商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αSAL50M28特長
特長

主な特長

無限遠から等倍までの全域でAF撮影ができる、コンパクトな標準マクロレンズです。ダブルフローティング方式を採用し、高コントラストで優れた描写性能を実現。円形絞りにより美しいボケ味も楽しめます。AF時にフォーカスリングが回転しないオートクラッチ機構を装備し、操作性にも配慮。100mmマクロレンズに比べると画角が広いため、背景を生かしたマクロ表現が可能です。また、最短撮影距離が20cmと短く、小回りがきくので小さな花の近接撮影などに便利です。

大きさ:最大径φ71.5mm、全長60mm
質量:約295g

撮影例

レンズ構成図

MTF曲線

MTF(モデュレーション・トランスファー・ファンクション)

MTFはレンズのコントラスト再現性を示すレンズ性能評価方法のひとつ。撮像面上で画像がどれだけ被写体を忠実に再現しているかを、周波数特性で表現します。MTF特性図は、横軸が画面中心からの距離(mm)、縦軸がコントラストとなっており、また、MTF特性は代表的な空間周波数(10本/mm、30本/mm)について、方向(放射線状:R、同心円状:T)、絞り値(開放、F8)の条件により表されています。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)