商品情報・ストアアクティブスピーカー/ネックスピーカーSRS-X9特長 : 高音質
特長 : 高音質

低域から高域までパワフルかつ繊細に再現する7ユニットスピーカーシステム

1BOXのコンパクトな筺体に上面トゥイーター(×2)、前面トゥイーター(×2)、磁性流体スピーカー(×2)、サブウーファーを搭載。さらに、低音増強振動板ユニットを2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用。低域・中域・高域を専用にチューニングし、最適化されたユニットにより、ひずみの少ないクリアな音を再現します。

自然で広い音場再生を実現「スーパートゥイーター」

スーパートゥイーターを前面と上面に搭載することで、左右に加え、上方向にも指向性を拡大。高域のエネルギーを補完することで、ハイレゾ音源の再現性を高めました。各スピーカーユニットの位置関係も周波数特性や指向特性(横/縦)、音場の広さなどを緻密に計算し決定。聴く位置や高さが変化しても音色の変化が少なく、広いエリアでハイレゾ音源やCDの音楽をそのままの自然な音で楽しめます。

中高域をクリアに再生「Magnetic Fluid Speaker」(マグネティック・フルーイド・スピーカー)

中高域の再生には従来スピーカーの構成要素であるダンパーを用いない独自技術の磁性流体サスペンション構造のユニットを採用。入力信号にあわせ上下振動する振動板を正しく駆動するためのダンパーを独自構造に置き換えることで、従来スピーカーと比べ、軽量化されました。これにより、高感度化が実現し、ボイスコイルから振動板へと伝えられる駆動力の機械的損失や反共振による歪みが低減され、スピーカーユニットとしての反応速度が向上。明瞭感のある高域、ボーカルの息づかいなど、特に中高域の再現において高い能力を発揮します。また、ダンパーを無くしたことにより、音圧感度が約+2dB向上(*)。アンプの負荷が減ることで消費電力約35%削減(*) 。省エネ効果など、高効率化も実現しました。

* 磁性流体スピーカー単体の消費電力を同出力の従来スピーカーと比較した場合

迫力の重低音を体感「Dual Passive Radiators」 (デュアル・パッシブラジエーター)

風きり音などのノイズを抑え、キレと存在感のある低音域を実現する、低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を前面に2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター」を採用。サブウーファーユニットの低域パワーを、中高域に遅れないレスポンスで効率よく共振させるために、パッシブラジエータを2枚配置とし、スマートな筐体(きょうたい)から想像できないスピード感のある低域を再現します。パッシブラジエータは面積効率と省スペースに優れた平面型の四角形状を採用。サブウーファーで駆動された”圧”を素直な挙動で確実に振幅する構造を採用しました。また、振幅が厳しい角部には、タンジェンシャル構造を採用、振幅バランスの偏りを防ぎます。

約45Hzまで再生「94mmサブウーファー」

小型システムで再現の難しい低域を確実に駆動するため、通常より大きいストロークを取り、磁気回路を強力に専用設計したサブウーファーを採用。大型パッシブラジエーターとの組み合わせで、重低音から中低域まで、歯切れよく、かつ量感のある低域再生を実現します。振動系には大ストロークに耐えられるタンジェンシャルエッジを採用し、振動板には、紙とガラスファイバー繊維を貼りあわせたハイブリッド振動板を新規採用。パッシブラジエーターから受ける厳しい背圧にも負けない駆動力を持ち、確実に力強い振幅へと変換します。磁気回路は、通常二回り口径の大きなユニットで使用する高駆動力な設計とし、大ストロークの振動系を、正しく振幅させることで勢いのある低域が実現します。

実用最大出力154W。高音質&ハイパワーを実現するマルチアンプ構造

上面トゥイーター、前面トゥイーター、磁性流体スピーカーにそれぞれに2つデジタルアンプを配置することで、それぞれのユニットが特性をあますところなく発揮することが可能に。また、ネットワーク用部品であるコンデンサーやコイルなどの振動で音に悪影響を受けやすい部品の省略が可能となり、省スペースと音質向上の両立を実現しました。さらに、2つのアンプでサブウーファーを駆動することにより、スピード感のあるパワフルな低音再生を実現。各ユニット間の再生周波数帯のきめ細やかな設定が可能となり、低域から高域帯の音の再現性、つながりの良さを実現しました。

ハイレゾ再生対応フルデジタルアンプ「S-Master HX」

ソニーが培ってきた高音質デジタルアンプ技術「S-Master」を、ハイレゾリューション・オーディオフォーマットに対応させた「S-Master HX」を搭載。ハイレゾ音源の再生帯域におけるノイズ除去性能の改善により音質を向上させました。小音量から大音量までディテールを維持した高音質を実現し、迫力ある低音のエネルギー感やスピード感とともに、繊細な空気感までリアルに再現。CDよりも豊富な情報量をもつハイレゾ音源を、心震える臨場感で体感できます。

CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする「DSEE HX」

CD音源(44.1kHz/16bit)や圧縮音源のサンプリング周波数とビットレートを本来の数値より高めることで、ハイレゾ相当の高解像度音源(192kHz/24bit)に変換。より繊細な表現が可能となり、楽器やボーカルの生々しさ、演奏の場にいるような空気感、本来アーティストが伝えたかった世界観や想いまで再現し、心震える感動を体感できます。

一回の操作で、推奨サウンド設定を実現する「ClearAudio+」

ClearAudio+は、ソニー独自のさまざまなデジタル信号処理技術を組み合わせることで、ソニーならではの音を手軽に楽しめる技術。高い臨場感を実現する音場技術、迫力の低音を再現する低域再生技術、そしてクリアなサウンドを実現する補正技術を盛り込みながらも複雑な設定をすることなく、初期状態から、または一回の操作で低域から高域までソニーお勧めの音を簡単に楽しめます。

ギャップレス再生に対応

音楽ファイルのギャップレス再生に対応。ライブアルバムや、コンセプトアルバム、オーケストラなどCDや、SACDで曲間空白の無いアルバムも、楽曲ファイルごとに途切れることなく再生できます。

幅広い音声コーデック(aptX/AAC)に対応

aptX 対応プレーヤーと接続可能です。またAACにも対応しているので、iPhone(iOS 4.3.1 以降)(*)からの音楽をSBCコーデックより音質良く楽しめます。

* iPhoneを使用する場合は最新のOSにアップデートしてください

現在 ソニーストアでの取り扱いのない商品です

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
アクティブスピーカー/ネックスピーカー サイトマップ
ワイヤレススピーカー
ウェアラブルネックスピーカー
ウェアラブルネックスピーカー
お手元テレビスピーカー
お手元テレビスピーカー
グラスサウンドスピーカー
グラスサウンドスピーカー