商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αSEL18135特長
特長

主な特長

小型・軽量ながら光学7.5倍を実現。多彩な撮影シーンで活躍するAPS-Cフォーマット対応高倍率ズームレンズ

使用頻度の高い広角27mmから望遠202.5mm相当(35mm判換算)までを幅広くカバーし、風景、ポートレート、ネイチャーなど多彩なシーンで活躍するAPS-Cフォーマット対応の高倍率ズームレンズです。光学7.5倍の高倍率ズームでありながら、小型・軽量設計により、Eマウントシステムならではの高い携行性を備えています。また、新規光学設計により、ズーム全域で画面すみずみまで高い解像性能を実現。さらに、光学式手ブレ補正機能を内蔵し、手持ち撮影もサポートします。日常のスナップ撮影はもちろん、荷物を最小限に抑えたい旅行などにもおすすめです。また、高速かつ高精度で、静粛性にも優れたAF駆動を実現するなど、静止画に限らず、動画撮影にも活躍します。

レンズ構成:12群16枚
最短撮影距離:0.45m
最大撮影倍率:0.29倍
焦点距離イメージ:27-202.5mm(*)
フィルター径:φ55mm
大きさ:最大径φ67.2mm、全長88mm
質量:約325g

* 撮像素子がAPS-Cサイズのレンズ交換式デジタルカメラ装着時の35mm判換算値(mm)

小型かつ軽量な設計で、Eマウントシステム全体で高い携行性を実現

高いズーム倍率を備えながら、最大径67.2×長さ88.0mm、質量325gの小型・軽量化を実現。ショートフランジバックに最も適した新規光学設計により、レンズ単体としてだけでなく、Eマウントシステム全体で高い携行性を備えています。

非球面レンズを採用した新規光学設計により、ズーム全域で高い解像性能

非球面レンズを含む新規光学設計により、高い解像性能を実現。非球面レンズが諸収差を良好に補正し、ズーム全域での高い描写を可能にしています。

ED(特殊低分散)ガラスを効果的に配置し、色収差を良好に補正

効果的に配置された2枚のED(特殊低分散)ガラスにより、解像感の低下につながる色収差を良好に補正し、画面全体にわたりシャープな描写を生み出します。

光学式手ブレ補正機構を搭載し、手持ち撮影を快適にサポート

レンズ内に光学式手ブレ補正機能を内蔵し、手ブレの起きやすい望遠撮影や屋内などの光量の少ない場所でも、被写体をシャープに捉えられます。

最短撮影距離0.45m、最大撮影倍率0.29倍の優れた近接撮影能力

最短撮影距離0.45m、最大撮影倍率0.29倍という優れた近接撮影能力を備えているため、花や生物などの被写体に近づくことでぼけを生かした表現ができ、常用レンズとしてオールラウンドに活躍します。また、円形絞りの採用による美しいぼけ味も魅力です。

リニアモーターを採用し、静音性に優れた高速かつ高精度なAF駆動

AF駆動にはリニアモーターを採用し、フォーカスレンズ群を静音で高速かつ高精度に動かすことが可能です。カメラ本体のAF性能を最大限に引き出し、動画でも静止画でも動く被写体を捉える際にも精緻なピント合わせを実現します。

レンズ構成図

MTF曲線

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)