商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα9特長 : 先進のオートフォーカス機能
特長 : 先進のオートフォーカス機能

フルサイズ Eマウント機初の“4Dフォーカス”

[Wide]広範囲をカバーする693点の像面位相差検出AFセンサー

撮影領域のほぼ全面となる約93%をカバーする、693点の像面位相差検出AFセンサーを配置。位相差AFセンサーの広いカバー範囲と高密度配置により、ピントが抜けやすい小さな被写体でも、画面の端から端まで精度高く捉え続けることができます。

[Fast]進化したファストハイブリッドAFによる高速AF

高速性と追随性に優れた位相差AFと高精度なコントラストAFを併用する「ファストハイブリッドAFシステム」がさらに進化。「BIONZ X(ビオンズ エックス)」の高速処理を最適化させ、AF速度がα7R II比で約25%向上。動きの速い被写体を瞬時に捉えることができます。また、コントラストAF枠を425点(*)の高密度で配置することで、コントラストAFが優位になる低照度環境下などでも高精度なAFが可能になります。693点の像面位相差AFとの組み合わせで、さまざまな環境下で高速・高精度なAFを実現します。

* ソフトウェアアップデートVer.5.0以降で対応

[Steadfast]常時測距と動体予測アルゴリズムによる粘り強い動体追随性能

最大60回/秒(*)の演算によるAF追随の仕組みと、最適化した動体予測アルゴリズムにより、AFの精度と追随性能が大幅に進化。ブラックアウトフリー連続撮影中のレリーズ間も絶え間なく測距することで、コマ間の動体予測が難しかったスピードに緩急のある被写体に対しても精度高く追随し続けます。

* シャッタースピードが1/125秒以上の場合に有効です。装着レンズ、カメラ設定によって演算回数は異なります

可能性を広げる多彩なオートフォーカス機能

状況が変化しても追いかけ続ける、リアルタイムトラッキング(*1)

従来のロックオンAFを一新し、AI(*2)を活用した「リアルタイムトラッキング」機能を搭載。狙いたい被写体を指定し、シャッターボタンを半押しするだけで、カメラまかせで自動追随させることができます。新開発の物体認識アルゴリズムにより、色や模様、被写体距離といった空間情報をリアルタイムに高速処理。AF時の顔優先を「入」にしておけば、高い被写体認識精度で顔や瞳の情報を検出し続け、被写体の状況に合わせてフォーカス枠を変化させます。

*1 ソフトウェアアップデートVer.5.0以降で対応
*2 機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用

AI(*1)による瞳検出をさらに強化したリアルタイム瞳AFの進化(*2)

AI(*1)による物体認識で即時に瞳情報を検出するリアルタイム瞳AF機能がさらに進化。AF-C(コンティニュアスAFモード)時もシャッターボタンを半押しするだけで、瞬時に被写体の瞳を検出し、高精度に追随します。フォーカスする瞳を「オート」「右目」「左目」から任意で選択したり、「右目/左目切換機能」でカスタムボタンを押すたびに左右を切り換える(*3)設定も可能です。

*1 機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用
*2 ソフトウェアアップデートVer.5.0以降で対応
*3 シャッターの半押し中は切り換えられません
※ シーンや被写体の状況によってはうまくピントが合わない場合があります
※ 動画撮影中は瞳AFは使用できません

「リアルタイム瞳AF」が一部の動物にも対応(*1)

高度な物体認識技術を用いて瞳を捉え続ける「リアルタイム瞳AF」に、新たに動物(*2)に対応したアルゴリズムを追加。これにより動物の瞳を高速・高精度に自動検出し、追随します。これまでフォーカス枠をピンポイントに合わせることが難しく失敗しがちだった動物の撮影や、大好きなペットの愛らしい瞳が格段に撮影しやすくなります。

*1 ソフトウェアアップデートVer.6.0以降で対応
*2 人物と動物ではモードの切り換えが必要です。すべての動物が対象ではありません
※ シーンや被写体の状態によってはうまくピントが合わない場合があります

像面位相差AFの精度向上と活用領域の拡大(*)

AFアルゴリズムのさらなるブラッシュアップにより、AF追随連写時(AF-C)に像面位相差AFの精度を向上。特に屋内スポーツなど、 屋外に比べて照度の低い環境下でも性能を改善しました。また、AF追随連写時に絞り値上限F16(*)まで像面位相差AFに対応し、連写しながらの流し撮りなど、AFの活用領域が広がります。像面位相差AFに対応した全てのEマウントレンズで有効です。

* ソフトウェアアップデートVer.5.0以降で対応

ピンポイントの動体撮影をサポートする「拡張フレキシブルスポット」

動く被写体をピンポイントで撮影する場合、フォーカスエリアを「拡張フレキシブルスポット」に設定すると、選択したフォーカスポイントから被写体が一時的に外れても、その周辺のフォーカスポイント8点に自動で切り替わり、再びピントを合わせます。

高い精度で被写体を自動検出、追尾する「トラッキング」、「押す間トラッキング」、「タッチトラッキング」(*)

従来の「ロックオンAF」を一新した被写体追尾機能を搭載。新開発の物体認識アルゴリズムにより、色、模様、輝度、被写体距離 (奥行き) からなる空間情報をリアルタイムに高速処理。フォーカスエリアモードを「トラッキング」に設定する従来の操作方法に加え、カスタムキーに「押す間トラッキング」をアサインすることで、狙ったタイミングで追尾を開始することも可能です。また、メニューから「タッチトラッキング」を設定しておけば、狙いたい被写体をモニター上でタッチするだけで追尾する被写体を選択できます。「トラッキング」と「押す間トラッキング」は静止画撮影時に使用できます。「タッチトラッキング」は静止画撮影時/動画撮影時に使用できますが、ファインダー撮影時は無効です。

* ソフトウェアアップデートVer.5.0以降で対応

EV-3の低輝度環境にも対応する高精度なAF

イメージセンサーの優れた感度特性により、暗がりの中でも高精度なオートフォーカスを活かした撮影が可能。「シングル AF(AF-S)」時の低輝度限界は、EV-3(ISO100相当/F2.0レンズ使用)を達成しています。

5段階から選べるAF追従感度設定

静止画撮影時は、被写体がフォーカスエリアから外れたときの AFの追従感度を5段階から選択可能。距離の異なる被写体に次々とピントを合わせたいシーンでは、「5(敏感)」を選択。撮影したい被写体の前を別の被写体が横切るような条件下では、「1(粘る)」を選択することで別の被写体へのAFの乗り移りを防ぎ、安定したピントの追随が可能になります。

シチュエーション別のフォーカス設定ガイド

α9のAF性能を最大限引き出すために、各種スポーツ競技や、電車、飛行機、野鳥などの様々なシチュエーションにおける最適なAF設定ガイドを公開しています。

シビアなピント合わせに有効な拡大表示中のAF

「ピント拡大」機能でピントを合わせたいエリアを選択し、ファインダーまたは液晶モニター上で拡大表示した状態でもオートでピント合わせが可能です。拡大表示中はフレキシブルスポットよりも狭い範囲でピント合わせができるので、マクロ撮影などのピントにシビアな撮影に有効です。また、ピントが合った状態からも拡大表示できるので、ピント位置の確認やピントの合わせ直しも可能です。

ピント確認を容易にする「ピーキング」機能

マニュアルフォーカス時に、画面内のシャープな部分を色つきで表示します。画面のどこにピントが合っているか一目で確認ができ、細かなピント合わせを行うマクロやポートレート撮影に便利です。ピーキングの色は青(*)、白、赤、黄から選べ、ピーキングレベルは3段階から選択でき、Aマウントレンズ装着時(*)にも活用できます。

* ソフトウェアアップデートVer.5.0以降で対応

Aマウントレンズ装着時(*1)も693点の像面位相差検出AFに対応

専用位相差AFセンサーを搭載していないマウントアダプター(LA-EA3)を介した Aマウントレンズ装着時(*1)でも像面位相差AFに対応し、693点の像面位相差検出AFによる広いAFカバー範囲や高速レスポンス、高い追随性能をAマウントレンズで発揮します。さらに、マウントアダプター(LA-EA3)のソフトウェアのアップデート(*2)により、Aマウントレンズ装着時も、AF/AE追随 最高10コマ/秒(*3)(Hi/Midモード)の高速連写が可能になります。

*1 SSMレンズまたは、SAMレンズ装着時。メニュー内の「AFシステム」設定から位相差AF/コントラストAFを選択して使用できます。動画撮影時は「像面位相差検出AF」に対応していません
*2 ソフトウェアの提供情報はサポートページでご確認ください
*3 装着レンズによって最高連写速度が異なります。レンズの互換性情報はサポートページでご確認ください

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)