商品情報・ストアヘッドホンWF-H800特長 : その他の特長

完全ワイヤレスでもハイレゾ級(*1)高音質

DSEE HX(*2)搭載で、完全ワイヤレスでもハイレゾ級(*1)の高音質を楽しめる

CD、MP3、ストリーミングアプリ、動画などの圧縮音源の高音域を補完し、ハイレゾ級の高音質で聴けるDSEE HX(*2)を搭載。いつもの音楽をより高音質に楽しむことが可能です。

*1 DSEE HX ON時にCDやMP3などの圧縮音源をSBC/AACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96kHz/24bitまで拡張
*2 DSEE HXは Headphones Connect アプリから機能を有効にすることでお楽しみいただけます

高音質6mmドライバー搭載

小型ながら高感度な6mmドライバーがパワフルな低音からクリアな高音まで高精細な音楽再生を実現

高い接続安定性

【左右同時伝送方式を採用】
本体の左右側それぞれがプレーヤーからのBluetooth信号を同時に伝送することで、接続安定性が大幅に向上しました。また、Bluetoothのアンテナ構造を最適化したことも、接続安定性向上に寄与しています。

【動画遅延が大幅に減少】
左右同時伝送方式により、動画試聴の際の映像と音声がずれが大幅に低減されています。

本体だけで8時間再生のロングバッテリーライフ

本体だけで最長8時間(*)の連続音楽再生が可能。さらに充電ケース1回充電で、合計16時間バッテリーが持続します。また、10分充電で70分再生可能(*)のクイック充電にも対応。突然の外出時も安心です。

* DSEE HX OFF時

コンパクト軽量設計の高い装着性と携帯性

コンパクト軽量設計

新規充電端子を採用し、本体とケース内のデバイスレイアウトを見直したことにより、本体及びケースを小型化。耳からの出っ張りを抑えることで装着感を高め、スマートな装着姿を実現します。

持ち運びやすい小型ケース

音楽を聴いていないときはケースに戻すことで充電が可能。マグネットを採用しているため、かんたんに正しい位置に収まります。小型軽量なケースですので、小さいポケットなどにも入り、手軽に持ち運ぶことが可能です。

耳にフィットし快適装着

人間工学に基づき、耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用。軽いボディが耳にしっかりフィットすることで安定した装着感を可能にします。

自分らしさで選べる5つのカラーバリエーション

ツートーンカラーが特徴的な5つのカラーバリエーション。さりげなく個性をまとうことができます。

本体操作

ボタンでスマホや音楽プレーヤーの操作が可能

本体に搭載されたボタンにより、スマートフォンなどの音楽再生機の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、音量の上げ下げ、さらには電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能。また、Siri(R)(*1)やGoogle(TM)アプリ(*2)といったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応(*3)。スマートフォンを取り出さず、ヘッドホン側の操作と音声操作により、電話をかけたり音楽を再生したり、天気予報などのちょっとした調べものをすることも可能です。

*1 Siri(R)はApple Inc.の登録商標です
*2 スマートフォンの仕様やアプリバージョンにより対応しない場合があります。Google(TM)アプリは、Google LLC の商標です
*3 Google アシスタントを有効にしている場合は操作が無効になります

音声アシスタント機能に対応

Google アシスタント とAmazon Alexaを搭載。音楽を聴く際の操作や、ニュースの確認、スケジュールの管理、調べものなどを音声操作で行うことができます。

※ その他の機能についてはGoogle のホームページをご参照ください https://assistant.google.com/intl/ja_jp/
※ Googleアシスタント は、Headphones Connectアプリで右または左に機能を割り当てることで使用可能です
※ Google は、Google LLC の商標です

左右両側での使用はもちろん、片側での使用も可能

【左右両側でのハンズフリー通話】
左右両側から電話の音声が聞こえるため、より自然なハンズフリー通話が可能です。

【左または右だけでの片側使用も可能(*)】
左または右どちらか片方を充電ケースにしまったままでも、片側だけでのリスニングが可能です。片方を充電しながらもう片方で音楽を楽しんだり、ハンズフリー通話をしたりできます。

* Googleアシスタントを左右どちらかに割り当てた場合は、Googleアシスタントを割り当てた側でのみ、片側使用が可能

装着検出機能

左右両側を装着した状態で音楽を再生し、一時的に片側を外すと、自動で音楽が一時停止。再度装着すると自動で音楽が再生します(*1)。また、片側を外したまま約5分経過すると、自動で外した方のイヤホンの電源がOFFになり、バッテリーの消費を防げます(*2)。

*1 再生機器や、ご使用のアプリによっては、正しく動作しない場合があります
*2 Headphones Connectアプリ上で音楽の一時停止ON/OFF、自動電源ON/OFFの設定の変更ができます

Android端末との接続時に便利なGoogle Fast Pair対応

ヘッドホンをペアリングモードにし、接続機器に近づけると出るポップアップをタップするだけで簡単にペアリングが可能です。

※ Android OS ver. 6.0以降にアップデートしていただく必要がございます
※ Fast Pair可能なAndroid端末は2台までです
※ 画像は別商品のWH-1000XM4のものです

【「デバイスを鳴らす」機能に対応】
ヘッドホンをどこに置いたか忘れてしまっても、Fast Pairで接続した端末上で「デバイスを鳴らす」機能を使うことで音を鳴らし、探しやすくすることができます。

※ こちらの機能はFast Pairで接続した場合のみご使用いただけます
※ 画像は別商品のWH-1000XM4のものです

【「端末を探す」アプリに対応】
専用のGoogleアプリ「端末を探す」をお使いいただくことで、最後にAndroid端末と接続をした場所、時間を地図上で確認することができます。

※ こちらの機能はFast Pairで接続した場合のみご使用いただけます
※ 画像は別商品のWH-1000XM4のものです

アプリ機能

専用アプリ「Headphones Connect」(*)に対応。さまざまな機能をアプリ上でカスタマイズ可能

【お好みの音質にカスタマイズする事ができる「イコライザー」】
「Relaxed」や「Bass Boost」など8種類のプリセットから選択したり、お好みのイコライザー設定にカスタマイズしたりすることが可能です。

* アプリはBluetooth接続時のみ使用できます

【ボタンの操作をカスタマイズ】
左右それぞれのボタンに割り当てる機能を自由に選択することが可能。音楽の再生/停止や音量調節、Googleアシスタント、Amazon Alexa等の選択が可能です。

【充電ケースのバッテリー残量の確認】
アプリ画面上で、充電ケースのバッテリー残量を100%/70%/30%/5%の4段階で確認することが可能です。

【ソフトウェアのアップデート設定】
ソフトウェアアップデートがあった際に、バックグラウンドでファームウェアをダウンロードすることが可能です。これにより、ファームウェアをダウンロードしている間も、音楽を聴いたり、スマートフォンを操作することができます(*)。

* 本体にファームウェアをインストールするときのみ、スマートフォンの操作ができなくなります

【その他の機能】
両耳で使用しているとき、片側のイヤホンを外すと自動で音楽が一時停止する機能のON/OFF、音質モードの切り替え、DSEE HXのON/OFF、装着していない場合の自動電源OFFの設定の変更、通知音と音声ガイダンスの言語の変更などの操作が可能です。

ソニーストアで購入すると

ソニーストアはメーカー保証内容<3年>付き

20,000 円+税

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
ヘッドホン サイトマップ
ヘッドホン
ウォークマン専用ヘッドホン
ワイヤレス/コードレスヘッドホン
ホームユースヘッドホン
ヘッドホンアンプ
ヘッドホンアンプ