商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αHVL-F32M特長 : 主な特長
特長 : 主な特長

α7シリーズに最適なコンパクトでパワフルなフラッシュ

収納や持ち運びに便利なコンパクト・スリムかつ軽量設計のフラッシュです。コンパクトなデザインのEマウントカメラ、中でもα7シリーズに最適な大きさで、日常の撮影での使用はもちろん、フラットな状態で収納できるため気軽に持ち出せます。ガイドナンバーは32(*)。コンパクト設計でありながら、さまざまな撮影シーンで活躍するパワフルなフラッシュです。

* 105mm、ISO100・m

防塵防滴に配慮した設計

厳しい環境下でも撮影をサポートするために、ほこりや水滴の浸入を防ぐ設計を採用。外側素材の接合部と操作パーツ部分を中心に密封素材を使用しています。

さまざまなソニー製品で使用できる「マルチインターフェースシュー」対応

HVL-F32Mは「マルチインターフェースシュー」に対応。デジタル一眼カメラαだけでなく、デジタルスチルカメラ サイバーショットやレンズ交換式ビデオカメラでも使用可能。別売のシューアダプターADP-AMAを使えば、オートロックアクセサリーシュー搭載カメラでもHVL-F32Mを使用できます。

見やすく、使いやすいLEDライトを搭載した液晶パネル

液晶パネルにはモードや光量レベルなどの設定を表示。電池の残量が少なくなると電池警告表示でお知らせ。さらに、HVL-F32Mには、フラッシュの充電状態を知らせる充電完了ランプを搭載。充電が完了すると背面の充電完了ランプが緑色に点灯します。

コンパクトサイズでありながら、縦位置撮影時のバウンス撮影にも対応

立体感のある自然なライティングを実現するために、フラッシュの発光部を部屋の天井や壁などに向けて光を拡散させるバウンス撮影。被写体の背後に強い影が出ることを防げるので、自然な印象の写真を撮るのに有効です。もちろん、HVL-F32Mもバウンス撮影に対応。発光部を上90°、左90°・右180°に回転させられるので、横位置撮影時だけでなく、縦位置撮影時のバウンス撮影が可能です。さらに、被写体の瞳をより美しく演出するキャッチライトシートを内蔵。バウンス撮影との組み合わせで効果を発揮します。

多様なフラッシュ撮影が可能

ハイスピードシンクロ機能

高速シャッターでのフラッシュ撮影がオートで可能。従来の日中シンクロではシャッター速度がフラッシュの同調速度以下に制限されて絞りが絞りこまれるため、背景のぼけ効果を生かせませんでした。このハイスピードシンクロ機能は、シャッターの全速度に同調できるので、絞りを開けての撮影が可能です。大口径レンズでも背景をぼかした美しいポートレートが簡単に写せます。さらに、ワイヤレスによるハイスピードシンクロ撮影もできます。

※ ハイスピードシンクロ時は、ADI調光、バウンス撮影(下方は可能)はできません

TTLワイヤレスフラッシュ撮影

α本体と組み合わせて、ワイヤレスフラッシュ撮影ができます。フラッシュの位置や向きを自由に変えられるので、正面からのライティングでは、強くでてしまう影や白とびを抑えたり、被写体に陰影をつけて立体感や奥行きを演出したりできます。さらに、全速同調可能なワイヤレスハイスピードシンクロも実現しています。

高精度なフラッシュ調光を得られる「ADI調光」

ADI調光対応のカメラと距離エンコーダー搭載レンズとの組み合わせにより、高精度なADI調光を実現。背景や被写体の反射率に左右されず、被写体までの距離情報をもとに、より高精度なフラッシュ調光が得られるTTL調光制御を行います。

動く被写体を印象的に演出できる「後幕シンクロ」

シャッターが閉じる直前に、フラッシュを発光させて撮影する「後幕シンクロ」に対応。光の軌跡が後方にたなびくような作品が撮影でき、動く被写体をより印象的に演出できます。

画面サイズ最適化ズーム制御機能

装着したカメラの撮像面サイズ情報を受け、最適な配光を自動コントロールする「画面サイズ最適化ズーム制御機能」を搭載。35mmフルサイズやAPS-Cサイズなど画面サイズに適した配光を行います。

※ α100は非対応

HVL-F32M 特長

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)