商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα6400特長 : 高解像4K動画と多彩な動画機能
特長 : 高解像4K動画と多彩な動画機能

画素加算のない全画素読み出しによる高解像4K動画記録(*1)

シネマカメラユーザーが扱い慣れているスーパー35mmフォーマットでの高解像な4K動画(*1)がα6400で記録可能。画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)(*2)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力。オーバーサンプリング効果により、圧倒的な解像力を誇る4K画質を実現します。さらに、常用ISO感度が最高32000まで対応し、暗いシーンでの高感度撮影時にもノイズを抑えて高画質に撮影できます。また、180度チルト可動式液晶モニターを搭載しているので、自分撮り動画も4Kの高画質で楽しめます。

*1 XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCカードが必要です。100Mbps記録時には、UHSスピードクラス3が必要です
*2 24p記録時。30p記録時は、約1.6倍です
*3 HDR(HLG)映像をテレビで表示する場合は、HDR(HLG)対応ソニー製テレビと本機をUSB接続しご覧ください

高画質映像を実現するXAVC Sフォーマットを採用

4Kの記録フォーマットにはXAVC S(*)を採用。4K(30p/24p)記録時は最大100Mbps、フルHD(60p/30p/24p)記録時には最大50Mbpsの高ビットレートでの高画質記録が可能。高精細で圧縮ノイズの少ない美しい映像表現を実現します。また、フルHD 120fpsのハイフレームレート撮影時には、最大100Mbpsで記録が可能なため、後編集で高画質なスローモーション映像を楽しめます。

* XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。100Mbps記録時にはUHS-I(U3)のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

4K動画をスマートフォンに転送可能(*)

モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile(イメージング エッジ モバイル)」を使えば、4Kを含む高ビットレート動画をスマートフォンに転送(*)できます。

* スマートフォンの性能により再生できない場合があります

カメラまかせでスムーズにピント合わせができる動画中のファストハイブリッドAF

ファストハイブリッドAFの像面位相差システムを活用し、動画撮影に求められる安定したAFを実現。被写体の前を障害物が横切った場合にも、スムーズでふらつきのないピント合わせが可能です。ピントを気にせず撮影に集中できるので、ジンバル撮影やトークしながらの撮影に効果的です。さらに、新開発のタッチトラッキングは動画撮影にも対応。液晶モニター上でフォーカスしたい被写体をタッチすれば、色や輝度、距離、顔情報を分析しながら、精度高く被写体を追いかけ続けます。

AF駆動速度、AF被写体追従感度の調整が可能

動きの速い被写体を撮影するときはAF駆動速度を「高速」に設定し、素早くフォーカシング。動きのないシーンでは「低速」に設定してAF駆動を抑え、なめらかなピント送りで映像を印象的に撮影できます。また、被写体がフォーカスエリアから外れたときの追随度合いの選択が可能に。距離の異なる被写体につぎつぎにピントを合わせる場合は「敏感」を、被写体の前を障害物が横切るようなシーンでは「標準」を選べば、狙った被写体だけに安定してAFを追随させることができます。

時間経過による変化を記録できるタイムラプス動画

一定の間隔で連続撮影を行う「インターバル撮影」が、カメラ単体でできるようになりました。パソコン用ソフトウェア「Imaging Edge(イメージング エッジ)」と「PlayMemories Home(プレイメモリーズ ホーム)」を使用して、インターバル撮影した画像からタイムラプス動画が作成できます。高画素で撮影すれば4K動画制作も可能です。カメラで動画の仕上がりが確認できる、簡易再生機能も搭載しています。撮影間隔は1 - 60秒、撮影回数は1 - 9999回の設定が可能。インターバル撮影中のAE追従感度の設定もでき、露出の変化を低減できます。さらにサイレント撮影を併用すれば、メカシャッターの使用回数や振動を気にせず撮影できます。

※ タイムラプス動画制作には、最新版のソニー純正ソフトウェアのImaging EdgeとPlayMemories Homeのインストールが必要です。Imaging EdgeとPlayMemories Homeのダウンロードについてはこちら(https://www.sony.net/pmx)をご参照ください

交換レンズならではの4K映像表現

レンズを交換することで、写真撮影だけでなく、動画撮影の楽しさも広がります。子どもを主役に背景をキレイにぼかした印象的な動画を撮影したいときは、単焦点レンズE 50mm F1.8 OSS。旅行先で家族写真と一緒に動画も撮影したいときは、広角から望遠まで1本でカバーする、高倍率ズームレンズE 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE。さらに、より本格的な動画撮影を行いたいときは、Gレンズならではのぼけ味と圧倒的な解像力を堪能できる望遠ズームレンズFE 70-200mm F4 G OSSがおすすめです。

プロフェッショナルの映像制作をサポートする、進化した動画撮影機能

本格的な動画撮影の現場に求められるさまざまな動画機能を搭載。ピクチャープロファイルやタイムコード、HDMIクリア出力など従来から搭載されている機能に加え、S-Log収録時にモニタリングしやすいガンマ表示アシスト機能や露出合わせがしやすいゼブラ機能など、さまざまな動画撮影機能が進化しプロフェッショナルワークフローを強力にサポートします。

* XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。100Mbps記録時にはUHS-I(U3)のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

S-Gamut3.Cine/S-Log3、S-Gamut3/S-Log3に対応

幅広いダイナミックレンジでの撮影を可能にするS-Log3、S-Log2ガンマを搭載。ポストプロダクションでのカラーグレーディングにより、さまざまな動画表現が楽しめます。色域はS-Gamutから色再現性に改善を加えたS-Gamut3に加え、フィルム撮影のネガフィルムをスキャンしたものに近づけて設計されたS-Gamut3.Cineにも対応しています。デジタルシネマの色域であるDCI-P3より広く設定されたS-Gamut3.CineとS-Log3を組み合わせれば、DCI-P3や709ビデオカラースペースをターゲットにしたカラーグレーディングが容易です。用途に応じてS-Log2/S-Gamutも選択可能。S-Log3設定時は14ストップという再現域を確保しています。

インスタントHDRワークフローを実現するHLG(Hybrid Log Gamma)(*)対応

HDR対応のピクチャープロファイルとしてHLG(Hybrid Log-Gamma)(*)を搭載。HDR(HLG)対応テレビなら、カラーグレーディングをせずに黒つぶれや白とびを抑えた自然でリアリティーある映像が楽しめます。また、従来に比べて広色域のBT.2020カラースペースに対応。4種類の設定値(HLG、HLG1、HLG2、HLG3)を搭載し、HLGはITU-R BT.2100相当の設定、HLG1/HLG2/HLG3はより広いダイナミックレンジを実現するガンマ設定。ダイナミックレンジとノイズのバランスがそれぞれ異なる設定で、シーンに合わせて使い分けられます。

* HDR(HLG)映像をテレビで表示する場合は、HDR(HLG)対応ソニー製テレビと本機をUSB接続しご覧ください

遅回し・早回し撮影を可能にする「スロー&クイックモーション」(*)

スローモーションとクイックモーション撮影が可能な撮影モード「スロー&クイックモーション」を搭載(*)。撮影フレームレートを1fpsから120fpsまでの8段階から選択でき、最大60倍までのクイックモーションと最大5倍までのスローモーションを最大50MbpsのフルHDで記録できます。クイックモーションは、太陽の動きや雲の流れなど事象の変化を短時間に圧縮し、時間の流れを強調して表現できます。

* 音声記録はできません。Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

プロの要求に応える多彩な動画撮影機能

ピクチャープロファイルをはじめ、S-Gamut/S-Log2、ガンマ表示アシスト、進化したゼブラ機能、HDMIクリア出力、TC/UB、レックコントロール、同時ビデオ記録、マーカー機能を搭載。プロ用機器に搭載されているさまざまな動画機能に対応しています。

マイク端子搭載、XLRアダプターキットに対応

外付けマイクが装着可能なマイク端子を装備。さらに、プロ用オーディオ機器の標準形式XLR端子に対応。別売のXLRアダプターキット(XLR-K2M)を接続すれば、高性能マイクやミキサーなどXLR端子機器からのライン入力が可能です。また、2chの入力をそれぞれ独立して設定でき、より本格的な動画撮影を実現します。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)