商品情報・ストアサイバーショットDSC-RX100M6特長 : 高倍率ズームと高画質性能
特長 : 高倍率ズームと高画質性能

新開発24-200mm(*)、F2.8-4.5 ツァイス バリオ・ゾナーT*レンズ

RX100シリーズとして初めて、広角から望遠までカバーするレンズを搭載。高倍率かつ12群15枚の多枚数レンズを有しながら、非球面レンズの効果的な配置や、全群のズーム可動により小型設計を実現。また、各部品の製造誤差を精緻(ち)に分析・調整し、高い光学性能も同時に達成しています。

* 35mm判換算

シャープでクリアな描写を実現する高い解像性能

ズーム全域で画面周辺まで高い解像感が得られるレンズ構成を、RX100 VIのために新開発。RX史上最多となる4枚の高度非球面AAレンズ(*)や、2枚のED非球面レンズの採用により諸収差を低減。高倍率でありながら絞り開放時も高コントラストな描写を可能にしています。

* AA(Advanced Aspherical)=高度非球面成型

表現の幅を広げる明るい開放F値

一般的なコンパクトデジタルカメラでは、ズーム時の開放F値がワイド端付近からすぐに暗くなるのに対し、RX100 VIはズーム全域を通して明るい開放F値の維持が可能。背景を大きくぼかしたポートレート撮影や、被写体ブレを防いだスポーツシーンの撮影などで効果を発揮します。

最大4.0段(*1)の補正効果を実現した光学式手ブレ補正

快適な撮影をサポートする高性能の光学式手ブレ補正機構を搭載。ソニー独自の手ブレ補正アルゴリズムがさらに進化し、200mm(*2)の望遠域で4.0段(*1)の補正効果を実現。ブレやすい望遠側での撮影や、光の少ない場所での手持ち撮影時に高いブレ軽減効果を発揮します。

*1 CIPA規格準拠、Pitch/Yaw方向、F=200mm(テレ端、35mm判換算)
*2 35mm判換算

進化したBIONZ X(ビオンズ エックス)による高画質性能

画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)の進化した画像処理アルゴリズムにより、解像感と低ノイズを両立した高画質を実現。ディテールリプロダクション技術における被写体の再現性が向上し、ジャギーやモアレの少ない、リアルな質感表現が可能になりました。また、エリア分割ノイズリダクションでは、暗部の解像性能の向上に加え、ノイズの粒状表現をコントロールすることで高感度撮影時の画質がさらに向上。暗所撮影においても、高い質感表現で高画質に描き出します。

鮮やかで自然な色再現性

色再現性の向上により、人物撮影における微妙な肌の色や、風景の鮮やかな花の色などを自然な印象で描写。忠実な色再現と優れた質感描写で、よりリアルな画づくりが可能になります。

1200分割ライブビュー分析測光による高精度かつ安定した露出制御

ライブビュー画像を1200分割し、被写体の色や光の状況を細かく分析して高精度な測光を行います。さらにRX100 VIでは、フォーカス情報などを利用して被写体領域を重点的に細かく測光。被写体の位置や背景の輝度などの変化に対しても安定した露出制御を実現します。

より詳細に設定できる露出基準調整

-1段から+1段まで、1/6段刻みで適正露出値を変更できます。適正露出値は測光モードごとに設定可能です。

「ハイライト重点測光」「画面全体平均測光」に対応した、充実の測光モード

従来の「マルチパターン測光」「中央重点測光」「スポット測光」に加え、「ハイライト重点測光」と「画面全体平均測光」を搭載。「ハイライト重点測光」は、画面内の最も明るい領域を自動で検出し、そこに重点を置いて測光することでハイライトの白とびを防ぎます。主要被写体がスポットライトを浴びる舞台撮影などで有効です。「画面全体平均測光」は、画面全体の明るさを平均して測光。構図変化に対して安定した露出制御が行えます。

測光位置やエリアの設定が選べる「スポット測光」

フォーカスエリア設定が「フレキシブルスポット」または「拡張フレキシブルスポット」のときに、スポット測光の位置を選択されたフォーカスエリアに連動させるかを選べます。スポット測光するエリアの大きさは、「スポット:標準」と「スポット:大」から選択できます。

「オートホワイトバランス(AWB)」時の優先設定

白熱電球などの光源下でホワイトバランスが「オートホワイトバランス(AWB)」の際、優先する色味を「標準」「雰囲気優先」「ホワイト優先」から選択できます。暖かみのある表現にしたいときは「雰囲気優先」、白を白く描写したいときは「ホワイト優先」と、ホワイトバランスの特性を選択できます。

画質が選べるRAW+JPEG記録時のJPEG画質設定

静止画記録ファイル形式をRAW+JPEGに設定している際のJPEG画質を「エクストラファイン」「ファイン」「スタンダード」から選択できます。

さまざまな状況に応じた設定ができる顔検出機能

顔検出機能がさらに進化。AF時の顔優先[入/切]、マルチ測光時の顔優先[入/切]、顔検出枠表示[入/切]をそれぞれ個別に設定できます。AF時のみを顔優先させたい場合など、さまざまな状況に応じた顔検出の設定が可能です。

ISO AUTO低速限界の設定が可能

露出モードが「プログラムオート(P)」または「絞り優先(A)」でISO AUTOを選択時に、ISO感度が変わり始めるシャッタースピードを設定可能。撮影する被写体や焦点距離に合わせて最低限確保したいシャッタースピードを設定しておくことで、手ブレや被写体ブレを抑えながら撮影できます。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット サイトマップ
大型センサーモデル
高倍率ズームモデル
高倍率ズームモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
レンズスタイルカメラ
レンズスタイルカメラ