商品情報・ストアテレビ ブラビア 4K有機ELテレビ スペシャルコンテンツ 画(VISUAL) 究極に迫る映像美

VISUAL 画

究極に迫る映像美

テレビ番組も、ネット動画も、限りなく、美しく。有機ELパネルの可能性を最大に引き出す次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載

4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」

A9Gシリーズに搭載した次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate」は従来の「X1 Extreme」からリアルタイム処理能力が2倍に。膨大な映像分析処理を行うことが可能になり、有機ELテレビでテレビ番組やネット動画など様々なコンテンツを、新次元の高画質で再生します。
例えば、さまざまな映像をHDR相当の画質でリアルに描く「HDRリマスター」は、より細部のコントラスト最適化処理が可能になりました。また新機能の「オブジェクト型超解像」では被写体(オブジェクト)ごとに超解像処理を行うことでノイズは抑えながら、より高精細な映像を実現しています。

明るく、鮮やかな新有機EL画質を実現「ピクセル コントラスト ブースター」

ソニー独自の有機ELパネル制御技術によりあらゆるシーンの色表現をより鮮やかに。
画面全体が明るい映像や、画面の一部だけが明るくなるようなシーンでも、忠実な色表現を可能にし、高コントラストな美しい映像を描き出します。

世界初*の民生用有機ELテレビメーカーとして、洗練された技術を結集

2007年に民生用テレビとして世界初の有機ELテレビ『XEL-1』を発売。以降も業務用有機ELモニターを含め、継続的に有機ELパネルの研究開発を続けてきました。『A9G/A8Gシリーズ』は当時の有機ELテレビの製品開発に携わったエンジニアも参画し、プロフェッショナルに評価されるその技術を応用することでパネルの能力を最大限に発揮。有機ELパネルの得意な黒の締まりやきらびやかな光の輝き、また広い視野角の特性も相まって、圧倒的な高画質を実現します。
*2007年10月1日時点、ソニー調べ

ピクセル単位[829万画素]で発光をコントロール(イメージ)

有機ELテレビ『XEL-1』 (生産完了品) 
2007年に発売。高コントラストと高い色再現性で、従来の液晶テレビでは表現できなかった映像美を世に送り出す

※ A8Gシリーズは2018年12月から放送が開始された「BS・110度CSによる4K・8K放送」を受信する機能は搭載していません。放送を楽しむには、別売のチューナーが必要です。

テレビ ブラビア サイトマップ