商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα7R V特長 : 充実したミラーレス専用設計レンズ
α7R V
デジタル一眼カメラ

α7R V

α7R V

α7R Vの新次元の性能を余すことなく引き出すソニー純正レンズ

α7R Vの高い解像性能を最大限発揮する光学設計

純正レンズは高画素化が進むフルサイズボディの能力を将来にわたり最大限に引き出せるように設計されており、α7R Vの高画素性能も最大限引き出せます。超広角から超望遠まで幅広いラインアップをそろえ、テレコンバーターを使用してもα7R Vの高解像性能を損なうことがありません。

次世代のAF性能を最大限引き出すアクチュエーターと最適な制御

純正レンズを使用することで、新開発のAIプロセッシングユニット搭載で強化された認識を含むAFシステムの能力を最大限に発揮できます。最新のAFアクチュエーターが高い精度とスピードを両立し、静止画・動画問わずスムーズかつ静かにピントを合わせます。また、リニア・レスポンスMF対応モデルであれば、微量な回転も精度高く検知し、リング操作に対するタイムラグが少ない高精度なフォーカシングが可能です。

動画時、手ブレ補正アクティブモード(*1)の効果を最大限発揮

手ブレ補正アクティブモードは純正レンズとの組み合わせで最適化されており、アクティブモードの効果を最大限引き出して強力に手ブレを抑えた動画撮影が可能になります。また、α7R Vではボディ単体での高い補正効果に加え、対応するレンズ(*2)と組み合わせれば、レンズ内手ブレ補正機構と協調してボディ内手ブレ補正を制御することで、より大きなブレを抑制できます。

*1 アクティブモードでは撮影画角が少し狭くなります。記録方式がXAVC HS 8Kのときや動画120p 、S&Qモードの120pでの撮影時、アクティブモードは無効になります
*2 OSS内蔵レンズとの組み合わせ。対応するレンズは サポートページ をご参照ください。レンズによってはレンズのソフトウェアアップデートが必要になります。補正効果はレンズによって異なります

動画撮影におけるプロの高い要求に応える、ソニーの革新的なレンズ設計

高画質動画時代にふさわしい操作性と光学性能にこだわった、フルサイズミラーレス専用設計レンズです。フォーカス中の画角変動(ブリージング)やズーム時の軸ズレの低減。非球面レンズやマルチコーティングの採用による諸収差の抑制。プロの動画撮影に求められる静音性の配慮。俊敏かつ静粛なズーミングや機動力が求められる撮影現場に最適な小型・軽量デザイン。防塵・防滴に配慮した設計(*)や、光学式手ブレ補正機能など、動画撮影に適した様々なレンズラインアップがあります。

* 防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません

G Master 圧倒的解像力×とろけるような美しいぼけ味の両立

静止画と動画に、新たな基準となるような解像性能

進化するカメラの性能に応えるレンズとは。カメラの未来を切りひらくソニーだからこそ、この疑問に応える交換レンズを提供できると私たちは考えています。高画素化が進むフルサイズボディの能力を将来にわたり最大限に引き出せるように、解像性能の向上を徹底的に追求。エレメント開発から光学系の設計、さらに設計シミュレーション、検査・調整方法などプロセス面に至るまで、従来よりも高い周波数を基準に最適化しています。ソニーが誇る高い光学技術を惜しみなく投入したG Masterが、静止画でも動画でも、画面すみずみまで目を見張る鮮明でシャープな描写を約束します。

焦点距離12mmから1200mm(*1)までをカバーする豊富なラインアップ

「ソニー Eマウント」は、圧倒的な解像力と美しいぼけ味を高次元で両立している「G Master」を筆頭に、なめらかで美しいぼけ味が特長の「Gレンズ」や、忠実な色再現とヌケの良い透明感のある描写が特長の「ツァイスレンズ」をラインアップ。広角12mmから超望遠1200mm(*1)までカバーする70本(*2)もの豊富なミラーレス専用設計レンズ群が撮影者の創造力を解放し、新たな表現の可能性を切りひらきます。

*1 SEL20TC装着時
*2 2022年10月現在。APS-Cフォーマット対応レンズ23本を含む

α7R Vにおすすめの静止画・動画の両方でボディの性能を引き出す純正レンズ

FE 24-70mm F2.8 GM II

SEL2470GM2

静止画・動画を問わずG Masterならではの高い描写性能を世界最小・最軽量(*1)で実現。標準ズームレンズに要求される携行性・機動性を大幅に高めました。さらにズーム中のフォーカス追随性能は高推力なXDリニアモーター4基とフローティングフォーカス機構を採用することで従来比約2倍(*2)に向上。最新のレンズ設計技術でフォーカスブリージングなども徹底的に抑制。静止画・動画の両方で、表現者のこだわりに応えます。

*1 2022年4月広報発表時点。オートフォーカス対応のフルサイズの24-70mm F2.8 標準ズームにおいて。ソニー調べ
*2 ソニー内部測定。SEL2470GM比

FE 70-200mm F2.8 GM OSS II

SEL70200GM2

高い解像性能と美しいぼけ描写という相反する要素を高次元で両立するG Master。FE 70-200mm F2.8 GM OSS IIは、G Masterならではの高い描写力に加え、進化した新次元のAF性能や高い操作性を備えつつ、世界最軽量(*)を実現しています。さらに、ズーム時もレンズの長さが変わらないインナーズーム方式の採用や重量バランスの最適化で、優れた取り回し性も兼備。また、1.4倍、2.0倍のテレコンバーター(別売)にも対応し、最長400mmまでのAF撮影が可能です。最大撮影倍率0.3倍の優れた近接撮影能力も魅力で、1本で幅広い表現を楽しめます。最新のレンズ設計技術でブリージングなども徹底的に抑え、本格的な動画撮影もサポートし、静止画・動画の両方で表現者のこだわりに応えます。

* オートフォーカス対応のフルサイズの70-200mm F2.8 望遠ズームにおいて。2021年10月現在。ソニー調べ

FE 70-200mm F2.8 GM OSS IIの動画作例

FE 24mm F1.4 GM

SEL24F14GM

開放F値1.4から妥協のない高解像性能を小型・軽量設計で実現した、大口径広角単焦点レンズです。高速・高精度・静粛なAFを実現する、ハイパワーのダイレクトドライブSSM (DDSSM)を搭載。静止画・動画を問わず、作品づくりに集中できるハイパフォーマンスなAF駆動を実現します。

FE 24mm F1.4 GMで撮影した動画作品 by OKUDAIRA BASE

FE 35mm F1.4 GM

SEL35F14GM

35mmという使用頻度の高い焦点距離で、G Masterならではの圧倒的な高解像を開放F値1.4から実現し、柔らかく自然なぼけ表現が楽しめる小型・軽量設計の大口径広角単焦点レンズです。画面全域での高い解像性能や逆光耐性に加え、最大撮影倍率0.23倍(MF時は0.26倍)の近接撮影能力も魅力。XDリニアモーターによる高速・高精度・高追随かつ静粛なAF駆動に加えて、高い信頼性・操作性を備えており、静止画・動画を問わずさまざまなシーンで撮影を楽しめます。

FE 50mm F1.2 GM

SEL50F12GM

ソニーの最新の光学技術とシミュレーション技術で、開放F値1.2からG Masterならではの圧倒的な高解像性能と息をのむほど美しいぼけ描写、そして高性能なAFパフォーマンスを約778gの小型・軽量設計で実現したG Master初(*)となる開放F値1.2の大口径標準単焦点レンズ。静止画・動画を問わず、あらゆる被写体の撮影においてG Masterらしい豊かな表現ができます。

* 2021年3月広報発表時点、ソニー調べ

FE 50mm F1.2 GMで撮影した動画作品 by OKUDAIRA BASE

その他おすすめのレンズ

関連コンテンツ

Eマウントレンズラインアップ
Aマウントレンズラインアップ
ソニーのEマウントレンズ
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)