商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αFE PZ 16-35mm F4 G特長 : その他の特長
FE PZ 16-35mm F4 G
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]用レンズ

FE PZ 16-35mm F4 G

FE PZ 16-35mm F4 G
  • 商品トップ
  • 特長
  • 主な仕様
  • 対応商品・アクセサリー
  • 撮影サンプル

Gレンズならではの高い解像性能と美しいぼけ描写、オールラウンドで活躍できる優れた操作性を、世界最軽量(*)で実現したかつてない広角パワーズームレンズ

FE PZ 16-35mm F4 Gは、ソニーが長年培ってきたレンズ設計技術で高い性能と優れた操作性を世界最軽量(*)で実現した、ズーム全域開放F値4のこれまでにない広角パワーズーム(電動ズーム)レンズです。高品位な映像表現と優れた操作性を妥協なく実現しました。動画、静止画撮影に最適な、Gレンズの描写性能・AF性能、使いやすいパワーズームなどの操作性をコンパクトなボディに凝縮。ズーム、フォーカス時ともレンズ長が変わらず、Vlogから映像制作、リモート撮影や風景写真などさまざまなシーンで活躍します。

* 2022年3月現在、ソニー調べ。35mmフルサイズセンサー対応のズーム全域開放F値4の広角ズームレンズとして

レンズ構成:12群13枚
最短撮影距離:0.28m(ワイド端)/0.24m(テレ端)
最大撮影倍率:0.23倍
焦点距離イメージ:24-52.5mm(*)
フィルター径:72mm
大きさ:最大径80.5mm × 長さ88.1mm
質量:約353g

ILCE-7RM4A 16mm 1/500秒 F4 ISO100
ILCE-7RM4A 16mm 1/500秒 F4 ISO100

* 撮像素子がAPS-Cサイズのレンズ交換式デジタルカメラ装着時の35mm判換算値

進化した描写性能を実現

コンパクトながらズーム全域で高い描写性能

小型・軽量デザインながら、最新の設計によりGレンズの称号にふさわしい描写性能を提供します。高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ2枚、非球面レンズ1枚、スーパーED(特殊低分散)ガラスとEDガラス各1枚に加え、ED非球面レンズ1枚を用いた構成で、色収差/球面収差を同時に良好に補正。超広角16mmから35mmのズーム全域で、画面中心部から周辺部まで高い光学性能を実現しています。また、コーティングの最適化により、ゴースト・フレアを効果的に抑制し、ヌケのよいクリアな描写が得られます。

ILCE-7RM4A 16mm 1/80秒 F4 ISO100
ILCE-7RM4A 16mm 1/80秒 F4 ISO100

フルサイズならではの大きなぼけを柔らかく表現し、印象的な映像作品づくりをサポート

フルサイズならではの大きなぼけを、円形絞りと適切な球面収差の設計で柔らかく表現し、印象的な映像作品づくりをサポートします。円形絞りは7枚の絞り羽根を採用しています。

ILCE-7RM4A 35mm 1/20秒 F4 ISO100
ILCE-7RM4A 35mm 1/20秒 F4 ISO100

高い近接撮影性能を実現

高度非球面AA(advanced aspherical)レンズをはじめとする光学設計の最適化によって、最大撮影倍率0.23倍の高い近接撮影能力を実現しました。

最短撮影距離: 0.28m(ワイド端)/ 0.24m(テレ端)
最大撮影倍率: 0.23倍

ILCE-7RM4A 16mm 1/25秒 F4 ISO100
ILCE-7RM4A 16mm 1/25秒 F4 ISO100

レスポンスのよい快適な新設計パワーズーム

新設計のパワーズーム機能を搭載し、通常のマニュアルズームリングに迫る快適な操作が可能です。また、αレンズでは初めて(*)ズーム群駆動にもXDリニアモーター4基を採用し、かつ、アクチュエータ設計を高効率化することで、応答性に優れた制御を実現。これにより、ズームリングの繊細な操作を高精度に検出し、パワーズームながらレスポンスのよい画角調整ができます。細やかな画角変更など、従来のパワーズームでは対応が難しかった撮影シーンでもストレスなく使用できるなど、多彩な用途と映像表現に対応します。

* 2022年3月広報発表時点、ソニー調べ
ズームリングの説明に不明瞭な表現があったため、訂正しました。2022年4月8日

速度を一定に保った「スローズーム」による表現も簡単に実現

無段階変速タイプのズームレバーをレンズの側面に搭載。速度を一定に保ったスローズームなど、マニュアルでは難しい操作が可能なほか、操作による映像の揺れを最小限に抑えることができ、ワンパーソン撮影でも、なめらかなズーム表現ができます。

レンズ(左)とカメラ(右)のズームレバー
レンズ(左)とカメラ(右)のズームレバー

対応するカメラ本体のレバー(*1)やカスタムボタン(*2)からのズーム操作、リモートでのズーム操作が可能

パワーズームならではの用途として、対応するカメラ本体のレバー(*1)やカメラにカスタムアサインされたボタン(*2)、別売のアクセサリー(RMT-P1BT、GP-VPT2BT)、最新のImaging Edge Mobileアプリから容易にズーム操作が可能。ジンバル撮影でも直接レンズに触れることなく、リモートでスムーズなズーム操作が可能です。

*1 対応カメラ:FX3 / ZV-E10(2022年3月現在)
*2 対応カメラ:α1 / α7S III / α7 IV / FX3 / ZV-E10(2022年3月現在)

ズームリング操作方向のカスタム設定

対応するカメラ(*)でズームリングの操作方向を逆方向に設定することも可能です。撮影環境やお好みに応じて使い分けができます(Left(W)/Right(T)またはLeft(T)/Right(W))。

* カメラボディとの機能互換性の詳細はサポートページをご覧ください

動画撮影に求められる高品位な映像表現と優れた操作性

映像品位にこだわった設計

動画撮影では、映像に残る画角の変動や揺れを最小限にすることが求められます。軸吊り構造を含む最適なレンズ設計技術を採用し、フォーカス時のブリージングや、ズーム操作に伴うフォーカスシフト、軸ずれを抑制。なめらかで品位のある表現を可能にします。また、動画撮影時の静粛性にも徹底的にこだわり、フォーカス・ズーム・絞り動作時の動画撮影中の操作音や振動を抑制しました。さらに、αシリーズカメラの「ブリージング補正機能(*)」にも対応しており、撮影後の編集の負荷を軽減します。

* 対応機種:α7 IV、FX6(2022年3月広報発表時点)。最新の対応機種については こちら をご覧ください。静止画モードでの撮影時は本機能は使用できません。本機能を[入]にすると画角と画質がわずかに変化します。本機能を[入]にしても、レンズによっては、補正しきれない場合があります

なめらかで静粛な高性能動画AFを実現

シビアなピント合わせが求められるスローモーションや、4K・8Kの高精細動画撮影においても、カメラと連動し、動きの速い被写体を高精度かつなめらかで静粛に追随します。高推力のXDリニアモーターや光学設計の最適化、応答性に優れた制御で、サイズを犠牲にすることなく高精度なAFを実現しました。少人数での撮影においてカメラまかせのフォーカシングが可能です。

タイムラグが少なく応答性に優れたリニア・レスポンスMFにも対応

マニュアルフォーカス時の繊細なリング操作にもレスポンスよく反応する、「リニア・レスポンスMF」を採用。リング回転角度に対応したフォーカス移動で精緻なピント合わせができるため、動画撮影時のラックフォーカス操作などで撮影者の意図がダイレクトに反映できます。また、α7 IVやFX6の「AFアシスト機能」にも効果的で、クリエイティブな映像表現をサポートします。

静止画、動画問わずユーザーの撮影自由度を高めるAF性能

フォーカス群には最新のXD(extreme dynamic)リニアモーター2基を採用。高い推力による高速かつ静粛で振動を抑えたフォーカス駆動が可能です。たとえば、ハイフレームレート動画の撮影時に被写体をなめらかに捉え続けたり、動きの速い被写体をα1の最高30コマ/秒の高速連写(*)で確実に追随したいシーンなどで威力を発揮します。また、ズーミングしながらの撮影でも、被写体をなめらかで静粛に追随できます。

* 連続撮影モード「Hi+」時。シャッタースピードが1/125以上の場合に有効。AF-Cモード時はシャッタースピードが1/250以上の場合に有効ですが、装着レンズ、撮影モードによって最高連写速度が異なります

妥協のない世界最軽量(*)デザイン

機能、性能を犠牲にすることなく小型・軽量化を実現するため、最新の設計技術であらゆる要素を徹底的に見直しました。フォーカス・ズーム・絞りの3つのリングを備えただけではなく、パワーズームにも対応。圧倒的に小型・軽量で、世界最軽量(*)質量約353gを実現しました。また、ズーム・フォーカス中のレンズ長が変わらないインナーズーム・インナーフォーカスにも対応。重心バランスの変動を抑えたことで、ジンバルでの安定した動画撮影も可能です。高い機動性で、被写体や用途、場面を選ばず常用できるレンズとして幅広いニーズに応えます。

* 2022年3月現在、ソニー調べ。35mmフルサイズセンサー対応のズーム全域開放F値4の広角ズームレンズとして

インナーズーム・インナーフォーカス方式を採用

ズーム、フォーカス時にもレンズの長さが変わらないインナーズーム・インナーフォーカス方式を採用。重心バランスを保ち、安定した動画撮影が可能です。

3つのリングやアイリスロックスイッチ、フォーカスホールドボタンなどを小型ボディに搭載し、妥協のない高い操作性を実現

[使い勝手に配慮]
コンパクトな筐体に、フォーカス・ズーム・絞りの3つのリングを搭載。動画撮影時でも使いやすく、かつ静止画撮影時の操作性も損なわないよう、径や幅、配置を工夫しました。フォーカスリングは動画撮影時も操作がしやすく、隣り合うフォーカスリングとズームリングは、モニターを見ながらでも確実に操作できるよう段差を設けています。

[アイリスロックスイッチ]
アイリスロックスイッチは、撮影中不用意に絞り値が変わらないように、LOCK位置では「A」ポジションもしくはF4-F22の間で固定、RELEASE位置では「A」を含む絞り全域での操作が可能です。

[カスタマイズできるフォーカスホールドボタン]
フォーカスホールドボタンを搭載。被写体や撮影シーンに合わせ、ボディの豊富なメニューから1つの機能を割り当てることが可能です。

1. フォーカスリング<br>2. ズームリング<br>3. ズームレバー<br>4. 絞りリング<br>5. フォーカスホールドボタン<br>6. フォーカスモードスイッチ<br>7. アイリスロックスイッチ<br>8. 絞りリングクリック切り換えスイッチ(レンズ右側面)
1. フォーカスリング
2. ズームリング
3. ズームレバー
4. 絞りリング
5. フォーカスホールドボタン
6. フォーカスモードスイッチ
7. アイリスロックスイッチ
8. 絞りリングクリック切り換えスイッチ(レンズ右側面)

クリック切り換えもできる絞りリング

絞りリングにより即時性の高い絞り操作を実現。クリックのON/OFFはスイッチで切り換え可能です。絞りリングのクリックOFF時はクリック音がなくシームレスに絞りを変更できます。撮影シーンや好みに合わせて設定可能です。

フォーカス・ズーム・絞りの3つの操作リングを搭載

フォーカス・ズーム・絞りの3つの操作リングの搭載で、動画撮影時もスムーズなマニュアル操作が可能です。

・フォーカスリングは指1本で簡単に操作可能
・フォーカスリング・ズームリングは、「段差」がある設計になっており、操作時にリングの区別がしやすいデザインです
・フォーカスリング・ズームリングのトルクは軽い回転操作でズーム全域を俊敏に移動できるよう最適化されています

防塵・防滴(*)性能やフッ素コーティングなど、フィールドワークをサポートする信頼性

[防塵・防滴に配慮した設計(*)]
防塵・防滴(*)に配慮した設計を施すことで、屋外での過酷な撮影環境での使用にも十分耐えられる信頼性を確保しています。

[フッ素コーティング]
最前面のレンズに施したフッ素コーティングにより、レンズ表面に指紋、ほこり、水滴、油、泥などが付きにくく、付着しても簡単に取り除けます。

* 防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません

レンズ構成図

記載内容に誤りがあったため、訂正しました。2022年4月8日
修正前:水色:ED(特殊低分散)非球面レンズ、青色:スーパーED(特殊低分散)ガラス
修正後:水色:スーパーED(特殊低分散)ガラス、青色: ED(特殊低分散)非球面レンズ

MTF曲線

関連コンテンツ

Eマウントレンズラインアップ
Aマウントレンズラインアップ
ソニーのEマウントレンズ
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)