商品情報・ストアテレビ ブラビアX9200Bシリーズ特長 : 高画質
特長 : 高画質

あらゆる映像を高精細な4K画質で描く「4K X-Reality PRO」

超解像エンジン「X-Reality PRO」を4K対応テレビ用として開発した「4K X-Reality PRO」を搭載。この「4K X-Reality PRO」により、地上デジタル放送、ブルーレイディスクのHD映像など、あらゆる映像を超解像処理した上で、4K映像にアップスケーリング。さらに4K映像として超解像処理を行うことで、より高品位な4K映像につくりかえます。また、アップスケーリングの必要のない4K解像度の動画や静止画も独自のアルゴリズム処理の最適化や超解像技術により、いちだんと美しく描きだします。

色彩豊かな映像を再現する「トリルミナスディスプレイ」

人の目に映る色は、たとえば赤といっても、バラ、紅葉、トマト、ワインなど、さまざまな赤の色合いがあります。この微妙な色彩の違いを表現するために「トリルミナスディスプレイ」を採用。色再現領域を拡大することで幅広い色の表現を可能にしました。これにより、今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感までも描きだします。

トリルミナス対応ソニー機器の組み合わせで、撮影した時の自然な色を再現!


つややかな輝きのある映像「X-tended Dynamic Range」

バックライトの電力を明るい部分に最大2倍集中させ、表現できる輝度の幅を拡大。優れた光の表現力を実現します。さらに、ソニー独自のアルゴリズムによって、映像の暗い部分のバックライトを絞ることで生じた(消費)電力を全体の電力を増やすことなく、映像の明るい部分に集中させます。

※ 画面全体の白色時の電力と、輝度を増加させた部分の電力を比較した場合(ダイナミックモード時)

高コントラストと低消費電力のバックライト「エッジ型LED部分駆動」

LEDバックライトを部分制御し、シーンに応じて不要な発光を抑えることで、高コントラスト比を実現。さらに、映像全体をブロック単位に分け、LEDの発光をコントロールすることで、明暗のバランスを最適な状態に。暗いシーンでの奥行き感や微妙なディテールまで美しく再現します。また、バックライトの発光を全画面ではなく、部分的に制御するので消費電力も抑えられます。さらに、LEDをエッジに配置することで薄型化を可能にしました。

リアルな黒と美しい映像を再現する「オプティコントラストパネル」

画面に当たる光の反射と拡散を大幅に低減。外光が当たることで画面が白っぽく見える「白ぼやけ」を最小限に抑え、深くリアルな黒を表現できます。またフレームと画面の段差がないことで映像がフレームから浮かんで見え、自然な奥行き感を表現。同時に、一枚板のようなシンプルで美しい佇まいを実現しました。

動きをなめらかに描画する「倍速駆動パネル」

液晶テレビの映像は静止画の連続。つまりパラパラ漫画と同じ原理で枚数が多いほど映像がなめらかに見えます。「倍速駆動パネル」では1秒間60コマの映像のコマとコマの間に1コマの新規映像を生成して120コマにする技術。これにより、残像感が低減され、動きの速い映像がなめらかに表示され見やすくなります。

動きの速い映像をくっきりと描き出す「モーションフローXR240」(インパルスモード搭載)

倍速駆動パネルに新たなバックライトオン/オフ技術を搭載。映像の表示時間を4倍速(1秒間240コマ)の映像と同等にすることで、速い動きもくっきり見やすく再現します。インパルスモードを搭載しているので、スポーツなどの素早い動きもくっきり映し出すことができます。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

カタログPDFダウンロード
テレビ ブラビア サイトマップ
テレビ ブラビア