商品情報・ストアプロフェッショナルカムコーダーFX3特長 : プロに応える信頼性
特長 : プロに応える信頼性

長時間(*)の4K 60p撮影を実現

FX3は、冷却ファンと放熱に配慮した構造を採用。アクティブ、パッシブ両面で効率的に放熱することで、動画撮影中の温度上昇を抑制します。温度上昇に伴う撮影の中断などで、プロの映像クリエイターのワークフローを妨げません。また、冷却ファンや放熱に配慮した内部構造が、イメージセンサーや画像処理エンジンの駆動に伴う熱を効果的に分散し放熱させます。これにより、4K 60pの長時間動画記録(*)を実現しています。

* ソニー内部測定条件。USB給電時、XAVC S-I(All-I)、4K 60p 10-bit 4:2:2、常温(25℃。記録開始時のカメラ表面温度)、自動電源オフ設定:高、冷却ファン:オート、記録時間は撮影状況などによって異なる場合があります。一度の動画撮影で可能な連続撮影時間は最大で13時間です

効率的な放熱を実現する冷却ファン搭載

FX3では冷却ファンと放熱に配慮した構造を採用。新開発のファンにより効率よくカメラ内の熱を放出。冷却ファンの動作モードは撮影条件に合わせオート/最小/記録時Off/常にOffから選択できます。また、膨大なデータ処理を行う画像処理エンジンやイメージセンサーを含むカメラ全体で熱の発生を高精度に解析し、放熱経路を最適化。さらに、スマートフォンなどにも用いられる熱伝導性に優れたグラファイト素材を、ソニー独自の「Σ(シグマ)形状」に加工し、手ブレ補正ユニットに組み込みました。この画期的な新開発構造により、手ブレ補正時のイメージセンサーユニットの円滑な動作を妨げることなく、本体内の温度上昇の主要因となるイメージセンサーからの発熱に対し、高い放熱効果が得られます。アクティブ、パッシブ両面で効率的に放熱することで、動画撮影中の温度上昇を抑制し、小型・軽量ボディと放熱性能を両立しています。

防塵・防滴(*)に配慮した設計

カメラボディの随所に防塵・防滴(*)に配慮した工夫を施しました。外装の合わせ目全周や電池蓋にシーリング構造を採用したほか、メディア蓋をヒンジ軸から二重蓋構造のスライド機構とロックレバーの組み合わせにし、信頼性を向上。また、冷却ファンの吸気から排気を独立した気室にしたほか、レンズロックボタンの形状変更や、マウント周りへのクッション追加など、ゴミや水滴の浸入経路となり得る箇所の構造を見直し、屋外の厳しい撮影環境での使用にも耐えられる設計となっています。

* 防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません。XLRハンドルは防塵・防滴に配慮した構造にはなっていません

ゴミやほこりの除去性能を向上した新アンチダストシステム

イメージセンサーの前面に搭載したフィルターが、70,000回/秒以上の超音波で振動。フィルターガラス面の揺動方法を変更することで、付着したゴミやほこりを効率的に除去します。動画撮影時も安心してレンズ交換ができます。また、電源オフ時にカメラがアンチダスト駆動を自動的に実行。もちろん、メニューからクリーニングモードを手動で行うこともできます。

高い堅牢性を実現するフルマグネシウム合金ボディ

より堅牢なボディを実現するために、トップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リヤカバーに至るまで、軽量かつ剛性の高いマグネシウム合金を採用。また、アクセサリー取り付け用ネジ穴・吊環には、高剛性のSUS(ステンレス素材)削り出し部品を使用し、高い堅牢性を実現しています。このほか、マウントには固定用のネジを6本使用し、マウント部の剛性を高め、超望遠レンズなどさまざまなレンズの使用に配慮しています。

動画撮影時も安心、長時間の撮影を実現するスタミナ性能

●Zバッテリー採用
高容量のZバッテリーを採用。また、新画像処理エンジン、イメージセンサー、回路設計含め、状況に応じて細やかにパワーセーブを行う制御の工夫により、電力削減を行っています。1回の充電当たりの撮影可能時間は95分(*1)です。また、USB給電(*2)にも対応し、撮影現場や状況に合わせてAC電源を使用したり、屋外撮影では高容量で機動性の高いモバイルバッテリーから給電することでバッテリーの消耗を抑えるなど、よりフレキシブルに対応できます。

●USB PD(Power Delivery)対応による高速充電(*2)
USB PD(Power Delivery)に対応。より高い電力供給に対応することで、カメラ内のバッテリーを消耗することなく撮影ができるようになりました(*2)。USB Type-C端子に接続したUSB PD対応ACアダプターやモバイルバッテリー(*3)から、従来と比べて(*4)3-4倍の電力で給電またはカメラ内電池の充電(*2)ができます。

*1 実働動画撮影時、CIPA規格準拠。撮影、ズーム、撮影スタンバイ、電源ON/OFFを繰り返したときの撮影時間の目安
*2 USB充電、給電にはUSB Type-C端子のみ対応。USB給電を行うには、バッテリーを本機に挿入してください。アダプターや本体動作によってはカメラ内のバッテリー容量が消費することがあります
*3 USB PD対応のすべての機器との動作を保証するものではありません。電源を入れてカメラを使用している間はバッテリーへの充電はされません
*4 α7R IV比

ソニーストアで購入すると

ソニーストアはメーカー保証内容<3年>付き

504,900 円(税込)
カタログPDFダウンロード
プロフェッショナルカムコーダー サイトマップ
プロフェッショナルカムコーダー
Cinema Line カメラ