商品情報・ストアテレビ ブラビアDST-SHV1特長 : その他特長
特長 : その他特長

BS4K/CS4K放送(*1)の裏番組録画(*2)に対応

地上・BS・110度CSチューナーをそれぞれ2基搭載し、さらにBS4K/CS4Kチューナー(*3)も2基搭載。BS4K/CS4K放送(*1)の番組を視聴しながら、同時に別の4K放送の番組を録画できるため、見たい番組が重なっても安心です。

*1 BS・110度CSによる4K放送のことです
*2 録画には別売のUSBハードディスクが必要です。2番組同時の録画および視聴はできません。使用可能なUSBハードディスクは、USB3.0または2.0準拠で、容量は160GBから6TBまでです。BS4K・110度CS4K放送は、USB3.0準拠でないUSBハードディスクには録画できません
*3 東経124度・128度CS放送(スカパー!プレミアムサービス)および、BS8K放送の受信はできません
※ 4K画質で視聴するには、4K/60pとHDCP2.2に対応したテレビが必要です。HDRや広色域画質で視聴するには、HDR(HLG方式)や広色域(BT.2020方式)に対応したテレビが必要です
※ BS放送がすべて視聴できている場合、現在ご使用中の衛星アンテナと伝送機器のままで、NHKと民放キー局系のBS4K放送(右旋放送)を視聴できます。すべてのBS4K放送と110度CS4K放送を受信するには、4K8K放送に対応した衛星アンテナ(右左旋共用)とブースターや分配器、壁面端子などの伝送機器(3224MHz対応)が必要です

4Kブラビアのリモコン1つ(*)で快適操作

ブラビアリンクに対応。付属のHDMIケーブル1本で4Kブラビアとつなげば、ブラビアのリモコン1つ(*)で本機の操作が可能です。

* 事前に設定が必要です。一部機能は本機のリモコンでの操作が必要です

ダウンコンバート機能搭載で、幅広いHDMIフォーマットに対応

解像度1080p/480p、SDR、色域BT.709/ BT.601へのダウンコンバート機能を搭載。接続するテレビの受信機能に応じて自動的に最適なHDMI(R)信号フォーマットを出力します。

*1 フルハイビジョン/ ハイビジョンテレビに接続した場合でも、1080p入力に対応していないテレビでは、SD(480p)解像度/BT.601色域/SDRでの映像出力となります
※ ブラビアとの接続は[ブラビアと接続した場合のHDMI(R)信号フォーマット出力仕様]をご覧ください

インテリアと調和のとれたデザイン

人が親しみを感じる柔らかなディテール、触りたくなる素材や質感、温かみのある色味を同居させた「ソフトミニマリズム」に基づいたデザインを採用。あらゆるリビング空間にマッチします。また、インテリア性を高めるため、ACアダプターをなくし電源を内蔵しました。

録画したい番組が簡単に見つかる「ジャンル検索」予約

これから放送する予定の番組をジャンル別に絞り込み(メインジャンル、サブジャンルを選択)してから、録画したい番組をそのまま予約できます。

大容量の外付けHDDに対応

録画番組を6TBまでのUSB外付けハードディスク(別売)に保存できます。(*)

【周辺機器メーカーにて確認されている記録メディア】
周辺機器メーカーのWebサイトに掲載された情報に基づいたものであり、弊社が動作の保証をするものではありません。

* 本機で使用可能なUSBハードディスクは、USB3.0または2.0準拠で、容量は160GBから6TBまでです。BS4K・110度CS4K放送は、USB3.0準拠でないUSBハードディスクには録画できません。BS4K・110度CS4K放送の録画には、USB3.0準拠のUSBハードディスクをお使いください

対応USB接続ハードディスク
ソニー製
バッファロー製
アイ・オー・データ機器製
DST-SHV1 特長

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
テレビ ブラビア サイトマップ
テレビ ブラビア