商品情報・ストアサイバーショットRX10(DSC-RX10)特長 : 充実の基本性能
特長 : 充実の基本性能

目で見たままの印象を再現する「オートHDR(ハイダイナミックレンジ)」

ハイライトからシャドウまで、通常のカメラではとらえられない明暗差を、人間の目で見たままに近い階調で再現。白とびや黒つぶれを起こしてしまうシーンでも、1回のシャッターレリーズで連写した3枚の画像をカメラ内で高精度に自動合成します。これにより、見たままの自然な印象の写真が仕上がります。設定は「オート」に加えて、「露出差レベル設定」で1.0-6.0EV間で6段階の調節が可能です。

※ 被写体・背景の一部が動いたり、点滅発光したりすると、画像合成処理が正確にできない場合があります
※ P・A・S・Mの露出モードでのみ可能。RAW、RAW+JPEG選択時は使用できません

最適な階調表現に自動調整する「Dレンジオプティマイザー」

背景が明るいことで手前の人物が暗くなりがちな逆光時などに、暗くなった人物の顔などを自動補正して、見たままの印象に近い自然な明るさで再現します。連続撮影にも対応しているので、人物撮影やスナップはもちろん、スポーツシーンにまで幅広く活用できます。設定は白とびと黒つぶれの両方を抑える「オート」に加え、補正効果を5段階で調整できる「レベル設定」から選択できます。

※ 撮影シーンや条件により補正の効果は変わります

表現に合わせて色彩を調整できるホワイトバランス

カメラがシーンの光源を自動で判定して、目で見たイメージに近い自然な色合いを再現する「オートホワイトバランス(AWB)」をはじめ、赤みや青みを強調できる「太陽光」「電球」「蛍光灯」や、「色温度&カラーフィルター」「カスタム」など、12種類のモードから選択できます。また、画面上に表示されるチャートで確認しながら(*)、表現意図やシーンに合わせて直感的にホワイトバランスを細かく調節することも可能です。

* フラッシュ発光のときには、撮影後に色を確認できます

撮影シーンに応じて選べるフォーカスモード

フォーカスモードは手動でピントを合わせる「マニュアルフォーカス(MF)」のほか、オートフォーカスでピントを合わせた後に手動で調整できる「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」にも対応し、さまざまな撮影シーンに応じて選択できます。

※ 静止画撮影のみに対応します

厳密なピント合わせをサポートする「MFアシスト」「ピーキング」機能

マニュアル操作でピント合わせを行うときに、画面の一部を拡大して表示する「MFアシスト」機能を搭載。約8.6倍または17.1倍に拡大できるので、マクロ撮影などで厳密なピント合わせが可能です。また、画面内でピントの合っている部分の輪郭を指定された色をつけて表示する「ピーキング」機能にも対応。液晶画面で全体を見ながら、どこにピントが合っているか一目で確認できます。

瞬間を逃さずキャッチする、最高約10コマ/秒の高速連写

有効約2020万画素の高画素でありながら、「速度優先連続撮影」モードで最高約10コマ/秒(*)の高速連写を実現。決定的な構図や一瞬の表情を逃さずとらえられます。また、メカニカルシャッターによる連写のため、高速で動く被写体を撮影しても、一般的な電子シャッター方式で起こる「ゆがみ」が発生しません。

* 「速度優先連続撮影」モード時のみ。1コマ目の露出とピントに固定されます。撮影速度は、撮影される条件や使用するメモリーカードにより異なります

DSC-RX10のレスポンスを引き出す、ソニーの高速SDメモリーカード UXシリーズ(別売)

DSC-RX10のレスポンスを引き出すなら、ソニーの高速SDHC/SDXCメモリーカード「SF-UXシリーズ」がおすすめ。
UHS-I規格に対応し、高速連写時にもストレスのない高速書き込みを実現。パソコンへの大容量データの高速転送も可能で、効率的な作品づくりをサポートします。

イメージに合った露出が得られる露出補正/露出ブラケット機能

-3EVから+3EV間で1/3EVステップの露出補正が可能。自動で露出を変えて撮影する「露出ブラケット」も3枚と5枚が選択可能。撮影結果を比較して最適な1枚を選べます。

撮影意図に応じて多彩な画面比で撮れる「マルチアスペクト記録」

35mmフィルムカメラを想起させる3:2を標準とし、コンパクトカメラでは一般的な4:3、ハイビジョンテレビと同比の16:9、正方形が印象的な1:1の4種類のアスペクト比(縦横比)を選べます。構図や目的に合わせて多彩な表現が可能です。

パソコンでの画像調整・加工の自由度が高まるRAW/RAW+JPEG撮影

DSC-RX10は、RAW/RAW+JPEGで記録可能。撮影後、RAWデータをもとに、パソコンで画像調整や加工が自由に行え、より表現意図を反映させた作品づくりができます。また、画像の現像や調整は、ソニーのRAWデータ現像・閲覧ソフトImage Data Converterで手軽に行えます。

※ Image Data Converterはパソコン用ソフトです

構図の確認に役立つ「グリッドライン」表示

液晶モニターにグリッドラインを表示でき、水平や垂直の傾きを補正しながら、緻(ち)密な構図の調整が可能。ラインは3分割、方眼、対角+方眼の3種類から選択できます。

水平に加え、上下方向の傾きにも対応する2軸式の「電子水準器」

カメラの水平やアングルの傾きを確認するのに便利な「電子水準器」を搭載。液晶モニターのインジケーターを見ながら、正確な水平出しが簡単に行えます。また、上下方向の傾きにも対応し、建物など垂直に見せたい被写体を撮るときに便利です。

上級者のフレーミングを自動生成する「オートフレーミング」機能

バランスのとれた構図にカメラが自動で切りだしてくれる「オートフレーミング」機能を搭載。1人のポートレートだけでなくツーショットシーンにも対応し、友達との記念写真もより印象的に撮影できます。また、マクロ撮影や動く被写体の撮影にも活用でき、テーブルフォトやペット写真をより魅力的に仕上げられます。切りだされた画像は全画素超解像技術によりオリジナルと同じ解像感を保ちます。また、オリジナル画像も一緒に保存されます。

※ 画質モードがRAW、RAW+JPEG時、連写撮影時、重ね合わせ処理設定時、デジタルズーム時、マニュアルフォーカス時は使用できません

優先的にピントを合わせる「個人顔登録」

撮りたい被写体の顔を登録できます。ソニー独自の顔検出技術により、登録した顔を優先的に検出し、ピントや明るさ、肌の色あいなどを自動調整します。最大8人まで検出でき、集合写真の撮影にも便利です。また、笑顔になると自動でシャッターが切れる「スマイルシャッター」にも対応しています。

※ カメラの設定、被写体・撮影環境や個人差により、動作しないことがあります

約420枚まで撮影できる、大容量バッテリー

大容量バッテリー「NP-FW50」と、大型でありながら省電力を実現したCMOSセンサーの採用により、1回の充電で静止画を約420枚(*)まで撮影できるスタミナを達成しています。

* CIPA規格に準拠(内蔵フラッシュの使用率が50%の場合)。ただし、低温の場合など撮影条件により異なります
※ ファインダー使用時:約340枚

SDメモリーカード、メモリースティック デュオに対応したデュアルスロット

記録メディアは、メモリースティック デュオのほか、SDメモリーカードも使用できます。

* アダプター使用時(別売)
※ 動画撮影時には、対応するメモリースティックPROデュオ(Mark2)・メモリースティックPRO-HGデュオ・メモリースティックマイクロ(Mark2)・SD/SDHC/SDXCメモリーカードおよびmicroSD/microSDHC/microSDXCメモリーカードが使用可能。SDスピードクラスはClass4以上を推奨
※ XAVC S記録時はSDXC/microSDXCメモリーカード(Class10)が必要です

現在 ソニーストアでの取り扱いのない商品です

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット サイトマップ
大型センサーモデル
高倍率ズームモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
スタイリッシュコンパクトモデル