商品情報・ストアテレビ ブラビアA80Jシリーズ特長 : 高画質
特長 : 高画質
A80J高画質TOP

人が目で感じる自然な美しさ

人が物事を認識する際、目や耳から入ってくる膨大な量の信号を、脳が横断的に判断しています。従来のテレビのAI技術では、色やコントラストといったような映像信号をそれぞれ個別に処理していますが、認知特性プロセッサー「XR」は、人の脳のように、数十万もの映像信号を横断的に分析が可能なので、より自然な美しさで映像を描き出します。

※ 商品画像はA90Jシリーズです
※ 商品画像はA90Jシリーズです



XR color

自然で色鮮やかな映像

人の目に映る色は、たとえば赤といっても、バラ、紅葉、トマト、ワインなど、さまざまな赤の色合いがあります。「XR トリルミナス プロ」では、色再現領域をより一層拡大。さらに認知特性プロセッサー「XR」の新アルゴリズムにより、彩度/色相/明度を3次元で検出。その他画質要素と横断的に最適化処理を行うことで、より細部まで忠実で、人の目にとって自然な色を再現することが可能になりました。

XR トリルミナス プロの効果イメージ画像を修正しました 2021年6月7日
XR トリルミナス プロの効果イメージ画像を修正しました 2021年6月7日

なめらかな色を実現

ソニー独自の階調変換機能で地上放送やブルーレイディスクなどの8bit映像や、HDR信号などの10bit映像を14bit相当の階調表現にして出力。刻々と変化する夕焼けの赤や紫など、微妙な色合いもリアルに再現します。




XR contrast

高コントラストな有機EL画質

認知特性プロセッサー「XR」により、有機ELパネル特性と入力された映像信号を横断的に分析/処理し、ソニー独自の有機ELパネルの発光制御を行うことであらゆるシーンを高コントラストで美しく描きます。

よりリアルな高コントラストを実現

映像の中で、それぞれの被写体に応じてコントラストを向上させるオブジェクト型の映像処理に加え、認知特性プロセッサー「XR」が横断的な映像分析・処理を行うことで、さまざまな映像をHDR相当のコントラストにまでアップコンバートすることが可能に。白飛びや黒つぶれの少ない、明るい空の色合い、浮かぶ雲の立体感、花びらの質感など、まるで目の前にあるかのように描き出します。




XR clarity

あらゆる映像を高精細な4K画質へアップコンバート

地上放送やネット動画など、あらゆるコンテンツを高精細な4K映像に作りかえます。ハイビジョン映像を4Kにアップコンバートするデータベースと、4K映像をさらに高精細化するさまざまな映像に対応したデータベースに加えて、オブジェクト認識と質感再現の複数のデータベースを採用。さらに、認知特性プロセッサー「XR」の横断的な映像分析・処理によりリアルな質感での映像の高精細化が可能になりました。

XR 4K アップスケーリングの効果イメージ画像を修正しました 2021年6月7日
XR 4K アップスケーリングの効果イメージ画像を修正しました 2021年6月7日

あらゆるシーンで、被写体ごとに最適な精細感を実現

認知特性プロセッサー「XR」の横断的な映像分析・処理によって、映像の中のそれぞれの被写体に応じて、最適な超解像処理を加え、細部まで現実に近い質感を表現します。

XR スーパーレゾリューションの効果イメージ画像を修正しました 2021年6月7日
XR スーパーレゾリューションの効果イメージ画像を修正しました 2021年6月7日



XR motion

動きの速い映像を明るく、くっきりと描き出す

従来のテレビでは、ぼやけて見えてしまう動きの速い映像に対して、フレームごとに黒画を挿入(LEDバックライトの発光制御など)し、画面の明るさが暗くなりつつも残像感を低減させていました。ソニーの「XR モーションクラリティー」は、認知特性プロセッサー「XR」の横断的な映像分析・処理と、高精度なデバイスの発光エリア制御技術により、映像の色味や精細感、画面の明るさを保ったまま残像感を低減。動きの速いシーンでもくっきりとしたリアリティーのある映像表現を可能にします。

現実世界により近い深い黒や明るさを表現「有機ELパネル」

バックライトを使用しない自発光デバイスである有機ELパネルは、画素単位の細やかさで映像を制御。深みのある美しい黒と明るい輝きによるコントラストの差で奥行きのある表現を可能にします。また、有機ELパネルの広視野角の特性により、どこから見ても美しい映像を楽しめます。高い動画応答性能をあわせ持つため、動きの速いアクション映画やスポーツなどでも、残像の少ない映像を再現します。加えて、バックライトがないことで薄型化を可能にし、すっきりとしたデザインを実現します。

動きをなめらかに描画するコマ数補間技術

テレビの映像は静止画の連続。つまりパラパラ漫画と同じ原理で枚数が多いほど映像がなめらかに見えます。「倍速」は、1 秒間60コマの映像のコマとコマの間に1コマの新規映像を生成して120コマにする技術。これにより、残像感が低減され動きの速い映像が見やすくなります。

HDR信号に対応(*)

HDR10や新4K衛星放送で使用されているHLG(ハイブリッド・ログガンマ)、ドルビービジョンなどのHDR信号に対応(*)。地上放送などで使用されているSDR信号に比べ、広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるようになります。これにより、白飛びしてしまいがちな明るい部分の色味や潰れてしまいがちな暗部の階調も再現し、肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のある映像を創出します。

* 信号によっては一部対応していないものがあります。最新のHDRの各方式へのブラビアの対応情報は こちら

カタログPDFダウンロード
テレビ ブラビア サイトマップ
テレビ ブラビア