商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα7R V特長 : 被写体認識が強化された次世代のAFシステム
α7R V
デジタル一眼カメラ

α7R V

α7R V

新開発AIプロセッシングユニットを搭載した次世代のAFシステム

リアルタイム認識AF(*1)

[姿勢推定技術を用いて人物を認識]

α7R Vでは、AIプロセッシングユニットを搭載することで、被写体の骨格情報を使ってその動きを高精度に認識することができるようになり、人物の瞳の認識精度がα7R IV比で60%(*2)向上。カメラが姿勢推定技術を用いて処理を行うことで、瞳だけではなく人間の胴体、頭部の位置をより高精度に認識するため、たとえば後ろ向きの人物を捉えたり、マスクなどで顔が見えないシーンでも人物の頭部を認識し続けます。また、従来認識が難しかった画面内で人物のサイズが小さいシーンでも確実に狙った人物被写体を捉えます。さらに、姿勢の異なる複数の被写体を区別できるため、ウエディングパーティーなどの人が集まるシーンで花嫁を認識し追尾し続けることができます。加えて、個人顔の識別性能も向上しており、あらかじめ登録しておいた顔を優先して認識。顔が斜めのシーンや、遮光や逆光といった従来難しかったシーンでも、より高い認識精度で狙った人物を捉えます。

*1 カメラで選択できる認識対象は、人物、動物/鳥、動物、鳥、昆虫、車/列車、飛行機です。設定通りにすべての被写体を認識できるわけではありません。また、設定と異なる被写体を認識する場合があります
*2 ソニー内部測定。α7 IVとの比較において

[より幅広い被写体をカメラが認識]

[人物]、[動物]、[鳥]に加え、新たな認識被写体として[昆虫]、[車/列車]、[飛行機](*1)に対応。静止画・動画を問わず幅広い被写体を撮影できます。[動物]では、犬や猫のような動物の、頭や顔の認識が加わっただけでなく、一部の草食動物・小動物の瞳を認識しやすくなりました。従来と比べ、動物に対する認識性能は約40%(*2)アップしています。[鳥]においても、瞳を認識できる種類や姿勢の拡大に加え、頭や体の認識にも新たに対応しました。さらに動物と鳥については、設定を切り換えずに1つの設定で認識できる[動物/鳥]設定も新たに加わっています。[車/列車]、[飛行機]、[昆虫]では被写体全体または先頭部や頭部を認識し追尾します。

写真上段左から[列車]、[動物]、[鳥]、下段左から[飛行機]、[車]、[昆虫]
写真上段左から[列車]、[動物]、[鳥]、下段左から[飛行機]、[車]、[昆虫]

*1 カメラで選択できる認識対象は、人物、動物/鳥、動物、鳥、昆虫、車/列車、飛行機です。設定通りにすべての被写体を認識できるわけではありません。また、設定と異なる被写体を認識する場合があります
*2 ソニー内部測定。α7 IVとの比較において

粘り強く被写体を捉える「リアルタイムトラッキング」(*1)

AIを活用した「リアルタイムトラッキング」を搭載。狙いたい被写体を指定してシャッターボタンを半押しするだけで、カメラまかせで自動追尾が可能。撮影者は構図に集中できます。また、α7R Vでは被写体認識性能が大幅に向上し、トラッキング開始時により正確に被写体を捉えることができるため、活用の機会が一層広がります(*2)。ヘルメットやマスクなどで顔が見えない人物、背中を向けているような動物もリアルタイムに検出、追尾し続けます(*3)。さらに、被写体の状況により認識ができない場合や、被写体認識AFを[入]にしない場合でも、ソニー独自の物体認識アルゴリズムにより、色や模様、被写体距離といった空間情報を高速処理。高精度な物体認識でカメラが自動で追尾を行います。設定はフォーカスエリアモードで選択できるほか、カスタムキーに「押す間トラッキング」を割り当てれば、フォーカスエリアの設定に関係なく、一時的に狙った被写体を追尾できます。また、「タッチトラッキング」を設定しておけば、狙いたい被写体をモニター上でタッチするだけで追尾できます。

FE 135mm F1.8 GM 135mm 1/250秒 F1.8 ISO100
FE 135mm F1.8 GM 135mm 1/250秒 F1.8 ISO100

*1 メニュー上の名称は「トラッキング」です。機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用しています
*2 AF時の被写体認識が[入]。被写体認識枠表示を[入]にすると、顔や瞳などの認識状況を確認しやすくなります
*3 カメラの動作はフォーカスエリアの設定またはタッチ操作によって変わります。状況によって被写体にピントを合わせられない場合があります

ワイドで高密度になった高速・高精度AF

高画素かつ広範囲・高密度なAFによるデータ量にもかかわらず、最新の画像処理エンジンBIONZ XRの高速処理性能とアルゴリズムの見直しでAF性能が向上。従来よりも広いイメージセンサーの撮像領域の約79%(静止画撮影時)のエリアに、最大693点(*)の像面位相差AF点を高密度に配置しました。枝に止まった小鳥など、認識した被写体をピンポイントで精度高く捕捉します。また、縦位置のポートレート撮影でも、従来モデル(α7R IV)比でよりワイドになったエリアで自由なフレーミングができます。さらに、位相差AFを積極的に活用することで、シングルAF(AF-S)時でも高速で安定したフォーカス動作を実現。快適な撮影をサポートします。

* 静止画撮影時のAF測距点数。撮影モードにより点数は異なります。フルサイズレンズ装着かつAPS-C読み出し時:693点(位相差検出方式)、APS-Cレンズ装着:567点(位相差検出方式)/25点(コントラスト検出方式)

EV -4.0の暗いシーンでも高精度AFで被写体を捕捉

最新のAFアルゴリズムにより、α7R Vは室内などの暗いシーンにおいても、EV -4.0(AF-S、ISO100相当/F2.0レンズ使用)の低輝度でAF撮影が可能です。またAF時の絞り駆動設定に、低照度環境下や絞りこんでの撮影に有用な「フォーカス優先」モードも搭載しました。

最高約10コマ/秒のAF/AE追随連続撮影(*)

圧倒的な解像度ながら、メカシャッターによる最高約10コマ/秒のAF/AE追随連続撮影(*)に対応しています。被写体の一瞬の動きや表情の変化まで逃さずに高精細に捉えます。連写中のファインダーやモニターへの表示タイムラグを限りなく低減することで安定したフレーミングが可能となり、特に動きの激しい被写体の撮影に有効です。また、APS-C/Super 35mm記録モードでの撮影時や撮影後のAPS-C画角へのトリミング時も約2620万画素の解像度が確保できるため、たとえば飛んでいる鳥の撮影などでも高画質な撮影が楽しめます。連続撮影中は絞り値F22までのAF/AE追随に対応しており、狙った被写体にピントを合わせ続けることができます。

* ライブビュー方式では最高約8コマ/秒のAF/AE追随高速連写が可能。撮影設定によって最高連写速度が異なります

最高約7コマ/秒(*1)の無音・無振動のサイレント撮影(*2)

無音・無振動の電子シャッターを用いたサイレント撮影(*2)機能を搭載。サイレント撮影時もフル解像度でAF/AE追随最高約7コマ/秒(*1)の連写が可能です。無音のため静寂が求められる野生動物の撮影などでも決定的な瞬間を逃さず、またメカシャッターによる振動がないため、高解像性能を最大限に生かした撮影ができます。

*1 連続撮影モード「Hi+」時に最高約7コマ/秒の高速連写が可能です。撮影設定によって最高連写速度が異なります
*2 高速で動く被写体の撮影やカメラを左右に振るなどカメラ本体を動かして撮影した場合に、画像に歪みが起こることがあります

圧縮RAWで最大583枚のストレスのない高速連続撮影(*)

最新の画像処理エンジンBIONZ XRの高い処理能力と大容量バッファメモリー、メモリーカードへの書き込み速度の向上により、圧縮RAWで583枚、ロスレス圧縮RAWで547枚、非圧縮RAWで135枚、非圧縮RAW+JPEGならば88枚、JPEG撮影時は1000枚以上(*)の連写持続性能を実現。プロの撮影を妨げない圧倒的な連写持続性能を誇ります。また、システムの高速処理性能により、連続撮影後のメモリーカードへの書き込み中でもFnメニュー上から撮影設定の変更が可能。さらに、メニュー画面と設定変更、再生画面へのアクセスにも対応しています。

* ソニー製CFexpress Type A CEA-G160T(別売)使用、連続撮影Hi+時。撮影条件によって枚数は変わります

フルタイムDMF機能(*)をボディに新搭載

AF-CやAF-Sなどオートフォーカスでの静止画撮影中に、装着レンズのフォーカスリング操作により任意のタイミングで一時的にマニュアルフォーカスモードに切り換えることができます。AF撮影時に別の被写体にピントが引かれたときでも、フォーカスリングを回転させれば被写体近辺にピント位置をすばやく戻せます。

* E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LEおよび、Aマウントレンズは非対応です。フルタイムDMFは、コンティニュアス(AF-C)またはAF制御自動切換(AF-A)で、連続撮影を行う場合(Loを除く)は使用できません。FE 70-200mm F2.8 GM OSS装着時はコンティニュアス(AF-C)では使用できません

ピント位置をずらして撮影するフォーカスブラケット機能(*)

あらかじめ設定したピントの間隔や順序に基づき、カメラが自動的にピント位置をずらしながら1回の撮影で最大299枚の連続撮影を行います。撮影後、複数の画像から最適なピント位置のものを選んだり、PCアプリケーションなどですべての箇所にピントが合った深度合成を行うシーンで本機ならではの高解像素材として使えます。

* Aマウントレンズは非対応です

その他高解像撮影をサポートするフォーカス機能

■AF枠の移動量の設定
■トラッキング中エリア枠表示
■AF被写体追従感度(静止画)
■再生時のフォーカス枠表示

マウントアダプターLA-EA5を装着したAマウントレンズでも像面位相差AFに対応(*1)(*2)(*3)

α1と同様に、別売のマウントアダプターLA-EA5を装着することで、フォーカスモーターを内蔵していないSonnar T* 135mm F1.8 ZAやPlanar T* 85mm F1.4 ZAなどのレンズを本機で使用できます。また、他のすべてのAマウントレンズ(*1)でも、像面位相差検出AF(*4)に対応。以下は、AFおよび静止画の連続撮影に適用されます。

(1)広いエリアの像面位相差AF
(2)リアルタイム瞳AF(人物、動物)、リアルタイムトラッキング、および被写体認識を使用するその他のAF機能
(3)AF/AE追随の最高約10コマ/秒(*5)での連写(*6)

*1 STFレンズはマニュアルフォーカスのみです。テレコンバーターはサポートされていません
*2 最新のソフトウェアにアップデートされたすべてのLA-EA3マウントアダプターを使用すると、EマウントボディのAF機能をAマウントSSMおよびSAMレンズで使用できます。内部フォーカスモーターを備えていないレンズは、手動で焦点を合わせる必要があります
*3 LA-EA5装着時、タッチシャッター無効になります
*4 動画撮影中は、オートフォーカスは動作しません
*5 メカシャッター時 最高約10コマ/秒、電子シャッター時 最高約8コマ/秒。連続撮影速度は使用するレンズによって遅くなる場合があります
*6 AE追随の場合、絞りは最初のフレームに固定されます。次に、シャッタースピードとISOを使用して露出を追随させます

関連コンテンツ

Eマウントレンズラインアップ
Aマウントレンズラインアップ
ソニーのEマウントレンズ
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)