商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα7 IV特長 : 高品質な画像・映像を即時共有・配信
α7 IV
デジタル一眼カメラ

α7 IV

α7 IV
  • 商品トップ
  • 主な仕様
  • 対応商品・アクセサリー
  • 撮影サンプル
  • ユーザー作品
  • レビュー動画

リモートでリアルタイムの撮影映像が、簡単に共有できる

最新のBIONZ XRの高速処理能力により、VLOGCAM ZV-1とVLOGCAM ZV-E10で対応したUSBストリーミング機能がパワーアップしました。高画質4K映像の出力に加え、出力映像の解像度選択や本体内同時記録など、用途に応じて最適な設定を選択可能。さらに利便性が向上しています。リモートが好まれるこれからの時代に合わせて、カメラも進化し続けます。

高画質4K(*1) Webカメラとして、リモートで高画質な映像を共有

主にUSBカメラで使用されている規格、UVC(USB Video Class)/UAC(USB Audio Class)に対応。これにより、事前に専用ソフトを準備することなく、一般的なPCやスマートフォン(*2)と本機をUSB接続(*3)するだけで、高画質Webカメラとして手軽に使用できます。フルサイズによる美しいぼけ表現、クリエイティブルックによる色表現や美肌モード、リアルタイム瞳AF、幅広いレンズラインナップによる用途に合わせた画角などを駆使して、さまざまな撮影シーンに最適なストリーミングができます。さらに、4K(*1)での出力に対応し、より高画質な映像をリモートで共有できるようになりました。カメラから出力される映像は、4K(*1) 15p/Full HD 60p/Full HD 30p/HD720 30pの4種類に対応。

*1 QFHD(3840×2160)
*2 Xperiaとの接続において、本機のUSB Type-C(R)端子にUSB3.0ケーブルを接続して、解像度1920x1080以上を選択した場合、音声は無しになります。解像度をHD720に設定すると、音声は有りになります。USB Type-C(R)端子、または、Multi/Micro USB 端子に、USB2.0ケーブルを接続する場合は、解像度は常に1280x720になります
*3 本機能を利用するには、PCやスマートフォン側のOSがUVC(USB Video Class)/UAC(USB Audio Class)に対応している必要があります。Android (TM) 11のSonyのXperia Pro、Xperia 1 II、Xperia 1 III、Xperia 5 II、Xperia 5 III になります。最新のOSを使用してください。また、USB Type-C(R)ポート搭載のモバイル機器に接続する際は、市販のUSBケーブルもしくは端子変換アダプターを使用してください

ライブストリーミング時の本体内同時記録に対応

ライブストリーミング時の本体内同時記録に対応。4種類の画質を選択できます。ストリーミング時のネットワーク状況が悪く、低画質でのストリーミングや、ストリーミングが途中で途切れてしまっても、後から本体内同時記録した高画質素材をアーカイブとしてSNSやホームページでの再配信に活用することができます。

ストリーミング時に内蔵記録できる動画モードの組み合わせ
ストリーミング時に内蔵記録できる動画モードの組み合わせ

*1 ライブストリーミング時の本体内記録では、同時プロキシー記録はできません
*2 QFHD(3840×2160)
*3 本体内記録、ストリーミング出力映像および本体内同時記録映像は、APS-C/Super 35mmモードになります

Imaging Edge Mobile連携(1)

[Imaging Edge Mobileとの接続設定の改善]
Bluetooth接続を利用して、カメラとImaging Edge MobileのWi-Fiなどの接続設定をスマートフォンからの操作で可能に。これからは、カメラの初回起動時に行う日時設定などと一緒に、Imaging Edge Mobile(*)との接続設定を行えます。

[画像転送速度の向上]
Imaging Edge Mobileアプリケーション(*)使用時に、Wi-Fi 5GHzの対応により、さらに高速な画像転送が可能です。

[転送画像の選択]
カメラから転送する画像の選択がより使いやすく進化。従来の選択方法に加えて、レーティング、ショットマーク、プロテクトが付いた画像のみを選択して転送できます。さらに、すでに転送済みの画像は再転送しない、差分転送に対応。より短い時間で効率よくカメラ内の画像をスマートフォンに転送できます。

[RAW画像転送対応]
RAW画像をImaging Edge Mobileアプリケーション(*)に転送することが可能になりました。

* Imaging Edge Mobile Ver. 7.6 以降をご使用ください
※ 画像転送は、従来通りWi-Fi経由で転送です。接続開始時のみBluetooth機能を利用しています。また、本機にはNFCは搭載されていません

Imaging Edge Mobile連携(2)

[モバイルアプリケーションImaging Edge Mobileからの操作で画像転送とリモート撮影が可能に]
スマートフォンにインストールしたImaging Edge Mobileアプリケーション(*)使用時に、スマートフォン側から、画像転送とリモート撮影の切り換えや、画像転送とリモート撮影の開始ができるようになりました。カメラとスマートフォンがBluetooth接続できていれば、2回目以降の接続時にカメラ操作が不要になります。従来からのカメラ側からの画像転送も可能です。

[モバイルアプリケーションImaging Edge Mobile内のタッチ操作の向上]
新たに、Imaging Edge Mobileアプリケーション(*)からリモート操作でタッチトラッキングやタッチフォーカスなどが使えるようになり、AFの操作性が大幅に向上しました。また、合焦枠がアプリで表示されるようになり、より直感的なリモート撮影が可能です。

タッチ操作対応表(Imaging Edge Mobile Ver.7.5以降)
タッチ操作対応表(Imaging Edge Mobile Ver.7.5以降)

* Imaging Edge Mobile Ver. 7.6 以降をご使用ください

Transfer & Tagging add-onとの連携

Transfer & Tagging add-onは、静止画転送ワークフローを高速化するスマートフォン/タブレット用のアプリケーションです。スマートフォンへの「FTPバックグラウンド転送」などにより、効率的かつ高速な納品を実現します。

(1)HEIF画像に対応(*1)(*2)
JPEGに加えHEIF画像の取り込みが可能となり、IPTCなどのメタ編集(*1)が可能になりました。
(2)FTP転送失敗時の一括リトライ対応(*2)
FTP転送失敗時に、アップロード履歴から一括リトライが可能に。さらに、一度転送した画像を再転送する際には、転送済みの画像を上書きせず、ファイル名を変えてFTPサーバー側に保存します。
(3)USBテザリング対応(*2)
USBテザリングを利用して、FTP転送で画像を送ることが可能になりました。
(4)Ethernetテザリング対応(*2)(*3)(*4)
Ethernetテザリングを利用して、FTP転送で画像を送ることが可能になりました。

*1 Androidは非対応(2020年11月時点)。JPEGで対応しているクロップ/傾き補正/リサイズには非対応
*2 Transfer & Tagging add-on Ver. 1.4以降が必要です
*3 Android 11 以降対応。iOSは非対応(2020年11月時点)
*4 市販のUSB(Type-C)-LAN変換アダプターが必要です

動画マーキング情報(エッセンスマーク)の付加と活用

プロでもアマチュアでも、撮影ジャンルを問わず、大量の静止画・動画を撮影する時代だからこそ、撮影後の快適な画像管理をサポート。記録した画像の中から、目的のシーンをすばやく探し出し、画像共有までの時間を短縮します。

[ショットマークの付加]
記録した動画クリップにShot Mark1、Shot Mark2の2種類のショットマークを付加することができます。これにより、長時間にわたり大量のクリップを記録しても、OKシーンや、1つのクリップ内の任意の位置のシーンを瞬時に探し出すことができます。カスタムボタンにショットマーク機能を割り当て、動画撮影中と本機でのプレビュー中にカスタムボタンを押すことで、任意の位置にショットマークを付加できます。また、プレビュー時に付加したショットマークの削除も可能です。

[Catalystを用いたショットマークの活用]
ショットマークを付けた動画クリップは、ソニー製映像編集用ソフトウェアCatalyst Browse/Prepare(*)を使用することで、ショットマークの位置確認や追加・削除、名前の変更ができます。

* Catalyst Version 2021.1以降
※ PXW-Z190で対応している任意の名称への変更はできません

区切り画像の生成(静止画)

プロからのフィードバックに応え、区切り画像(静止画)の生成に対応しました。長時間にわたり大量の静止画・動画クリップを撮影していても、再生時、一覧表示画面で(*1)、シーンの切り換わりに区切り画像を挿入することで、シーンの切り換わりをすばやく簡単に見つけることができます。事前にカスタムボタンに、区切り画像作成機能を割り当て、静止画撮影中にカスタムボタンを押すことで、区切り画像を生成できます(*2)。生成される区切り画像は1種類で、黒の背景に開始位置を示すグレー色の矢印を表現したデザインです。区切り画像のデザインは、黒や白などの単色ではないため、たとえば、夜空の写真を大量に撮影していても、撮影した素材と区切り画像の区別がつきやすい配慮もされています。

区切り画像
区切り画像

*1 区切り画像は静止画のため、動画のみ表示時は、表示されません
*2 生成されるダミー画像のフォーマットはJPEGのみです。RAW、RAW+JPEG、HEIF記録時でも、JPEGしか生成されません

関連コンテンツ

Eマウントレンズラインアップ
Aマウントレンズラインアップ
ソニーのEマウントレンズ
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)