商品情報・ストアポータブルオーディオプレーヤー ウォークマンNW-ZX500シリーズ特長 : 細部までこだわり抜いた高音質化設計
特長 : 細部までこだわり抜いた高音質化設計

DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)(*1)や高出力に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」(*2)

WM1シリーズ用に開発したハイレゾ再生対応の高性能フルデジタルアンプ「S-Master HX」(*2)を採用

DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)およびWAV再生(最大384kHz/32bit(float/integer))に対応しました。また、アンバランス接続時は50mW+50mW(16Ω)、バランス接続時には200mW+200mW(16Ω)の実用最大出力を実現しました。

*1 DSDネイティブ再生はバランス接続時のみ対応。アンバランス接続時はリニアPCMへの変換再生になります
*2 有線接続時のみ有効

PDM出力のままのDSDネイティブ再生(*)を実現

従来はPWM出力に変換していたものを、今回の「S-Master HX」ではDSD信号を可能な限り加工せずに、PDM出力のままのDSDネイティブ再生を実現しました。

* DSDネイティブ再生はバランス接続時のみ対応。アンバランス接続時はリニアPCMへの変換再生になります

AIが楽曲のタイプを解析し、CDや圧縮音源にハイレゾ級(*)の臨場感をもたらす「DSEE HX(TM)」

膨大な楽曲データを学習しているAI(人工知能)技術により、リアルタイムに楽曲の情景を分析し、最適にハイレゾ級(*)高音質にアップスケーリング。ビットの拡張やサンプリング周波数を高め、最大192kHz/32bit相当まで拡張することで、小さく細かい音も再現可能に。

* 有線接続:「DSEE HX」ON時(最大192kHz/32bitまで拡張)
無線(Bluetooth(R))接続:対応ヘッドホンの「DSEE HX」ON時(最大96kHz/24bitまで拡張)

ワイヤレスでもハイレゾ音質で楽しめる「LDAC(TM)」(*1)対応

Bluetooth(R)のワイヤレス音楽再生もハイレゾ音質で楽しめる「LDAC(TM)」(*1)に対応。対応のヘッドホンやワイヤレススピーカーと組み合わせることでワイヤレスでも高音質に楽しむことができます。従来のBluetooth(R)Audioの最大約3倍(*2)の情報量で伝送できるので、ハイレゾコンテンツも原音の細かい表現まで忠実に再現された音質でお楽しみ頂けます。

*1 LDACは日本オーディオ協会の“Hi-Res Audio Wireless”に認定されたコーデック技術です。ハイレゾコンテンツを転送速度990kbpsで伝送する場合
*2 Bluetooth A2DPのSBC(328kbps、44.1kHz時)との比較
※ Hi-Res Audioロゴ、Hi-Res Audio Wirelessロゴは、日本オーディオ協会の登録商標、または商標です

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン サイトマップ
ウォークマン