商品情報・ストアLife Space UX あなたらしい暮らしStories 自宅をくつろぎ空間に変える照明のアイデア

あなたらしい暮らしStories

自宅をくつろぎ空間に変える照明のアイデア 自宅をくつろぎ空間に変える照明のアイデア

自宅をくつろぎ空間に変える照明のアイデア

おうちで過ごす時間をもっと楽しく、心地よく。「どこまでも、あなたらしい場所にしよう」をコンセプトに、ソニーのLife Space UXがよりあなたらしい暮らし方のアイデアやヒントをお届けします。

自分好みのインテリアを少しずつ揃えてきたお部屋。

そんなお気に入りのお部屋でも時々無性にお部屋の模様替えをしたくなる、けれど大掛かりな模様替えは難しい・・・そんなことはありませんか。

そんな時は照明を変えてみるのはいかがでしょうか。

電球の色や照明器具の配置を少し工夫してみるだけで、お部屋のイメージが変わり、新鮮な気持ちで過ごすことができます。

いろいろな照明がありますがお洒落で落ち着いた雰囲気を演出するのに有効なのが間接照明。

今回は居心地の良い空間をつくりだす間接照明の効果的な取り入れ方をご紹介します。

間接照明ってどんな照明のこと?

照明には「直接照明」と「間接照明」の2種類があります。

直接照明は主に天井に取り付けることや吊るすことで部屋を直接明るくする照明のこと。

一方間接照明は壁やものに光を当て反射した光で周りを照らす照明のことで、柔らかい光と陰影を生みだすのが特長です。

家と照明

間接照明がもたらしてくれる効果

【リラックス効果】

光源が直接目に入らないので眩しくなく、壁などに反射したやわらかい光は副交感神経を優位にする効果もあり私たちにリラックス効果をもたらしてくれると言われています。

夜は部屋の直接照明を落として間接照明に切り替えて過ごすことで心地良い眠りに導く効果も。

【メリハリ演出】

人間の目は明るい方へ視線が行くようにできているので、間接照明を使うことで見せたい部分とそうでない部分をコントロールすることができます。

素敵に飾ったインテリア部分を明るくし、生活感が出てしまう部分は暗めにしておくなど工夫をしてみてもよいですね。

また、明暗のメリハリを生むことでムードある空間を演出することもできます。

くつろぎ空間を演出する間接照明の4つのテクニック

1. 天井を照らす

天井をスポットライトで照らすことや埋め込み式のダウンライトを設置することで天井や壁に反射してやわらかくなった光で部屋全体が包み込まれ、くつろげる雰囲気を演出できます。

天井照明

2. フロアランプを隅に置く

部屋の隅に間接照明を置くことで空間に奥行きが生まれます。

部屋を広く見せたい時には入口から一番遠い角に置くのが効果的。

間接照明の王道テクニックと言ってもよいかもしれません。

好みのデザインのフロアランプを一つ部屋の片隅に置くだけでお部屋の雰囲気に個性も出せるので、自分らしさを演出することもできます。

フロアランプ

3. スポットライトで見せたい部分を強調する

壁や棚上に飾ったアートやオブジェ、観葉植物などにスポットライトを当て、「見せたい所」を強調し、逆に見せたくない部分は光が当たらないようにします。

スポットライトはムードの演出だけでなく、空間の中の視線をコントロールするのにとても重宝します。

スポットライト

4. 意図的に影をつくる

意図的に影を作り出すことで空間に立体感が生まれます。

観葉植物やオブジェに光を当てて枝葉の影を壁に映し出せばインテリアのアクセントになります。

また、光と影の絶妙なバランスがデザインされた照明器具を取り入れることでロマンチックな空間を作り出すことも出来るでしょう。

影ランプ

毎日暮らす空間の照明をひとつ変えてみることで、雰囲気も気分もリフレッシュできます。

電球の色を蛍光色から電球色に変えてみるだけでもお部屋全体の印象が変わり、あたたかみのある雰囲気に。

まずは自分のお部屋で実践できそうなテクニックからひとつずつチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「次は棚上にシェードランプを置くと素敵かも」「ここの壁にスポットライトが欲しいな」など考えながら、徐々に雰囲気が変わっていく様や自分好みのくつろぎ空間に仕上がっていく過程を見るのもまた楽しいものですね。

おうちで過ごす時間をもっと楽しく、心地よく。

ソニーのLife Space UXであなたも「どこまでも、あなたらしい場所」、「どこまでも、あなたらしい暮らし」を手に入れてみませんか。

Life Space UX サイトマップ