商品情報・ストアプロフェッショナルカムコーダーFX3特長 : プロに応える操作性
特長 : プロに応える操作性

プロの動画撮影に配慮した多彩なボタンとダイヤル配置

ミラーレスタイプの小型デザインと機動性を維持しながらも、業務用機器としての妥協のない操作性を提供します。グリップ側および上面に使用頻度の高い操作部材を集約。左手でしっかりレンズをホールドしたまま、さまざまな操作ができます。また、RECボタンをはじめ上面の各ボタンはストロークが深く、しっかりと確実な操作ができます。

*1 USB充電、給電にはUSB Type-C(R)端子のみ対応。USB給電を行うには、バッテリーを本機に挿入してください。アダプターや本体動作によってはカメラ内のバッテリーが消費することがあります
*2 5GHz帯域に対応した機器の使用はお使いいただく国により制約があります

表現意図に合わせたさまざまなズーム操作を実現

グリップ上部に配置したズームレバーにより、対応する電動ズームレンズのズーム操作ができます。また、画質劣化の少ない画像処理による全画素超解像ズームは単焦点レンズでも使えるため、少ない撮影機材でも画角にバリエーションを加えることができます。カスタムキーへの割り当てや、撮影待機中や撮影中など状況に合わせたズーム速度のカスタマイズにも対応しています。

多彩なズーム機能

ズームは光学ズーム、全画素超解像ズーム、デジタルズームから選択でき、ズームレバーには広角/望遠側それぞれに操作角度に合わせた2段階のポジションを用意。1-8段階の速度を任意に設定することができ、スローズームによる表現も簡単に実現できます。また、撮影待機中と撮影中も、それぞれ別の速度に設定できます。さらに、カスタムで任意のボタンにズーム操作の割り当てと、ズームレバーとは別途速度の設定ができます。対応の電動ズームレンズについては、ズームリングの回転方向に対して広角/望遠の設定ができます。もちろんImaging Edge Mobileや別売のリモコンからのズーミング操作にも対応。ズームスピードの可変/固定設定や、リモート時のズーム速度も別途設定でき、マニュアルズーム操作では難しいエモーショナルなスローズームをスムーズに実現できます。

タリーランプと動画記録中の強調表示

タリーランプをカメラ前面(上面)、背面に1つずつ配置。カメラ上面のRECボタンも、LED自照式で背面ランプと連動します。加えて、動画記録中は強調表示としてモニター画面にも赤枠を表示する(「動画記録中の強調表示」)ことで、リグやジンバルを装着して画面が見づらい場合でも、記録中かどうかすぐに見分けることができます。用途に合わせた点灯/消灯の設定にも対応しています。

撮影の自由度を高めるバリアングル液晶モニター

バリアングルタイプの横開き背面モニターを搭載。横方向に176度、上方向180度、下方向90度と、自在に可動する調整可能なバリアングル機構で、手持ち撮影、ジンバル撮影や自分撮り、地面すれすれのローポジションでの迫力ある撮影など、状況に応じた自由なポジションやアングルでのフレーミングができます。また、HDMI接続時もケーブルが干渉せずに角度調整ができます。さらに、3.0型、約144万ドットの大型タッチパネル液晶は、屋外撮影時の視認性に配慮し、屋外晴天モードや手動設定に対応。タッチトラッキングやタッチフォーカスに加え、新たにメニューやファンクションメニューのタッチ操作も実現しました。

タッチ対応の新メニュー構成やタッチでの操作性向上

MENUおよびファンクションメニューのタッチ操作においては、アイコン表示のMENUタブを液晶パネル左側に配置。選択したタブに含まれるグループ、設定項目が右側に一覧表示されるため、目的の設定をタッチ操作で選び、設定画面にダイレクトに入ることもできます。さらに、リストのページ送りもタッチ操作で行えるなど、レスポンスよくクイックなメニュー操作ができます。また、メニュー操作以外にも、再生時の画像送り、再生・一時停止や、Fnメニューのカスタマイズについてもタッチでの操作ができます。タッチ感度の設定は、撮影状況に応じて[敏感]または[標準]から選択できます。

フレキシブル露出設定モード

絞り値(IRIS)、シャッタースピードおよびISOのオート/マニュアルを個別に設定できる[フレキシブル露出モード]を搭載。撮影画面でそれぞれのカスタムキーを長押しすれば、オート/マニュアル切換ができます。また、マニュアル設定時(デフォルト)は手動で絞りやシャッタースピード、ISOの値を設定できるほか、カスタムキーの押し下げで「マニュアルロック」の入/切を設定でき、ダイヤルやホイールの誤操作により値が不用意に変わってしまうのを防ぐことができます。変更頻度の高い絞り(IRIS)/ISOは、アクセスのよいボディ上面と前後ダイヤルで操作できます。

CFexpress Type Aメモリーカードに対応したデュアルスロット

CFexpress Type AメモリーカードとSDXCメモリーカードに対応したデュアルスロットを採用(*)。スロット1(上)、スロット2(下)ともに、新メディアであるCFexpress Type AメモリーカードとSDXC/SDHCメモリーカード UHS-II/UHS-Iの両方に対応しました。大容量のデータをより高速で記録することができます。特にCFexpress Type Aメモリーカードは、高ビットレート4K動画に最適な次世代メディアで、その高速書き込み処理性能により、高解像映像の安定した記録を実現します。もちろん、記録メディア設定メニューから、同時記録、リレー記録(記録メディア自動切換)などの設定もできます。

* CFexpress Type Bメモリーカードは対応していません

Catalystでの手ブレ情報メタデータの活用

FX3では、手ブレ情報のメタデータ情報を素材に記録し、Catalyst Browse(無償)/Prepare(有償)で活用することで、さまざまな便利機能を使用できます。

●手ブレ情報メタデータ
撮影時の手ブレ情報をメタデータとして収録ファイルに付加。Catalyst Browse(無償)/Prepare(有償)(*1)で活用することで、手ブレ補正処理を短時間・高精度に行うことができます。たとえば、フルHD 60p収録で6秒のクリップであれば、約0.1秒(*2)の高速処理を実現します。

●カメラの回転情報メタデータ
FX3を90度、180度、270度傾けて撮影した際に、それぞれの回転情報がメタデータに自動的に記録されます。この回転情報メタデータをもとに、Catalyst Browse(無償)/Prepare(有償)にて、素材を回転させた状態で表示することができ、事前に素材を回転させるために編集する手間を省きます。

*1 Catalyst Browse/Prepare Ver.2020.1以降が必要です。Catalystでメタデータ情報を利用した手ブレ補正機能を利用するためには、Eマウントレンズを使った撮影時のカメラの手ブレ補正設定を[OFF]または[Active]にしておく必要があります
*2 当社測定環境での実測値です。環境により異なります
※ Catalystでは記録した手ブレ補正用メタと画像切り出しにより手ブレ補正を行えますが、画像切り出しの量に依存して解像度低下、画角が狭くなります
※ Catalystでは記録した手ブレ補正用メタ情報に対応する記録モード:XAVC S 4K / XAVC S-I 4K / XAVC HS 4K / XAVC S HD / XVC S-I HDのNormal REC
対応フレームレート:24p/25p/30p/50p/60p

その他の便利機能

■「パワーセーブ開始時間」切設定
撮影設定後、撮影するまでに時間が空いても、パワーセーブ状態にならないように設定ができるようになりました。動画の設定が一通り済み、構図を決めているときにパワーセーブ状態になりません。

■クイックフォーマット
フォーマットの実行方法として、クイックフォーマットとフルフォーマットの切り換えができます。
・クイックフォーマット:フルフォーマットより短時間で初期化可能。
・フルフォーマット:メディアの全領域を初期化するフォーマット。

■記録画像の回転表示対応(*)
■動画から静止画切り出し
■プロキシー動画同時記録対応
■ゼブラ機能
■ピーキング機能(赤、黄、白、青)
■ガンマ表示アシスト(切、オート、S-Log2、S-Log3、HLG(BT.2020)、HLG(709))
■TC/UB設定
■レックコントロール
■マーカー表示
■XAVC S、XAVC HSファイルの名称設定
■ピント拡大時の初期倍率の設定種類

* 縦位置で動画を撮影しても本機のモニターでは横向きで再生されます

ソニーストアで購入すると

ソニーストアはメーカー保証内容<3年>付き

504,900 円(税込)
カタログPDFダウンロード
プロフェッショナルカムコーダー サイトマップ
プロフェッショナルカムコーダー
Cinema Line カメラ