商品情報・ストアサイバーショットRX100VI(DSC-RX100M6)特長 : 表現のこだわりに応える操作性
特長 : 表現のこだわりに応える操作性

タッチシャッター対応のチルト可動式液晶モニター

液晶モニター上の撮りたい被写体に触れるだけでシャッターが切れるタッチシャッターを、RXシリーズで初搭載。タッチしたポイントに瞬時にピントが合うので、狙った被写体を直感的に撮ることができます。ハイアングルやローアングルなどシャッターボタンを押しにくいシーンにも便利です。チルト可動式の液晶モニターは、上方向約180度、下方向約90度まで角度調整が可能。ハイアングルで腕を伸ばした状態でも、構図などをしっかり確認できます。

ワンプッシュでアクセスできる収納式有機ELファインダー

235万ドット相当の有機ELを採用した「XGA OLED Tru-Finder(トゥルー ファインダー)」を搭載。XGAの高解像度と自発光方式ならではの忠実な黒を再現する高コントラストが、被写体の細部にいたるまで表示します。さらに、本体横のファインダーポップアップスイッチを下げるだけで、瞬時に使用可能な状態に。使用しないときは本体に収納でき、必要なときファインダーがすぐに使えます。また、外光の映り込みを低減して視認性を高める「T*コーティング」、ファインダーと液晶モニターの表示切り替えが自動でできる「アイセンサー」、ファインダー収納時のカメラの電源ON/OFFの設定なども装備しています。

こだわりのマニュアル操作を可能にするコントロールリング

レンズ部にあるコントロールリングを操作することで、一眼カメラのようなこだわり設定が可能。コントロールリングを回すと液晶モニターにパラメーターが表示される直感的なユーザーインターフェースで、マニュアル操作を快適に行えます。コントロールリングに割り当てられる機能は、ズームや絞りといったカメラの基本設定から、ピクチャーエフェクトといった仕上がりの調節まで自由に設定できます。また、シームレスなコントロールリングのため、動画撮影時も操作音を気にせず撮影できます。

5段階の焦点距離をすぐに選べるステップズーム

光学ズーム時の倍率を5段階(24/28/35/50/70mm相当)に固定できるステップズームを搭載。コントロールリングを回すだけで、意図する焦点距離に快適にズームできます。

よく使う機能をすぐに呼びだせるファンクションボタン

背面のファンクションボタンには、任意の機能を12種類まで登録可能。使用頻度や好みに合わせてカスタマイズすることで、必要な機能を瞬時に呼びだすことができます。背面のコントロールホイールと組み合わせて、軽快にすばやく設定を決められます。

使用頻度の高い機能を登録できるカスタマイズ機能

C(カスタム)ボタンやコントロールホイールの中央ボタン/左ボタン/右ボタンには、ピント拡大やフォーカスエリアなど50種類以上から機能を選んで割り当て可能。使用頻度の高い機能や自分好みの設定を登録しておくと、すばやく呼び出せて便利です。

ポップアップ方式の内蔵フラッシュ

コンパクトボディに、手動でポップアップできる内蔵フラッシュを搭載。フラッシュモードは、「自動発光」のほか、雰囲気のある夜景ポートレートが撮れる「スローシンクロ」、動きの軌跡を表現できる「後幕シンクロ」や「強制発光」「発光禁止」を搭載しています。

※ フラッシュの収納は手動で行います

屋外でも明るく見やすい高輝度・高精細ディスプレイ

約92.1万ドットの高精細3.0型液晶を搭載。高コントラストで深みのある黒を実現しています。

本格的なマニュアル撮影も楽しめる充実の撮影モード

シャッタースピードと絞り値を自動設定する「プログラムオート(P)」をはじめ、「絞り優先(A)」「シャッタースピード優先(S)」「マニュアル露出(M)」など、自分の意図を反映して本格的な撮影を楽しめるマニュアルモードを搭載。さらに、クリエイティブな表現が楽しめる撮影モードや「プレミアムおまかせオート」などのオート撮影機能も充実しています。

操作性が向上したズームレバー

しっかりと指がかかるようにズームレバーの形状を見直し、高倍率ズームを最大限にいかせる操作性を実現しました。また、ズームレバーを動かす大きさによって、ズーム速度が2段階に変化します。

撮影枚数が最大30パーセント向上するモニター自動OFF機能

カメラの電源はONのまま、液晶モニターのみ自動的OFFが可能。モニター自動OFF機能未使用時に比べて、静止画撮影枚数が最大30パーセント向上します。自動OFFまでの時間は、液晶モニターを最後に操作してから2秒、5秒、10秒から選択できます。

現場でのセレクト作業に役立つレーティング

撮影した静止画に5段階(★1-★5)でレーティングを設定できます。カメラ本体で設定したレーティングは、PC上に画像を取り込んだあともPlayMemories Home(プレイメモリーズホーム)やImaging Edge(イメージング エッジ)などのPCソフトウェアに引き継がれます。また、カスタムキーにレーティング機能を割り当てておくと、再生画面上でレーティングが可能。また、撮影した画像を誤って消さないように保護するプロテクト機能も搭載しています。カメラの再生画面上ですばやくレーティングが行えるようになり、撮影現場や移動中などの空き時間を利用してセレクト作業を効率よく進められます。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット サイトマップ
大型センサーモデル
高倍率ズームモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
スタイリッシュコンパクトモデル
レンズスタイルカメラ
レンズスタイルカメラ