商品情報・ストアヘッドホンWF-1000XM4特長 : 充実したアプリ機能とエコへの取り組み
特長 : 充実したアプリ機能とエコへの取り組み

専用アプリ「Headphones Connect」(*)に対応。さまざまな機能をアプリ上でカスタマイズ可能

ノイズキャンセリングモードの切り替えや外音取り込みレベル、音質設定などヘッドホンの設定を一括で調整、管理できる専用スマートフォンアプリ「Headphones Connect」に対応。

* アプリはBluetooth接続時のみ使用できます

ヘッドホンの状態を確認

ヘッドホンのバッテリー残量、接続中のコーデック、DSEE ExtremeのON/OFFなど、ヘッドホンの現在の状態を一目で確認できます。

ノイズキャンセリングや外音の取り込み方のレベルを調整できる「外音コントロール」

ノイズキャンセリングのON/OFFや、外音の取り込み方のレベルを21段階で調整可能。さらに、ボイスフォーカスをONにすることで、周囲の音を取り込みながらもノイズは低減し、人やアナウンス音のみを聞きやすくすることも可能です。自分の好きな外音取り込みのレベルに設定できるので、シーンに応じて快適に音楽を楽しむことができます。

お好みの音質にカスタマイズする事ができる「イコライザー」

「Relaxed」や「Bass Boost」など8種類のプリセットから選択したり、お好みのイコライザー設定にカスタマイズしたりすることが可能です。

ソフトウェアのアップデート設定

ソフトウェアアップデートがあった際に、バックグラウンドでファームウェアをダウンロードすることが可能です。これにより、ファームウェアをダウンロードしている間も、音楽を聴いたり、スマートフォンを操作することができます(*)。

* 本体にファームウェアをインストールするときのみ、ヘッドホンの使用ができなくなります

その他の機能

他にも「スピーク・トゥ・チャット」、装着検出センサーや自動電源OFF機能のカスタマイズ、「アダプディブサウンドコントロール」の設定などが可能。さらにBluetooth接続のサポートや一部機能のチュートリアルもご利用いただけます。

リスニング環境を自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」

ユーザーの行動や場所に連動して事前に登録したノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定に切り替わる「アダプディブサウンドコントロール」。一度設定しておくと、ヘッドホンが自動でモードを切り替えてくれるので、ヘッドホンもスマートフォンも触ることなく、シーンに応じたお好みのリスニング環境をお楽しみいただけます。

行動シーンに合わせたヘッドホンの設定の自動切り替え

ペアリングしているスマートフォンの加速度センサーにより、止まっている時/歩いている時/走っている時/乗り物に乗っている時の4パターンの行動を検出。ユーザーの行動に合わせて、あらかじめ各パターンで設定しておいたノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定に自動で切り替えてくれます。

よく行く場所に合わせたヘッドホンの設定の自動切り替え

接続しているスマートフォンのGPS機能と連係し、AIがユーザーのよく行く場所を認識。自宅や職場などの頻繁に訪れる場所に合わせたノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定を登録することで、次訪れるときには自動でお好みの設定に切り替わります。

環境に配慮したパッケージ

プラスチックを一切使用しない、サトウキビや竹、市場で回収したリサイクル紙を由来とするオリジナルブレンドの再生紙を包装パッケージに使用することで、包装プラスチックの全廃に貢献しています。ソニーは、環境中期目標「Green Management 2025」で設定している「新たに設計する小型製品のプラスチック包装材全廃」に向けて、今後も環境に配慮したパッケージに切り替えていきます。

ソニーストアで購入すると

ソニーストアはメーカー保証内容<3年>付き

33,000 円(税込)

関連コンテンツ

カタログPDFダウンロード
ヘッドホン サイトマップ
ヘッドホン
ウォークマン専用ヘッドホン
ホームユースヘッドホン
ヘッドホンアンプ
ヘッドホンアンプ