができ、長時間記録が可能になります。

※ 手持ちで撮影する場合は「標準」に設定してください。手持ちで長時間ご使用になると、低温やけどの原因となる可能性があります
※ 周囲の環境やカメラの温度によっては、「高」に設定しても撮影可能時間が変わらないことがあります

動画撮影中の液晶モニターと録画ランプの消灯設定

動画撮影中、約1分後に自動で液晶モニター表示を消灯する設定が可能です。また、録画ランプの光が被写体に反射しないよう、動画撮影中にすべての録画ランプを消灯したり、背面の録画ランプのみ点灯する設定が選択できます。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット サイトマップ
大型センサーモデル
高倍率ズームモデル
高倍率ズームモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
レンズスタイルカメラ
レンズスタイルカメラ