商品情報・ストアヘッドホン The Headphones Park 体験者の声 ROLLY×XBA-BT75

User's voice ROLLY×XBA-BT75 エンターティナー

自称ロックスター。90年「すかんち」のヴォーカル&ギターとしてデビュー。96年バンド解散後ソロとして活動。NHK朝の連続テレビ小説出演と楽曲提供、エアギター、弾き語り、シャンソン、ジャズ、更にはクラシックをアレンジしたLIVEも開始。天性のキャラと、独特のサービス精神で観る人に違和感と恍惚感を与える。2012年、約9年ぶりのソロ名義タイトル『グラマラスローリー』を発売。

  • 9月6日生まれ 大阪府高槻市出身
  • オフィシャルサイト
  • Facebook

ロックスターROLLYがグラマラスにヘッドホンを語る

ROLLY写真

僕は昔からずっとソニー製品のファンだったんです。今も強く印象に残っているのはウォークマンの初代機かな。ヘッドホンプラグが2つあって、音楽をふたりで共有することができたんですよ。独創的なアイデアだと思いましたね。これまでにも面白い製品がたくさんあったと思うんです。今回のこの新しいヘッドホンも楽しみです。

新たなワイヤレス体験。「ソニーらしさ」を感じるXBA-BT75。

ROLLY写真

このXBA-BT75、まずは個性的なデザインに目が行きますね。この充電器を兼ねたケースは一見してお洒落だし、ちょっと不思議な感じもあって面白い。この音量や曲送りのリモコン部分も、他にはないタイプのような気がする。(実際に耳にかけてみて)なるほど、このフィット感と操作感は新しい経験ですね。

そしてBlueTooth対応ヘッドホンでありながら、これだけの小ささを実現しているのは素晴らしいと思いますね。今までのワイヤレスのヘッドホンには大きなバッテリーが胸元にあったりして、本当の「ワイヤレス」を実感するところまでは行ってなかったように思います。このコンパクトさとデザインであれば、バッテリーも気にならない。ヘッドホンであること、つまり音を聞くこと以外の部分を意識する必要がなくなった。とても「ソニーらしさ」が感じられるヘッドホンだと思います。

この小ささ、しかし本格的な音質。

ROLLY写真

ヘッドホン部分もこんなにも小さいのに、本格的な音が聞こえてくるんですね。一昔前の「イヤホン」とは音のレベルがまったく違う……。音質としてはとてもフラットで、不自然な強調を持たせることなく、高音域と低音域とがとてもバランス良く効いていると思います。一番相性がいいのはポップス系の音楽かな。ぜひ、ROLLYの音楽をこのヘッドホンで聴いてほしい(笑)。

これだけ身軽に動くことのできるワイヤレスのヘッドホンで、しかもスマートフォンとの切り換え機能も付いている。音楽を聞きながら動き回るようなときにいいんじゃないかな。そうですね、僕もこのヘッドホンを使いつつ、この機能がいちばんフィットする場面を探してみようと思います。

……えっ、僕の日常ですか? それはもちろん皆さんと一緒で、お料理をしたり、お掃除をしたり、音楽を大音量で聴いてはお隣の人に怒られたりしています。このXBA-BT75を使えばもう大丈夫です、きっと怒られないようになると思います(笑)。

  • The Headphones Park Top
  • User's Voice一覧

体験いただいた商品

ワイヤレスステレオヘッドセット

XBA-BT75

電池収納部や操作部を耳もとに集約したコントロールボックスのない快適なスタイル。ワイヤレスで音楽を楽しめるBluetooth対応ヘッドセット

RELATED CONTENTS 関連コンテンツ

  • 月刊 「大人のソニー」
  • ソニーストア
  • Walkman
  • ヘッドホンの歴史
カタログPDFダウンロード
ヘッドホン サイトマップ