商品情報・ストアICレコーダー/集音器ICD-SX1000特長 : 多彩な録音機能
特長 : 多彩な録音機能

録音環境に応じて最適なマイク感度に自動で設定する 「おまかせボイス」

録音した音が小さすぎる(大きすぎる)など、録音の失敗例でよくある感度設定のミス。このミスを防ぐために、ソニーの独自技術である「おまかせボイス」を搭載しました。録音の際、入力音圧レベルを適正に判断して最適なマイク感度を自動で設定。わずらわしい感度設定を行わなくても、自動的に適切なレベルで録音できます。

※ 音楽録音時を除く
※ ステレオ録音時のみ

シーンに適した録音設定ができる「シーンセレクト」

「会議」、「講演」、「ボイスメモ」、「インタビュー」、「音楽」などの録音シーンを搭載。録音シーンが決まっているときは、シーンを選択するだけで「録音モード」や「内蔵マイク設定」を一括で適切な設定値に切り替えられます。

マニュアル録音設定

「ズームマイク」、「ステレオマイク」の選択や、マイク感度のマニュアル設定ができます。録音レベルはレベルメーターを確認しながら設定できます。

音声をクリアに録音する「ローカットフィルター」

録音時にエアコンやプロジェクターのファンノイズや耳障りな風切り音などのノイズを低減し、聞きやすい音で録音します。

音声を感知して自動的に録音を開始する「デジタルV・O・R」

一定以上の音をマイクが拾うと自動的に録音がはじまり、音が小さくなると録音が一時停止。ポーズやストップ操作を省けるのでインタビューなどに便利です。

録音5秒前スタートで録り逃しを防ぐ「プリレコーディング」

録音/一時停止ボタンを長押しして録音スタンバイ状態にすると、プリレコーディングを開始。メモリーに最長5秒間の音声を保存します。録音開始ボタンを押した時点の5秒前から録音を開始できるので、インタビューや野外録音など、急な録音機会を逃したくない場合に便利です。

※ 録音時間が10秒未満になるとプリレコーディングはできません
※ 録音スタンバイ状態が60分以上続くと、スタンバイ状態が解除され、録音停止になります

自動的に別のメモリーに切り替えて長時間録音可能な「クロスメモリー」録音

内蔵メモリーまたはメモリーカードの残量が録音途中でなくなった場合でも、自動的にもう一方のメモリーに切り替えて録音を続けます。本体または外部メモリーの残量が少ない場合も慌てることはありません。

大音量による音のひずみを防止する「リミッター機能」

マニュアル録音時に突発的な大音量が入力された場合、音のひずみを防ぐために入力を自動的に調節します。

録音済みのファイルに続けて録音する「追加録音」

ファイルを再生中にメニューから追加録音を選択すると、再生中のファイルの最後にファイルの一部として追加できます。

1つの音源を2つのファイルに録音する「デュアルレコーディング」

一度の録音でリニアPCM形式とMP3形式の2種類のファイルを作成できます。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
ICレコーダー/集音器 サイトマップ
ICレコーダー
集音器
集音器
ラジオレコーダー
ポータブルラジオレコーダー
リニアPCMレコーダー
リニアPCMレコーダー