商品情報・ストアコンポーネントオーディオDMP-Z1特長 : 独立バッテリー電源システム
特長 : 独立バッテリー電源システム

バッテリー駆動方式を採用したデジタルミュージックプレーヤー

DMP-Z1はバッテリー駆動方式を採用することにより、一般的な家庭用AC電源を使用する場合に比べて、クリーンなDC電源によるシンプルで高音質な設計を実現しています。また、PCなど外部のプレーヤーとの接続が必要なヘッドホンアンプに対して、プレーヤー機能と大出力ヘッドホンアンプを一体化させることで、外部環境に依存しないシンプルで高音質なヘッドホンリスニング環境が提供できる、新しいコンセプトのミュージックプレーヤーを実現しました。

5つのバッテリーセルを使用し、各部に安定したクリーンな電源供給を実現する独立電源システム

3パック、計5つのバッテリーセルを使用した独立電源システムは、デジタル系とアナログ系の電源を分離することで、デジタル回路からアナログ回路へのノイズなど音質劣化の要因を低減します。また、アナログ正/負それぞれの電源に独立した2セル構成の高電圧バッテリーを使用することにより、スイッチングノイズのない大出力でクリーンな電源をアナログ回路に供給し、透明感のある力強いサウンドを実現しています。

切り替え可能な2つの電源駆動方式

DMP-Z1は、内蔵バッテリーを使用したバッテリー駆動モード(高音質モード)とアダプターを使用したAC駆動モードを切り替えて使用することが可能です。電源駆動方式の切り替えは、本体表示の各画面のステータスバーをタップすることで駆動方式切替ダイアログを表示し、バッテリーまたは ACボタンをタップすることで任意のモードに切り替わります。また、ACアダプターを接続した状態で、電源オフ/スリープ時に自動的に充電を行い、起動時にはバッテリー駆動を優先する「バッテリー駆動優先起動」機能も搭載。充電状態を気にすることなく、クリーンなDC電源による高音質な音楽再生を楽しんでいただけます。

電力供給能力がさらに高まった「電気二重層キャパシタ」

バッテリーからアンプ部に電力を供給するラインに、瞬間的に大電力を供給できる「電気二重層キャパシタ」を搭載しました。端子の材質やメッキを改善することでこれまで以上に端子の抵抗値を低減し、大容量(500mF)かつ等価直列抵抗を低減した電気二重層キャパシタをデジタル回路に1個、アナログ回路に4個の計5個を使用。これによりS/N感が全体的に向上するとともに、クリアで力強い低音域を実現します。

新開発「高分子コンデンサー」

ヘッドホンアンプやDACなどのアナログ電源に新開発「高分子コンデンサー」を使用。高音質高分子コンデンサーの内部構造を改善しアナログ電源系統を強化することで、ボーカルや楽器の伸びや透明感が向上し、引き締まった力強い低音域を再現します。

高性能電源ICを使用

ヘッドホンアンプやDACなどのアナログ電源に、超低ノイズレギュレーターと高効率、低ノイズな降圧DC/DCコンバータを採用。透明感のある伸びやかな高音と力強い音質を実現します。

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
コンポーネントオーディオ サイトマップ
コンポーネントオーディオ
HDDオーディオプレーヤー
ステレオアンプ
マルチチャンネルインテグレートアンプ
レコードプレーヤー
デジタルミュージックプレーヤー
ヘッドホンアンプ